アクセスランキング

« 2016年6月 | メイン | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月29日 (金)

Villa SUN S田さんの田舎暮らし2016年 ”夏”

田舎暮らしを始められて早2年?

Villa SUNより近況のご連絡がございました。

藪を刈り・木を伐り・雑草を幾度となく刈りながら、自然の中で悪戦苦闘!

そんな中、徐々に改装が進んでいるようです。

ご夫婦揃ってのどかに過ごす。

理想的ですね。  小生の家内は都会がいい!

行くのなら一人で行って!! 私は大阪で住む!! らしいです。

ん~~~。S田さんがうらやましい。

ってなわけで、近況が来ましたので掲載いたします。

奥様から、ほのぼのしたメール。

日中セミの鳴き声が凄い五月蠅い(うるさい)です。

もうすぐ8月ですが(笑)

雨の前になるとピタっと泣き止みます。

鶯が鳴かなくなったと思ったらまた鳴きだしました。

この地に住み着いているのかな?・・・・。”

そして、Villa SUNの状況は・・。

P1000816

雰囲気が変わってきました。

窓を塞いでいた大きい棚を移動しましたので窓からのロケーションが

広がり開放的になりました。

すると前に有る物置が目障りになり、移設しなくては・・・・・。

 2段ベッド2組が完成!!山小屋風の良い感じに収まりました。”

P1000814

お孫さんが、全員来ても大丈夫ですね。

また、小生も立ち寄ることにいたします。

明日は、Mission Episode2で出かけますので準備が大変!!

それでは、また後日。

2016年7月27日 (水)

コードネーム”YOME” Mission Start!!  Episode1

夏本番、毎年恒例の夏の長期休暇前に、毎年恒例で Difficult Misson(難しい任務)がやって来る。

どんなミッションかというと・・・・。

Code Name "YOME"。

仕事の長期休暇となれば、皆さん 家族で旅行が定番ですよね。

しか~し、小生の場合はその時期は、魚釣りに向けてGO!なのです。

そうなる訳ですから、家族旅行は行けません。

連休に旅行や遊びに行けないのですから、事前の根回しとこまめな活動が必要なのです。

我が家の金庫番ですから、なかなか遊びに行くにもハードルは高いのです。

そんなわけで、約一か月前から過酷なMissionの準備に取り掛かる。

先ずは、第1週目 S田さんから教えていただいた日帰り温泉へ行くことに。

早朝出発して、途中 直売所を巡り野菜のを購入し、そして 梅干し館に立ち寄る。

Top0013Dシアターを見て、梅干しの試食をしこたま食べる。

・・・・・・・・生卵とごはんかほしい!!

食べるだけ食べて、結局購入は致しませんでした。

小一時間、工場見学にシアターやジオラマ鑑賞に梅干し試食。

マンゴー梅干しにトマト梅干し?

結構 新作の目新しい梅干しが試食できますよ。

そして、海岸線を散策して海に触れながら遊ぶ。Img_04001

Img_03961

Img_03971

炎天下の中、海岸で遊び、公園で遊ぶ。

日ごろの喧騒から離れていいものです。

南部 鶴の湯温泉 古くより江戸時代から湯治場としてあった場所へ向かいます。

源泉かけ流しのひっそりとした山の中にたたずむ温泉でした。

温泉へ向かって道路を走っているとどんどん山の中へ、本当にあるのかな?

と、思いながら走っていると、ございました。

以外と秘湯に近いのかも?

