アクセスランキング

« 2016年9月 | メイン | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月29日 (土)

田辺に行く

釣りではたびたび訪れているこの町も、仕事で来るとなるとまた風景が違う。

何年ぶりでしょうか、出張で南紀に訪れるのは。

Osk201108040052


新大阪から黒潮に揺られること2時間30分、電化され近くになったといえども電車だと遠く感じる地でございます。

新型車両は非常に乗り心地がいい。

以前は振り子電車だったので独特の揺れを感じていたのですが、現在の車両はとってもラグジュアリーな感じ。

車内では旅行者が多く、アタッシュケースが通路に並ぶ。

アタッシュケース、これって電車ではある意味凶器。

車両が駅に近づき減速する、通路にあったアタッシュケースが飛んできてドアにぶち当たる!

固定をお願いしますね。

これって、小さな子供だったら間違いなく大けがいたしますよ。

鉄道会社も、旅行者に対する配慮をもう少ししなくてはいけません。

固定フックを付けるような配慮が必要ですね。

大きなカバンを通路に持つと、その人はシートに座れません、ケースを揺れる車両でひたすら支える。

お互い考えないといけませんね。

そして、夕刻 紀伊田辺に到着。

Dsc_0497

駅に降り立ち、商店街はさびれた風。

あれ?こんなに人通りが少ないところだったかな~?

駅前の通りの飲み屋街もなんだかお店が減ったような気がします。

折角、田辺に来たのだから早々に用事を済ませる。

先ずは、レンタル自転車を借りてマリーナへ、前回の燃料代を支払っておこう。

自転車で走ると田辺の町は結構、アップダウンがあることがわかる。

レンタル自転車は、電動ではなくママチャリ! ペダルが重い!

商店街を走り抜け、お~~・・、節子の部屋がまだあった。

ここはたこ焼きとお好み焼きを食べるところ。(味は普通ですけどね)

気のいいおばちゃんが、お店の中では話相手をしてくれます。

Dsc_0499

マリーナも秋期休暇を終えて仕事再開モード。

いつもの、Kさんや船を出して釣りから帰ってこられた方がちらほら。

しばらく、のんびりした時間を頂戴しました。

今回は、出張で仕事なもので少々気が引ける、と言っても勤務時間は超えていますけど?

Dsc_0502

自転車で走っていると、小生 少々目が悪いせいもあるのですが、奇妙な看板が飛び込んできた!

アナル通り、もっといい通りの名前付けたらいいのに。

けつの穴通りとは、また奇怪な?

・・・・・・・・・。

・・・。

そんなわけございません、通りの名前はアナイ通りのような感じです。

しかし、よ~~く見ないとわかりませんよね。(笑)

Dsc_0501

あれ?

パン屋のポー、こんなところにあったっけ?

何故か、記憶に残っているパン屋さん。

何がおいしかったかは覚えておりませんけどね

さて、田辺の街中をうろうろして、一杯ひっかけてホテルに戻る。

明日は、朝から山の中なので体力温存、温存。

今夜のお宿は、田辺シティープラザホテル。

Dsc_0505

何故か一人なのにツインのお部屋。

シングルの部屋が狭かったのでホテルにお願いしてツインの広い部屋に変えていただきました。

これでぐっすり眠ることができますね。

たまには、仕事で来るのもいいもんだ。

2016年10月28日 (金)

