アクセスランキング

« 2016年5月 | メイン | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月29日 (水)

梅雨時は、天候との戦いです。

梅雨の雨に翻弄の毎日。

毎日、仕事の関係で非常に雨が気になる。

雨が降ると屋外での仕事の予定が大幅に遅れてしまう。

はたまた、仕事がお休みの時に釣行を予定しても、雨模様なので中止を余儀なくされます。

 本日も、お休みなのですが、あいにくの午後からの雨。

気圧は安定しているので、波風は無いように感じるのですが、雨だと仕方がございません。

Icon5

釣りに行く予定をしておりましたが、無念の中止。

こんな時、久しぶりに愛清さんの作品を眺める。

雨模様のうっとおしい日に、作品を眺めていると何かうっとおしさが消えて気持ちが和らぎます。

Photo

最近、釣りではご一緒いたしませんがいかがお過ごしでしょうか?

大先輩で、73歳。 大変失礼な話ですが 足腰が弱って来る年代です。

小生の父親も75歳を超えたころから急に、弱り出したのを思い出しました。

S田さんから時折、現役でバリバリ仕事をされているようにお話を聞いておりますので一安心。

そういえば、過去のこの時期には何を狙って釣りをしていたのでしょうか?

で、会報を見てみると・・・・・。

淀川ウナギの解禁に相性の悪い夜釣りの赤イカに深海。

しかし、久しぶりに過去の会報を見てみると我ながらあっぱれ!

手間を惜しまず、書いておりました。

どうせするなら一生懸命にやろう!

少しでも皆様と自分が楽しんでもらえるように頑張ろう!

今のブログとは、大違いです。  少々反省です。

いろいろ調べているうちに、この時期、急にお魚博士になったように感じます。

そして、休日の今日は魚の品ぞろえのいい越前屋さんの創業祭!!!

朝、8時30分の開店では長蛇の列!!  まるで主婦。

2011_11_07d

創業祭なので、格安の生サバを探しに行く!

今頃から、サバがリーズナブルになり始めますので 釣り餌用に準備をいたします。

そして、・・・・・・・。

GET!!!    待望の底値でGETです。

Img_03341

新鮮なサバが、2匹で¥180-也。

年間を通して、この価格が底値でございます。

早速購入し、捌いて塩漬けし冷蔵庫にポン!

餌の準備は万端です。  これからの時期は、サバは現地調達となります。

いい、おっちゃんが毎週スーパーマーケットに買い出しに行くのは異様かもしれませんね。

本人は、慣れてますので全く違和感がございません。

ついでに、毎日の弁当のおかずを調達。

毎朝、5時前に起きて弁当を作って、現在の勤務地(兵庫県加東市)へ出向いております。

安物のサラリーマンは、紙切れ一枚でどこへでも発射されます。

3か月の短期の仕事ですので苦にはなりません。

今週の週末は、太平洋高気圧が上がってまいりますので、土曜日に行く準備を少し始めようかと思っております。

明日の気圧の状況を見て判断してからS田さん・Y田さんにご連絡。

久しぶりに行けるような気がいたしますが、お天気は思ったようには動いてくれないのも現実です。

直前まではわかりませんね。

これから、スーパー銭湯に行きのんびり温泉に浸かって休日のひと時を過ごすことにいたします。

ではでは・・。

2016年6月25日 (土)

少し遅れて釣果情報

何かの間違いか、メールが届かず、迷走していた釣果情報を送付していただきました。

最近、釣りに行っていないので魚を載せた活動情報がございませんでしたが久しぶりの掲載となりました。

メンバーは S井さん、N内さん、S田さん 3名での釣行でした。

 コンディションはベタ凪で釣日和。

60m位の所を探りましたがサバ一匹

 午後から深場に移動してイズカサゴのポイントで釣る事に・・・・。

P1000768 

P1000770

P1000771

P1000772

釣果はさほど良く有りませんでしたが、久しぶりに会えた釣り友と

話の花を咲かせながら一日楽しく過ごしました。

P1000773

2016年6月22日 (水)