Gaikan

小じんまりとした、温泉ですがなかなかひっそりしていていい。

何よりも、空いている。

土曜日だというのに、貸し切り状態でした。

鉄分を多く含んだ黄褐色のお湯。

T_01

宿泊もできるようです。

先ずは、風呂に入る前に腹ごしらえ、昼食にはひつまぶしを頼んでみました。

御坊の”川常”へ行こうかとも思いましたが、少々距離があるので温泉のレストランで

昼食をとることに。

20080526_306596

非常にリーズナブルな値段で、食べれますよ。

ここでは、釜飯を注文するのは時間があればいいのですが出てくるまでに時間が掛かるようです。

ごはんを炊き上げるのですから20-30分はかかりますね。

釜飯を注文された別のお客さんを見ていると後悔されているご様子。

そして、いよいよ、お風呂です。

入湯料は大人 600円

この日は、お客はご年配の夫婦と小生夫婦の合わせて3組。

貸し切り状態でした。

個々の温泉、何よりも面白いのが、内湯と外湯が離れていて一度ロビー横の廊下に出ないと行けないお風呂なのです。

男性はタオルを巻きつけて廊下に出て移動すればいいのですが、女性は一度服を羽織っての移動となります。

しかし、のどかでいい湯でございました。

自然の中の温泉を満喫いたしました。

帰りは、この時期渋滞しますので午後3時に印南を離れて帰宅。

渋滞もなく、17時に無事帰宅。

First Mission 終了!!


2016年7月23日 (土)

梅雨が明けました。熱い(暑い)釣りの始まり~始まり~。


な~つが始まるよ~。

夏本番!

先日、東海から九州が梅雨明けいたしました。

京都祇園祭、大阪天神祭 暑い夏が本格的に到来。

灼熱の中での釣りが始まります。

海上では、カジキマグロのトローリング船が行き交う時期ですね。

カジキマグロ? 

和歌山 南紀の沖では普通に釣れている夏の魚。

2012bill21

7月、今年の優勝は、120kgで周参見の大会は終了。写真はSBFC HPより

沖で釣っていると、泳いでいるのをよく見ることがあります。

しかし、以前は和歌山でカジキマグロが釣れるとは思いもよらなかったのですが、こんなに身近にいるとは驚きでした。

もっと、南洋で沖縄以南の魚かと思っておりましたが意外と身近に回遊している魚だとわかりました。

この魚が出てくると真夏の釣ですね。

当倶楽部では、カジキは釣れません、道具がございません。

そこで、・・・・鱪 魚編に暑いとかいて・・。

そう、最近 回転すし屋さんで非常にメジャーな魚となったシイラ(マヒマヒ)簡単に釣れるので、エキサイティングな釣りをしたいときにたまに狙う。

生食する場合は、皮と身を別にして調理してください!

皮の表面に、食あたりする菌がいてるものですから・・・・・。

F7b2ae835582f220911370af33b5b7ec_l

沖の船上で、殺人的な太陽の火あぶりになりながら釣りをする。

グデン・グデンになりながらこんがり焼かれる。

マリーナに上がるころには、完全にこんがり焦がしチャーシュー(焼き豚)状態になりながら、夏の釣りは夜ですねと言いつつ、どういうわけかいつも昼間に出る。

全く懲りない、おじさん達です。

夏の過酷な釣りに行きますか?と、Y田さんにご連絡。

行きましょうと言うことになりましたので、S田さんに早速ご連絡。

水曜日、風無し、波無し 夏の凪 出陣連絡をいたしました。

はてさて結果はいかにですが、まだ何を釣るかも決まっておりません。

適当に見繕って用意をすることにいたします。

先ずは、日差し対策から。

4522831696307

麦わら帽子は必須!! 外せませんね。

ついでに、遮光・遮熱ミノをカバンに忍ばせることに。

あとは船上で、ひたすら水分補給に冷却対策をする以外にありません。

小生も仕事に励み、何とか休みを戴いたので早速、出ることにいたします。

久しぶりの釣行です。

天候のいい日の朝と言っても深夜ですが・・・。

草木も眠る丑三つ時に、Y田さんと田辺に向かいます。

二人とも、久しぶりの釣行であまり寝れなくて少々寝不足。

この時期の釣りは、日の出が速いので少々寝不足になりますね。

平日なので、深夜の交通量も少なく快調!快調!

小一時間、休憩ができますよ! と言いつつマリーナに到着。

AM4時30分 あれ?  S田さんの車が止まって船のエンジンがかかってる?・・?