大阪マラソン2016の日の予定

大阪マラソンの日は釣りと決めている。

Logo1


この日は、動けない日となるからが、理由なのですがどういう訳か毎年 釣りが中止になる。

天候が良くない、一緒に行くメンバーがいない、都合がつかないなど様々ですが、なぜか釣りに行かず、地域に缶詰めになる。

今年も、S田さんが目の手術 両目をされるそうなのですが、そんなに目が悪いとは思いませんでした。

お大事にお願いします。歳も歳ですから・・・。

秋も深まってまいりました。

我が家の裏庭の金木犀も満開。

秋だな~~。

家のどこにいても金木犀の甘い香りが漂ってきます。

Dsc_0492

金木犀の香りは、何処からとまなく漂ってくる香りが心地いいのです。

この木の花が咲き香りがしてくると毎年のことながら秋を感じます。

季節の花ですね。

もう、ここに植わってから35年大きくなりました。

この木の隣では、同時期に植えた金柑の木に、多くの実を付けておりましたので今年の冬には多くの金柑が取れるように思います。

Dsc_0493

肥料も与えず、そのまま植わっているだけの木なのですが時期が来れば恵みを与えてくれます。

自然に感謝です。

ご近所の敷地に入ってしまいますので、昨年 大がかりな剪定を行ったので今年はどうかなと思っておりましたが、例年通りの実のつけようで一安心。

収穫を楽しみにいたしましょう。

ビルとビルの谷間になった日当たりの悪い場所で元気に育っております。

少しかわいそうな気もしますが、仕方がありません。

都会の真ん中の小さな猫の額ほどの庭なものですから。

庭の大掃除を昨年行い、広々。

日当たりが悪いのですが、畑でもしようかと思案中。

Dsc_0494そして、・・・・。

次回の釣は、深海釣りと考えておりますので、なんとなくいつものスーパーへ、釣り物の魚のお値段をチェック。

下品だな~。

ここは、九州 長崎産の魚が多いお店なのですが並んでいるものが和歌山で掛かって来る魚とよく似ているのもよくいく理由。

Dsc_0495

やっぱり、キンキやオコゼは高いですね。

レンコダイも、いつも釣っているサイズで特売品¥380-

通常は、¥450-程度かな~。

近海物の魚はどれも非常に高いですね。

魚が少なくなったせいもありますが、貴重な資源です。

そんな魚たちを、無碍に扱ってはなりませんね。

10月30日は、穏やかな日になればいいのですが、こればかりはお天道様しかわかりませんね。

何百億もかけたスーパーコンピュータでも当たらないのですから、自然は偉大です。

しかし、最近 釣りに出ても思ったような釣果に恵まれず貧果が続いております。

ただ単に釣りが下手なだけなのですが、結果のBlogでは、潮が悪いだの、二枚潮だのと講釈を垂れておりますが、本当の釣り師はマリーナのKさんの様にピンポイントで釣ってくるのです。

まだまだ、修行が足りませんね。

懲りずに行くことを予定致します。

といいつつ、S田さんは目の手術をした後で入院中かもしれません。

天候が良ければいいのですが、荒れ模様の状況が少しでも予想される場合は、中止となります。

船頭がどうも小生になりそうなので・・・。

無理は致しません。

深海のポイントまで、片道1時間操船しなければなりません。

いつもはS田さんが操船してくれるのでらくちんなのですが、操船しないといけないとなると勝手が違います。

船上の移動中、ゆっくりできない。

このひと時の揺れに任せてうたた寝をするのが非常に気持ちがいい時間なのですが、操船しているときにはうたた寝はできませんからね。(笑)

いい天気であればいいのですが、現在 O村さんが行きましょうという予定です。

北西の風が吹くようでしたら中止にいたします。

天気予報が気になる日々が続きます。

2016年10月27日 (木)

充電器の話(チョイト堅い話)

リチウムイオンバッテリーを購入して、モールド処理して・・・・・。

動作テストも無事終わった。

しかし、充電作業にどうも踏み切れない、接続する前にやっぱり仕様的に調べておかないといけません。

一発でバッテリーをダメにする可能性がありますからね。

慎重に、調べてっと!

COTEC BP-1210 充電器 充電電圧14.4V 最大電流10A。

41xqi1hdvrl_ac_ul130_ディープサイクルバッテリー用に購入いたしましたが、どうも電圧範囲が少し問題。

リチウムイオン電池の充電電圧は、13.5V~14.6V 公称充電電圧は14.4V・・・・・・・・~~~~・・・・・微妙?

ちょいと調べてみると、過電圧状態で充電すると、充電電流が過電流となり電極部分に金属リチウムが生成される、金属リチウムは活性金属なため非常に危険。

水と急激な化学反応を起こして爆発 !

