アクセスランキング

« 都会の鳥とのバトル。 | メイン | 街の暴れものに悔しい思い。 »

2016年6月15日 (水)

梅( Japanese apricot)

 Japanese apricot

南部の梅、南高梅の収穫時期が来ました。

今年も、印南 Villa SUN S田さんご夫妻からのご連絡がありました

今日は二人で印南に飛んできました。

去年は6日に梅の収穫をしましたので慌てていたのですが、来て見ると写真の通りきれいな赤い実も・・早く取らなくては・・・。

P1000780

着いたころには雨が・・・。

小やみに成ったところで取り入れに表に出ましたが。

軍手も着ている服も雨に濡れながら10キロくらい収穫したところで後は明日に残してと・・。

小一時間水につけてあく抜き。

洗ったりしている時何か違和感が・・・?。

あまりに赤いけれど、普通梅は熟してくると黄色くなるように思う?

そして、お肌すべすべの実?・?・・・??

ネットで色々調べたりすると。やはりスモモ?プラム?

 真っ赤な実を食べると・・やはりプラムでした(笑)

 去年の焼酎漬け梅を食べだしていましたが梅と思ってました。

プラムも焼酎漬けは有るようです。

今年の梅は赤くなりすぎて差し上げられないねと思っていましたが(苦笑)

毎年漬けるのも食べきれないと心配も有りましたが・・・・。

赤い実から取り入れしたつもりでしたが結構、青い実も。

青い実からつけることに致します。梅ならぬプラム漬けでした。”

P1000781

早速、ご連絡を頂戴してありがとうございました。

何十キロも採れたそうで、お疲れ様でした。

これも、季節の楽しみのおひとつですね。

昨年、漬け込むときになにやら艶やかでほんのり紅がさして色っぽい梅だな~・・と思いながら漬け込みましたがてっきり梅だとばかり思っておりました。

3年は待つぞ!!と気合を入れて、現在は階段の隅っこでひっそり熟成中です。

梅酒がプラム酒に変わっただけなので全く問題がないですね。

たぶん、漬け込んだ実を食べても誰もわからないと思います。

学術的にはほとんど兄弟のようなものですから。

しかし、梅酒だとばかり思っていたのもが、いきなり高級な果実種に大変身!。

何が高級かというと、非常におバカな漬け込み方をしております。

それは、焼酎の変わりに・・・・。

一つは、CAMUS XOで氷砂糖少な目で漬け込む。09150112_5053577de2a3a

もう一つは、REMY MARTIN XO・・・。

51x4vxog4fl_ac_ul320_sr314320_

超~~~~、おバカな漬け込みをしております。

周りの皆様から、おバカだね~。

もったいない!!などなどのご非難をいただきながら、小生はブランデーをあまり飲まないし、先ずは似合わない。ブランデー好きの方から怒られてしまいますね。

しかし、長年 封を開けずに飲まれない酒も不憫に思い梅酒(今ではプラム酒)のベースの酒になりました。

Img_03191

果実酒だったらもうそろそろおいしくいただけますね。

飲んでみることにいたします。

そして、本日 クロネコヤマトのクール便で届きました。

毎年ありがとうございます。

Img_03161

とっても、甘くておいしくいただきました。

Img_03181

まだまだありますが・・・。

しばらく、プラムな毎日を過ごすことにいたします。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/664767/33855823

梅( Japanese apricot)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。