アクセスランキング

« ヒールに踏まれてカ・イ・カ・ンではない!! | メイン | 船酔いは気持ちの持ちよう? かも? »

2016年5月30日 (月)

梅雨入り間近。

日本の南方に梅雨前線が入ってきました。

これから、1月以上の梅雨(日本の雨期)に入るのでしょうか?

農作物にとっては恵みの雨、なくてはならない雨なのですが、太ったおじさんには、じめじめ・ムシムシ、つらい季節に入ります。

ぼちぼち、釣り船の情報もイサギやマダイの情報が多くなってきました。

田辺湾も6月に入ると、大型太刀魚の接岸時期に入ります。

6月の田辺の太刀魚は非常に大きい。 

昨年は、なぜか小さかったのですが、その分今年は期待できるのかも?と思っております。

さて、今回は週末に行きましょうということになった。

メンバーはO村さん・O塚さん(長野の出張から帰って来てその足ですぐに釣りに来られるそうです)・そしてO本・S田さんの4名の予定。

早速、電話をいたしました。日曜日 行きましょうか? 何しましょ?

浅いところで、マダイ五目でも致しましょうということになりました。

はてさて、O塚さん まだ 道具がない。  

竿に電動リールにと準備をしないといけません。

なかなか、サラリーマンの小遣いでは購入するにもタイミングが必要な上にハードルは高い。

ゴルフを3回休めば揃えられますが・・・。

Img_0248

本格的にするようになってから購入るのがいいでしょうね。

巷の船は、今の時期 大型マダイが上がっていますが結果はどうなることでしょう。

当日の天候は、曇り~雨 ちょうどいい天候になりそうなのであとは波風だけです。

風は、午後から出てきそうな予報です。

しかし、天候が二転三転 どうなってるの?

とりあえず、行くことを決定いたしました。

土曜日の午後、S田さんから電話が・・・・。

マダイの活性が悪いのか?場所が悪いのか全然反応がないとのこと・・・・・?

ってことは、今日も出したのですか?

土曜日は、S田さん・N内さん・S井さんでの出船らしいのですが、また後程 状況をお聞きすることにいたします。

さて、O村さん・O塚さん・O本が揃いマリーナに到着。

Img_0297

午前4時30分 空はもう明るく日が長くなりました。

道具を積み込み、GO!Img_0298昨日の釣果を聞くと・・。

午前中は、マダイ五目に出たそうですが、3人でサバが一匹。

全く魚が反応しないそうです。

そして久しぶりに、かかると重たい魚をN内さんが上げられたそうです。

どんな魚?

これ、

Cimg2313

ヨリトフグ、上げている最中にどんどん水を吸い込んでとっても重たくなる魚です。

その上、毒持ち・おいしくない。 ・・・上げると(;´д`)トホホな魚です。

そして、午後から深場へ移動してレンコダイ・大型のイズカサゴなどなどがお土産程度に上がったそうです。

Cimg3022

厳しい状況が続きます。

今回のコンディションは、曇り・午後から天候が崩れて風8m。

小潮・海水温23度。

ポイント付近に到着して皆さん竿を出す。

魚の反応がやっぱりない。

しかし、そんな中 O村さんに来た!

Img_0037

期待を裏切り、イラ!!

Img_0300

そして、O塚さんにも魚がかかり、これでお二人いは坊主はなくなった。Img_0302その後も、探りますが魚が反応しません。

後にマリーナで聞いたのですが、今日は出潮でその上、植物性プランクトンが海の中で増加中。 これが終息すると赤潮になります。

出潮?  やっぱり!!

大阪湾の汚れた冷たい水が、南紀に流れ込むと魚は冬眠状態のように動かなく

餌を捕食しなくなります。

魚の反応が激渋の中、午後から少し深場に移動。

そこでも、、反応はイマイチ。

レンコダイ・アヤメカサゴとポツリと上がる程度。

S田さんには魚がかからない状況が続きます。

Img_0303

今日はダメですね。

ダメな日には、海鳥が慰めにやってくる。

餌が余っているでしょうから、早く私に下さい、とばかりに近づいてくる。

なぜわかるのでしょうか?

Img_0306

Img_0309

それからしばらく釣るも、全くダメ。

S田さんも1日竿を出して、唯一釣れた魚がこれ!

Img_0310

コガネスズメダイ、ダメだこりゃ! 状態でした。

本人曰く、記録的な最悪の釣果だそうです。   ごもっとも。

午後から、風が強くなり、海上に低気圧が発生したようで小雨もパラパラ。

早々に、港に引き上げました。

港では、ほかの船にもお聞きすると、やっぱり、全く反応なし。

今、何がいいの?  とお伺いしてみると

沖合で、キハダマグロが入ってきているのでナブラを探して、追いかけて釣る。

しかしこの釣りはほとんど漁師の世界なのでなかなか出来ません。

本日は、無念でしたが次回に期待をいたします。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/664767/33837657

梅雨入り間近。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。