小学校の時にマグネシウムを火をつけて燃焼実験しましたよね、そんな感じです。

一か八か接続してみるか、それとも安全を見て専用充電器を購入するか?

メーカーの回答では、何とか許容値の範囲で収まっているのですが、CPUで充電状態を見て、電圧を可変するようです。

13.5V以下になることはないとは思うのですが確証がない。

充電器メーカーに確認すると、小生も持っている充電器は鉛バッテリー専用とのこと、しかし バッテリー側で14.4Vに対応していれば充電できないことは無い様なのですが保証の限りではございません。

当たり前の言葉が返ってまいりました。

結局、専用充電器を購入することに致しました。(トホホ)3279

安物のサラリーマンは、冒険ができません。

少々高くとも、専用充電器をやむなく購入。

おバカですね、本来はバッテリーを購入する前に調べて購入するのが普通なのですが、先にバッテリーを購入。

賢い人はちゃんと調べて購入するのが普通ですよね。

ここが、安物のサラリーマンなるゆえんなのでしょう。

来月は、カードの請求で、家内に愚痴を言われることを覚悟しなくてはなりませんね。

衝動買いの結果です。

しばらくおとなしくしていようか?・・・。

2016年10月26日 (水)

バッテリーの動作テスト

先日購入したバッテリーの動作テストを行いました。

防水モールド作業も終わり、電動リールの動作を確認。

気にかけていたのが電動リールの電圧許容範囲。

SHIMANOの電動リールは電圧変動に非常にシビア。

Img_0552

接続する負荷は、ビーストマスター9000を接続しますが、錘等の負荷がない状態の巻き上げ動作で確認します。

最大負荷電流が7.5A程度流れることが予想されますが、バッテリーの電流は46A程度楽々の耐電流。

しかし、電圧がリチウムイオンは少し高い。

リールもリチウムイオンバッテリーに対応しているので問題はないと考えますが、接続してみないと、どんなことが起こるかわからない。

Img_05531

接続すると、リールが起動する。

一瞬、LCDの表示が消えてしまいましたが、すぐさま起動動作に入った。

どうやら、リール側でも接続されているバッテリーが鉛なのかリチウムなのか判別学習をしているようです。

賢い!

Img_0554

イニシャル処理が終了して通常の表示になった。

しばらく、そのままの状態で様子を見る。

問題なし。

そして、糸を出して連続運転。

電動リールは、カウンターが”0”以下だと保護回路が働き動作しません。

連続運転の結果は、良好・良好!。

かえって、電圧が高い分力強く回っているような気もする。

後は、本番の使用にどの程度持ってくれるかですね。

充電器との相性も確認しなくてはなりません。


2016年10月24日 (月)

週末はお休み,どうしよう?

一昨日の鳥取地震はビックリ致しました。

緊急地震速報が周囲の端末から、ビルの非常用スピーカーから鳴り響き、長い地震が・・・・。

会社のビルが揺れて、安否メールが飛び交う。

家屋の状態?

家族の安否?

会社に居るのでわかりませ~~ん。・・でした。

そして、週末 お天気はいいのですが、今週末はマリーナが秋期休業。

シーズン中、無休の営業でサービス業は大変だなと感じておりました。

皆様が休まれる時には営業しないといけない、サービス業。

お世話になり、小生たちは休暇を楽しく過ごさせていただき非常に感謝しております。

季節が落ち着いたところで休暇だそうでマリーナがお休みです。

そういう訳で、釣りには出られません。

釣りに行かない休日は、”Mission Yome”の日となることが最近の行動パターンとなりました。

Dsc_0473


今回の休みはどうしようか?