街の暴れものに悔しい思い。

屋上の家庭菜園も恵みの雨ですくすく育ち、毎日 きゅうりになすび、ピーマン・トマトと実りの収穫ができているのですが、成長を楽しみにしていた作物をとうとう、

街の暴れ者、カラスにやられてしまいました。

どうしようもない、厄介な鳥ですね。

本当に、いいところのない鳥です。

見てカラフルではない、声がきれいでもない、見れば見るほどかわいくない鳥ですね。

いつかは、被害に会うと思っておりましたが、昨日とうとう楽しみにしていた、作物が被害にあいました。

あと、1か月もするとおいしくいただけるだろうな、と思っておりましたが実が熟す前の状況でとうとう被害に・・・。

それは、・・・

Img_03311

直径20cm程度まで育ったスイカ。

何が悔しいかと申しますと、先ず 実が熟していない状況でつついて、全部食べてくれるのならまだしも、少し穴をあけて食べてそれでおしまい。

行儀の悪い、無礼な鳥です。

無礼者!!!

何とわがままな食べ方なのでしょうか。

せっかくの楽しみにしていたスイカはあと残すは1玉だけとなりました。

何か防護策を考えないといけません。

ブルーベリーやイチゴはことごとく全滅。

何とか、収穫ができているのはプチトマトのアイコ。

Img_03331

順調にほかの作物は育っておりますが、魚釣り同様どうもうまくいきませんね。

もうすぐ、ブロッコリーも2回目の収穫ができそうな状況です。

Img_03321

植えてみて初めて分かったのですが、ブロッコリーは1回収穫して終わりかと思っておりましたが、収穫すると葉の根っこのところからいくつもできてくるのです。

何回も収穫できるものとわかりました。

結構、場所を取る作物ですがなかなか面白い作物ですよ。

本日は、梅雨の中の2週間ぶりのお休み。

何をすることもなく、天気が悪いので釣りにも行けず 屋上で家庭菜園いじり

こんな一日があってもいいのではないかと思いながら手入れをしております。

現在は、水曜日が唯一の休日になっていますので、天候が良ければまた連絡をして

海に出かけるようにいたします。

2016年6月15日 (水)

梅( Japanese apricot)

 Japanese apricot

南部の梅、南高梅の収穫時期が来ました。

今年も、印南 Villa SUN S田さんご夫妻からのご連絡がありました

今日は二人で印南に飛んできました。

去年は6日に梅の収穫をしましたので慌てていたのですが、来て見ると写真の通りきれいな赤い実も・・早く取らなくては・・・。

P1000780

着いたころには雨が・・・。

小やみに成ったところで取り入れに表に出ましたが。

軍手も着ている服も雨に濡れながら10キロくらい収穫したところで後は明日に残してと・・。

小一時間水につけてあく抜き。

洗ったりしている時何か違和感が・・・?。

あまりに赤いけれど、普通梅は熟してくると黄色くなるように思う?

そして、お肌すべすべの実?・?・・・??

ネットで色々調べたりすると。やはりスモモ?プラム?

 真っ赤な実を食べると・・やはりプラムでした(笑)

 去年の焼酎漬け梅を食べだしていましたが梅と思ってました。

プラムも焼酎漬けは有るようです。

今年の梅は赤くなりすぎて差し上げられないねと思っていましたが(苦笑)

毎年漬けるのも食べきれないと心配も有りましたが・・・・。

赤い実から取り入れしたつもりでしたが結構、青い実も。

青い実からつけることに致します。梅ならぬプラム漬けでした。”