あわてて、荷物を積み込みおはようございます。

聞いてみると、朝早くに目が覚めたので早めに出てきたとのこと。

今日はいい天気になりそうです。

Img_03621

マリーナには、もうなくなっているかと思っていた先日のあの大雨で流れ着いた流木やごみが、まだ残っていた。

相当な量が流れ着いたことが伺えます。Img_03641いい日なので、そんなことは気になりません。

早速出航です。

海風が気持ちのいい朝です。気持ちのいいのは朝だけですが・・・あとは暑いだけ!!

Img_03651

朝日が昇る直前、幻想的な景色が熊野の山々の広がります。

すがすがしい朝の始まりです。

Img_03681

海上から見る日の出は、何回見ても格別です。

荘厳な雰囲気の中で、太陽が昇ります。

意外と早く登ってきますので、地球の自転の早さがわかる一瞬です。

Img_03721

釣り日和なので、深場に行きましょう! 

ノドグロ・クエ、いつものように場所がわかりませんので、今回もポイント探しで流すことに。

しかし、潮の状況があまり良くない。

白っぽい?

Img_03701

 しかし、反応良く、魚がいつものようにポツリ・ポツリ。

Img_03741S田さんに、最近テレビなどで紹介されてメジャーになった深海の黒いダイヤと紹介された、クロシビカマスのダブル。

結構、型がいい!

この魚、おいしいのですが骨が多い変わった魚です。

何が変わっているかというと・・・・・。

干物にしてわかったのですが、背骨は通常の魚と同じなのですが、この魚、皮と身の間に骨があることが判明。

うまく皮を剝いだ時に、骨も一緒に除去できればおいしい魚に大変身!!!

Img_03731

Y田さんも、本気モードで挑みます。

しかし、心の中はナブラを待ち、カジキマグロの背びれが見えるとすぐにルアーを投入のスタンバイ!!

廻ってくればいいのですが・・・・。

Img_03761

小生にも、比較的いい型のクロシビカマスにクロムツが来ました。

ん? 何か背中に異様なものが・・・・? ・・・?

Img_03771

 そして、ガシラ釣り名人のS田さんが、いい型イズカサゴ。

なぜか、いつもお土産に釣って帰られる。

極めてますね~。

Img_03801

この魚、うまいんです!!

刺身 薄づくりもいいのですが、てんぷらやカラ揚げにすると弾力のある味わい深い非常においしい魚に大変身。

この魚のてんぷらを食べるとほかの魚のてんぷらは食べれません。

一度、なじみの魚料理店でイズカサゴのてんぷらが食べたいと予約注文してみてください

魚の通で通りますよ。

Img_03821

オッ? 何か来た!

珍しい魚に遭遇しました。

Img_03901

ガンゾウヒラメ  しかしこやつ、ヒラメの様でヒラメでない。

カレイ仲の間らしい。

ガンゾウは贋造(偽物)のヒラメという意味らしい。

安物のサラリーマンが偽物のヒラメを釣る。 なかなか絵になる光景です。

しかし、おいしいのでそれでよし!

Img_03871

ぶりながらも、反応が続きます。

Img_03891

わかりました?

この亀仙人みたいないでたち。

直射日光と日射熱を避けるミノ。

農作業用に、販売されていた遮光ミノ。 ¥450-

こやつ、見た目はこんな感じなのですが、通気性もよく全く日差しを感じない優れもの!

そして着ていることも忘れるくらい軽い。

夏の釣にはいいですよ。

Img_03931

 

今日も楽しく遊んだ一日でありました。

イナダマリン 釣り部のKさんに 最近 O本さん天気がいい日ばかりに当たりますね。

以前は、嵐ばかりだったのに。

安物のサラリーマンもさすがに、この年になると開き直ってしまいますね。(笑)

さて、釣果は

Img_03921

2016年7月13日 (水)

ブロガーだったんだ~?

久しぶりに会社の事務所に出勤すると、若い同僚から・・O本さんブロガーだったんですね。

・・・・・・・・・?

ブロガー?・・Bloger?  そんなかっこのいいものではありませんが、・・・

定義はこうであった。

ブログを書く人・ブログを執筆する人。

ってことは、小生はブロガーだ~~!!!