いろいろ探してみましたが、曽爾高原と姫路の一騎打ち。

時間がかからないということで、姫路に軍配が上がりました。

Dsc_0462急遽 車に乗り込み出向出向きます。

大阪から車で2時間もかからない。

朝、9時に出発しても楽々到着です。

途中、阪神高速のいつもの渋滞にはつかまりますが・・。

姫路に到着して、先ずはタイ焼きで腹ごしらえ。

なかなか、メニューが多くてリーズナブル。

大阪の御座候のたい焼きとは少し違う形とあんでございました。

意外とおいしかったですよ。

Dsc_0465

しばらく商店街をお城に向かって歩いていると、ステーキ丼のお店がありましたので立ち寄って早めの昼食を取ることに。

無計画にぶらぶらしながら気ままにお店に入るのも、またよろしです。

メニューはステーキ丼とローストビーフ丼の2種のみ。

Dsc_0463
早速、お店に入ってステーキ丼とローストビーフ丼を注文。

せっかくなので、食べ比べを行いました。

どちらがおいしかったか?

これは好みの差でしょ!程度です。

Dsc_0467

Dsc_0466

実物は、こんな感じでスープが付きます。

レタスなどの葉物野菜が高騰している昨今なのですが、看板通りのものが卓上に来ました。

感想は、こんなものかな。

Dsc_0469

 さて、お城に入って見ましょうか。

しかし、人・人・人・・・・・・。

ここも、グローバルなところです。

観光案内の方は戦国武将のいでたちで英語に仏語に中国語にハングルが担当ごとに分かれて案内。

さずがに、足軽は日本語担当の様です。

姫路城は、改装後 観光客が爆発的に増えたところ。

Dsc_0471


これから、お城に入るには、1時間待ちで長い列に並びます。

のんびり、時間を楽しむことに致します。

Dsc_0474

 どこまでも人の列が続きます。

意外と、並びながらじっくり、じ~~。

普段はあまり気に留めないところを見ることができ、これはこれでよかったのかもしれません。

Dsc_0475

お城の中も、人・人・人・・・。

これは、ゆっくり見ることができません。

立ち止まって見ることができないのが現状でした。

全くの通り抜け状態。

しかし、これだけの人が入ってもびくともしない。

日本建築のすごいところです。

天守閣の中は、意外と狭いね。 というより、ゆっくり見させてもらえない。

次々と、人の波が押し寄せる状況なので。

Dsc_0484

外にはお菊井戸が・・・・・・。

あの、番町更屋敷の?

番町はお江戸です。

一ま~い、2ま~い・・・の、あれ。

しかし、ここは姫路城、播州更屋敷のお菊井戸でした。

いろいろな、話が各所に残っているようです。

隣で、講釈を言っていたおじさんの話を横耳立てて聞きました。

ここの井戸は、大きくて、深い。

Dsc_0485

結構、時間がかかるな~。

一通り見て回ると、所要時間4時間。

のどかな、秋のひと時を過ごさせていただきました。

帰りに、立ち寄り湯に寄って帰ることに致します。

源泉かけ流しの、立ち寄り温泉を探してほっこり。

これで釣りに行かない日のMisson終了です。

2016年10月22日 (土)

おデブは寒さに強い?

台風が過ぎ去り、急激に秋が訪れ冬に向かう勢い。

朝晩の気温も過ごしやすく少々風があると肌寒さを感じます。

これから、冬対策の始まりです。

しかし、冬場は小生のようなおデブは利点がある。

会社の健康診断で看護師さんに、体重はt(トン)表示でお願いしますと言いながら早10年以上が過ぎました。

Illust3041年々、年甲斐もなく我が体は成長し続けている。

オイルヒーターを体の表面や内臓の周りにまといながら、体に張り付いていく。

体温低下の防寒対策で、巷ではヒートテック素材の肌着を身にまとい、防寒対策をするのですが、小生の場合は、ヒートテックの下に・・・・・、ミートテック(ヒートテックの類似品)を身にまとっているのですから最強の防寒対策ができている。

防寒には、このミートテックが最高だね!

先ずは、体内の温度を上げるカプサイシンを摂取して、体の温度を上げれば、寒さに対する抵抗時間が非常に長くなる。

天然素材のミートテック。

絶縁油ではなく、温度伝導率の低い保温油・・・。

しかし、大前提は冷える前に温めておくことが大切ですね。

脂は、冷えにくく、温まりにくい性質を持つので。

これからどんどん、気温が下がり海上は過酷になってきます。

皆さん工夫を凝らして快適な釣りを楽しみましょう。

2016年10月20日 (木)

な・な・なんと、釣った魚を捨てた?