P1000781

早速、ご連絡を頂戴してありがとうございました。

何十キロも採れたそうで、お疲れ様でした。

これも、季節の楽しみのおひとつですね。

昨年、漬け込むときになにやら艶やかでほんのり紅がさして色っぽい梅だな~・・と思いながら漬け込みましたがてっきり梅だとばかり思っておりました。

3年は待つぞ!!と気合を入れて、現在は階段の隅っこでひっそり熟成中です。

梅酒がプラム酒に変わっただけなので全く問題がないですね。

たぶん、漬け込んだ実を食べても誰もわからないと思います。

学術的にはほとんど兄弟のようなものですから。

しかし、梅酒だとばかり思っていたのもが、いきなり高級な果実種に大変身!。

何が高級かというと、非常におバカな漬け込み方をしております。

それは、焼酎の変わりに・・・・。

一つは、CAMUS XOで氷砂糖少な目で漬け込む。09150112_5053577de2a3a

もう一つは、REMY MARTIN XO・・・。

51x4vxog4fl_ac_ul320_sr314320_

超~~~~、おバカな漬け込みをしております。

周りの皆様から、おバカだね~。

もったいない!!などなどのご非難をいただきながら、小生はブランデーをあまり飲まないし、先ずは似合わない。ブランデー好きの方から怒られてしまいますね。

しかし、長年 封を開けずに飲まれない酒も不憫に思い梅酒(今ではプラム酒)のベースの酒になりました。

Img_03191

果実酒だったらもうそろそろおいしくいただけますね。

飲んでみることにいたします。

そして、本日 クロネコヤマトのクール便で届きました。

毎年ありがとうございます。

Img_03161

とっても、甘くておいしくいただきました。

Img_03181

まだまだありますが・・・。

しばらく、プラムな毎日を過ごすことにいたします。

2016年6月 5日 (日)

都会の鳥とのバトル。

昨日、大阪も梅雨入りいたしました。

延々と、しとしと続くうっとおしい日々の到来。

これから、おデブなおじさんたちは辛い季節の到来です。

しかし、これがないと日本の農作物は育ちません。

屋上のプランターの野菜たちも一雨ごとに大きく育ちます。

Img_03111

現在は、毎日 きゅうりが2本程度と季節外れのイチゴ、プチトマトのアイコにピーマンが少し採れ出しております。

しかし、街中でも容赦のない輩が登場する。

それが、都会に住む鳥たちです。

カラスに鳩・スズメ・・・・・・。毎日、朝から晩まで町中を暴れまわります。

屋上の実った作物も、一番いい時期になるとすべて荒らされてしまうこの状況。

動物愛護の観点から駆除することもできず、なかなか解決策は見当たりませんね。

Img_03151

街の鳥たちは人慣れしている上に、ずうずうしく、小生が近くで見て居ようが居まいが関係なしに作物を荒らしております。

こやつら、完全に人間をなめてかかっていますね。

産卵時期のカラスなどは襲ってきますからね。

焼き鳥にするぞ!

荒らされないのは、唐辛子とピーマンぐらい・・かな。

Img_03121

これから、トマトにカボチャにスイカが実り出しますが、甘い糖度の強い作物はイチゴ同様に根こそぎ荒らされてしまうのでしょうね。

憎たらしいのは、その食べ方にあります。

実った実をもぎ取って、少し食べては次の実をもいで食べる。

食べるのであれば、全部きれい食べるのが礼儀でしょう。

食い荒らされた実の残骸が屋上一面に散らばる。

取って食べるのであれば、もう少しお行儀よく食べてほしいものです。

Img_03131

単調な毎日の、少しの変化を楽しむにはちょうどいいのでは、と始めた家庭菜園

毎朝、日々 水を与えながら表情を変える作物を見るのもいいものです。

水の上げる量が少なくなるとすぐにうつむき、ご機嫌斜めになる。

水を上げて1時間もすると、上を向いてドヤ顔を見せてくれる。

植物も生き物なんですね。 感情があるのかな~?

毎日 採れるきゅうりは取れたてをその場で食べるのが今の流り。

スーパーなどで買うきゅうりと違い、シャキシャキ、もぎたてはほんのり甘みがありホクホク感のあるおいしい作物ですよ。

岩塩を片手に、きゅうりを丸かじり。

小さな楽しみを味わうのもいいものです。