しかし、身の程知らずといいましょうか、日本語もままならない、語学力が限りなくゼロに近い小生が、文章を書く。

それを裏付けるかの出来事が数年前にございました。

それは、TOEICの試験。

TOEIC:国際コミュニケーション英語能力テスト

やむなく受験することになり、無勉強のまま試験に挑み結果が自宅に郵送されてきた。

運悪く、下の娘に結果を見られて娘の採点結果が下された。

スコア990点満点中、会社の皆さんは大体500点程度なのですが、小生に下した娘の採点は・・・・”恥”。

お父さん、この点数はやっぱり、恥やで!

自国語もままならないのに、英語でもコテンパンにやられてしまいました。

ん~~ん、物理ならまだ何とか・・・魚だったらもっと何とか・・・。

今まで十分、語学力が無いのは自覚していましたが、やっぱりエセ理系の小生にとっては文章表現力のハードルは万里の長城を超えるようなもの。

言葉の世界は難しい。

語学の勉強は、なかなかやる気が出ませんね。

しかし、小生がブログを書くのは、倶楽部の釣果や活動状況を以前は会報として出しておりましたが、ブログの方が簡単でより多くの倶楽部メンバーの方に自由に見ていただき楽しんでいただくことを目的に書いている次第でございます。

てなわけで、遅くなりましたが6月27日の出船写真を1枚

P1000799

S田さん・S井さんのお二人で沖へ。

梅雨の合間の、釣り日和。

べた凪で、いい日だったようでいいカサゴが多数上がった、とのご連絡を頂戴しました。

いいな~、隠居生活の皆さまは時間がたっぷりあって・・。

小生の場合は、安物のサラリーマンなので時間があっても源資が無いのが実情なのでしょうね。

そして、Villa SUNのプチ状況がまいりました。

改装も現在進行中。

P1000807

和室の隣を4人分ベッド据え付けの寝室にいたします。

P1000808

7月中には完成の予定です。

 また、庭の菜園の状況は・・・。

菜園の惨状 本当に嫌になりますね。印南の庭の奥にもプラムの木があり

数は20個くらいでしたが大きさが5,6センチくらいの大玉で楽しみにしていたものの、やはり鳥害に遭って残念でした(苦笑)

野生動物には、なかなか太刀打ちできませんね。

小生も、スイカをやられてしまい、まだ立ち直っておりません。(トホホ)

しかしながら、収穫の季節ですのでいろいろな作物が実り楽しんでおります。

魚釣りもこれぐらい実りのある結果が出ればいいのですが、なかなかそういうわけには行かないものです。

2016年7月 9日 (土)

暑い夏を乗り切るのに空調服が気にかかる。

初夏の休日。

今年の夏も暑くなりそうな気配。

メタボなおじさんたちはグダグダになる季節が到来しました。

熱中症と騒がれだしたのは、いつの頃からでしょうか? 

ひと昔前は、日射病と言っていたような。

結構、クラブ活動や仕事でバタバタ倒れていて、世間も軽く見ていたように思いますが、熱中症に変わってから一変しましたね。

夏の釣りは、暑さとの戦い。

乗り切るにはどうもこれが気になる。Image00

FJ401DZ(フード付モデル)

標準小売価格 18,400円(税別)

バッテリ、バッテリホルダ、充電器別売

Image01_2

元々、作業用として開発されて今やメジャーになっているこれ。

皆さん、涼しげにしておられますので効果はあり。

しかし、高湿度の潮風にファンがどこまで持ってくれるのかが心配ですが、結構、磯釣りの方などは利用している方をお見受けする。

過酷な環境での使用に耐えれるのかが課題ですが、工事現場などで使用しているのでタフな環境でも結構耐えるのではないかと想定する。

充電器やバッテリー・ホルダーなどを揃えると結構な出費になりますが、投資の価値ありなのか、価値なしなのか?

暑さをしのげれるのであれば価値ありと見るべきでしょう。

ハッカ油のミストと併用すれば、無敵かも?

51pfdg23qel_sx425_

しかし、よくよく考えてみると海上は風が吹いている日が多い。

べた凪には効果がありますが、風が吹いている日にはどこまで効果ありなのか・・・?