小生の務めている小さな営業所が丸ごと引っ越し。

総勢400名の社員が、10月の3連休に一気に大移動。

小生は、なんと! この年で引っ越し委員を仰せ使った。

なぜ?・・・・・が本当の気持ちですが、やれることはしようといたしましたが、結局周りの皆様がすべて行ってくれました。(笑)

こんな、どんくさいオヤジに任せておけますか、ってな感じで皆様がすべてこなしてくれました。

持つべきは、上司、同僚、後輩たちです。

本当にありがとうございます。

この場を持って厚く御礼申し上げます。 と言ってもこのBlog誰も見ておりません。まぁ、気持ちの問題でしょ。

そして、隣に席には、若くて決して美人ではないのですが、非常に性格のいいお姉さんが・・・・、主婦ですが・・・・・。

業務関連を担当されております。

過去に、話し方で同じアクセントで非常にやわらかい話し方をする女性が折られました。

なぜなんでしょうか、何処の方言なのでしょうか?

非常に安らぎを感じる話し方が、印象に残ります。

こんな、女性は知らず知らずのうちに幸せををつかむのだろうなと、思いながら隣の席に座っております。

しかし、あまりうかつなことは言えない、パワハラに、セクハラ、・・・・研修を受け様々な事例を学び、結局のところ仕事以外で何話したらいい?・・です。

コミュニュケーションは、いらないの? 

仕事で、血圧が上がってもホッとさせていただけるような雰囲気は何物にも代えられないものです。

そして、その女性からこの前、釣りに行って魚を釣ったのですが魚の名前がわからない。・・と写真を見せてもらいました。

ご家族で、釣りをされたそうなのですが、そこに映っていたのは・・・・。

Kijihata

ハタ?

映っていたのは、なんと、キジハタ、・・アコウ。

こんな、魚が釣れたの?

結構、狙っても釣れない魚で、関西 瀬戸内では幻の魚ですと言いながら、結構ラッキーですよ。

この魚、関西では高級魚で非常においしい高級魚であることをお伝えいたしました。

そして、この後 釣った魚どうしたの?

聞いてみると、魚を針から外すのに苦労した上に、捌けないのでそのまま捨てて帰ったとのこと。・・・・・・・・釣り師からすると、ばかやろ~~~!、もったな~~い!

ですが、普通に考えると仕方がないですね。

とってもおいしい魚なのですが・・・・・・・。

なんかのどかな、温かみのある会話を戴いた一日でありました。

人間的な会話をバタバタした中、一息つきながらお話をいたしました。

どんな立場であれ、皆さん同じ人間、人生を楽しんで生きているのが非常にうれしく思う一日でありました。

2016年10月19日 (水)

エネルギーパックの更新

電動リールのバッテリーをさんざん悩んだ挙句に、勢いに任せてポチットクリックしてしまいました。

とうとう、購入。(次の日曜日に到着予定)

06121219_4df4302825ed1購入しちゃいました。

Shorai Battery LFX36L3-BS12

いろいろ調べてみたのですが、内部の構造的なものがあまりわからないのが本当のところです。

最終的に、DELTORAN デルトラン バッテリーテンダー リチウムバッテリー LiFePO4 480CCA との比較で悩みましたがあとは決心のみと思い本製品を選ばせていただきました。

まっ、爆発さえしなければそれでよしとする覚悟での購入です。

誰かが先陣を切って、購入しないとわかりませんからね。

いい結果が出るかはわかりませんがとりあえずは、現在の使用バッテリーとの性能比較。

 項目     鉛          リチウム

full充電時  DC12.6V       DC13.2V

容量     50AH          36pbeq/Ah    

重量     15kg         2.1kg

外形寸法  19.7 x 16.5 x 17.0   8.6 x 16.6 x 15.5 cm

外装    密閉式          未密閉

充電回数  400回          2000回 

参考価格  ¥10,980         ¥35,900

実際のものが到着次第、防水処理と防水ケースへの収容を行わないといけません。

また性能上でも充放電特性がいいのもリチウムイオンバッテリーの特性なので期待ができそうです。

後は、充電が現在の充電器で対応できるかを検証します。

最大のメリットは重量が1/5以下(容量が小さくなったこともありますが)

15kgが2.1kgに軽量化、全く問題なし。

これ、本当に容量確保できてるの?・・・・・が実感です。

休日の日曜日の夕暮れ、宅配便のヤマト運輸さんが玄関のドアホンを鳴らす。

ヤマト便です!・・・早速 玄関に駆け下りて待望のバッテリーを受け取る。

受け取った第一の感想は?

小っちゃ!

軽っ!・・。

Img_05461これなら、釣具と一緒にカバンに入れても問題ない。

カバンに入っている錘を下せば十分この重量とスペースは確保ができる。

何やらいろいろなパーツが箱の中狭しと入っております。

ハーレーダビットソンなどの大型バイク用のバッテリーなので仕方がない。

MOTOブーイングでも扱えばいいのにな~。

併せて、バイクのパーツ総合カタログ¥600がついておりました。

小生にはバイクのパーツカタログは無用ですが・・・。

そして、3年間使用した鉛バッテリーは?

悪環境の中、使用すること3年間。Img_05451

海上の塩水にかかる環境は非常に過酷、よく頑張ってくれております。。

それにも耐え抜き今もまだ現役のバッテリー。

これはこれで、まだまだいけますが・・。

3年を超えたので、世代交代の時期を迎える。

Img_05471新しいバッテリーの箱の中にはステッカーやパーツが収容されておりました。

しかし使うのはほとんどない。

スポンジは、釣り針かけにいいかも?

両面テープ処理されていてそのままクーラーに張り付けて使用できそうです。

ボロボロになれば張り替えればいい。

意外と重宝すると思われます。

深海などの針数が多い釣りには、針掛けが必需品なので消耗品として組付けるにはもってこい。

Img_05481水上バイクなどの使用時には、シールドを行う旨の説明とグリスによる防水処理を行うことが記載されていましたので、シール処理を使用前には行います。

マリンレジャーにも少し使用対策されている模様。

感想は思った以上にしっかりしていて、いいかも?

Img_05501

大きさの比較。

容量が50AHから36AHに下がったせいもありますがこの差は大きい。

容量が70%、容積が50%以下。

Img_05511

電圧が高く、パワフルな上に特性もいい。

それにも増して、重量が15kg➡2.1kg 約1/7、驚異の軽量化。

想像以上に小さいのが印象です。

本当に、性能があるのか少々不安に思う。

次回の釣行は、深海釣りと決めておりますので、過酷な使用状況下でどの程度性能発揮できるかインプレッションを行いますが、その前に先ずは防水対策のシールドとグリスアップを施します。

釣行途中で、BATT OVERなんてことにならないことを願います。

仕様値36AHなのでまず大丈夫と考えておりますが、こればかりは使ってみないとわかりません。

意外と、電動リールとの相性が悪く動かない可能性もあるので事前に接続試験を行わないといけませんね。

次回の釣行記録には、インプレッションも含めてご報告いたします。                          

2016年10月16日 (日)

天気はいいのに?

高気圧に囲まれた青天の秋の日。

急遽、釣りに出ることに致しました。

皆様にご連絡をいたしましたが、お忙しいのでNG残念です。

結局、今回はY田さん・O本の2名で出ることに致しました。

この日は、レッドブルクリフダイビング予選の日、決勝戦は翌日 日曜日。

Photo

 マリーナのS本さんからは、イベント会場が白浜三段壁なので、船が多く出ますので注意をしてくださいね。 とコメントを戴いた。

日本で初めてのイベント、三段壁から飛び込み台を作って飛び込む!

ここから飛び込むのは自殺者だけかと思っておりましたが、クレイジーな方々がいるものです。   

                               写真はレッドブルHPより

今日は、いい天気、観戦には最高ですね。

Img_0543

しかし、小生たちはお魚さん探しに出かけます。

海上は、予選なので船からの観戦は少ないように感じますが、決勝は盛況なのでしょう。

写真撮影の後、船が増えてまいりましたので開始時間に合わせて増えた模様。

今回の、船頭はO本です。・・・・・っで!・・・・・場所探しに行きましょう!