先ずは、直射日光をガードすることから考えないといけませんね。

 

2016年7月 4日 (月)

もうすぐ梅雨明け、夏が来た!

梅雨も終わりに近づいてくる中、気温もぐんぐん上がりもう夏ですね。

マリンスポーツや海水浴のシーズン。

公園の蝉も泣き出しました。

動物たちも活性が上がって、世間では夏祭りが始まり夏本番に差し掛かります。

8月まで仕事が立て込んでいる中、今回やっと釣行に出ることができました。

天候と休日のマッチングを考えるとうまくいかないものですが、今回はなかなかいい天候に恵まれ釣りを行うことができ大成功!

今回の釣行も皆様にお声がけは行いましたが、仕事が皆さま忙しくNG.

そんな中、ダメだろうなと思っておりましたN田さんがOK。

嵐を呼ぶ男 N田さん・S田さん・O本の3名で出船いたしました。

Img_03371

天候は曇り・晴れ・にわか雨の予想ですが、夏の釣ですので曇っているほうが丁度いい。

波は穏やかで、非常に心地のいい風が抜けます。

風に、日ごろのストレスやフラストレーションが洗い飛ばされて行きます。

海のコンディションは、

     中潮・水温24.9度・凪・・・・・。

穏やかな一日の釣となりました。

いつものように、最初は浅場でしばらく糸を垂れて様子を見てダメな場合は

深場への移動の予定。Img_03381

トローリングを楽しまれる船も途中多く出船されている光景に遭遇。

今日は、日本最大級のトーナメントが周参見で行われるカジキマグロのトーナメントの日、夏の釣りが始まりました。

久しぶりのN田さん、昨年新調した電動リール DAIWA シーボーグ まだ魚を釣っておりませんので今回は釣るぞと意気揚々。(前回は、船酔いでダウン)Img_03401

今回は大丈夫なご様子。

さて、結果はいかに・・・・・・。

Img_03391

白浜沖で糸を垂れる。

しかし、魚の反応があまり良くない。

梅雨の合間、潮が水潮っぽい。

しばらく、糸を垂れるもかかってきたのはイラが一匹。

浅場は、魚の反応があまり良くないようです。

場所を移動した途端に、魚が我々の相手をしてくれます。

Img_03421

Img_03411

S田さん、早速 ホイ来た。

小さいながらもイズカサゴ。

底物、カサゴ釣りはもう名人級!

ここで、気をよくして今日は一人目標 20匹以上!!

船上で、S田さんが叫びます。

いつもならつ抜けも難しいのに、いきなりハードルを最高にあげておられます

何とかなりそうな予感がいたしますが、当倶楽部はそんなに魚が釣れません。

Img_03431

不思議なものです、今まであまり反応しなかったレンコダイが一気に反応が良くなりました。

レンコダイはあまり大きくならないので、ちょうど釣りごろ・食べごろサイズが

我々を楽しませてくれます。

Img_03451

そして、とうとうMisson達成!!!

N田さん、新調した電動リールで魚をGET!

満面の笑み。

しかし、これ、魚がかかっているのがご本人わからず巻き上げたらついていた代物です。

Img_03501

おーー!!  何と小さいサバなのでしょう。

飲ませの餌にちょうどいい。

Img_03511

小ぶりながらも、イズカサゴを初GET。

なかなか、飽きない程度に魚が相手をしてくれます。

今回の釣りは、型こそ大きくはないですがいい日です。Img_03531

なかなか珍しい、珍客。

マトウダイがかかりました。

Img_03541

大きな伸びる口と体の真ん中に的のような丸い模様が特徴ですね。

Img_03551

皆さん、終盤に差し掛かると小生も含め日焼けで真っ赤っか。

日焼け止めクリームを塗っていても初夏の強い日差しは皮膚に突き刺さります。

Img_03481

もう、真夏の雲ですね。

本日は、一日 釣り日和。

MAXに楽しめた一日でありました。

これから、面白くなります。

楽しんでください!!

Img_03591

Img_03561

Img_03571