早速、普段は行かない方向へ舵を切り進めます。

沖島を抜け灘島を抜けて、印南の方向へ・・・魚探を眺めながら進めて水深80m・・

60m・・50mとポイントを探し回ります。

Y田さんが、潮が汚いね!!

Img_0537

わっ!、本当だ!  あの、春の大阪湾の潮が入っているような状況。

濁り、モロモロが糸にまとわりつく。

当然ながら、魚の活性は激渋。

魚の食い気がないどころか魚の姿がなかなか見つけることができません。

やっぱり、浅場も渋いのかな~?

そして、この間相手をしてくれたのが、おじさんと花魁(おいらん)なかなかの組み合わせです。

Img_0539ミノカサゴ  きれいな魚ですが決して直接触ってはいけません。

毒針だらけ。

これが釣れる日は、いい日ではございません。

すぐさま場所移動。

Img_0542

秋晴れで、程よい風が吹き、凪。

気持ちがいい!!!

最高の釣日よりなのですが・・・。

海の中はというと、濁りが入りその上、2枚潮で何をやってもブッ飛んでしまいます。

アンカーでも、パラシュートでも、どてら流しでも200号の錘でも飛んで・飛んで・飛んで・飛んで・・・・・回って・回って・回る~~~~~う。

これは、渋い状況を超えて難しい状況です。   結果釣れません。(単に言い訳)

Img_0541

遊漁船も、うろうろ・ウロウロ。

SUNの周りにも幾度もなく、何隻も近寄って来ては糸を下してすくさま移動。

こんなに、遊漁船が寄って来た日はいまだかつてなかったような?

相当渋い状況がうかがい知れます。

とどめは海上保安庁が近寄って来て、ジ~~~~~。ジ~~~~~~。動かない。

あれ! この船、監視してる?

ライフジャケットを羽織るとすぐさま去っていきました。

アブナイ、アブナイ、魚が寄ってこないのに、船ばかりが寄って来る、海上保安庁まで寄って来るなんて、なんという日なのでしょう。

Img_0544

ここまで、頭と同様に坊主だったY田さん、とうとうサビキを取り出し小アジ釣って飲ませをするとのこと。

そのため気象観測塔に戻って、小アジ釣り。

・・・・・でも・・釣れない。

・・・・・・子アジまで嫌われた。

そしてなんと、小アジが釣れるまで1時間強。

Y田さん、取ったど~~~~~、執念の子アジ釣り。(防波堤に上がった方が釣れたかもしれませんね(笑))

苦労して釣り上げた子アジを泳がせて最後のチャレンジ。

イカに食われた!

そして、時間も時間なので陸に上がりましょうか?

・・・と、Y田さん来た~!!!

竿がしなり(この時点で、アクシデントで穂先が折れた竿)、で巻き上げます。

今日は不発の日、この一匹でも上げましょう!!

釣れたで!・釣れたで!・・・大喜びで巻き上げます。

青物?ハタ?・・・引きからするとヒラメ?

もうすぐ、海面に上がってきます、小生も取りこぼさないようにタモを片手に待ちます。

さあ、よっしゃ!・・・・・・・・・・・・・スポ~~~~~~~ン。

あれ?・・・・・・抜・・・け・・・た・・・。

ヒラメの抜けを食らいました。(完全に飲み込んでいたのですが針掛かりりしていなかったのですね。)

・・・・・残念。

結局、完敗のまま帰港。

マリーナでは、Kさんが着岸を手伝っていただきありがとうございました。

皆さんに、どうでした?と聞かれて、今日はポイント探しということで・・・。

そして、ほかの船の状況を聞いてみるとやっぱりよくない状況。

難しい一日でありました。

しばらくは、深海へ行くことにします。

2016年10月12日 (水)

少々遅くなりましたが・・・。

10月の連休、台風も過ぎ去り、釣りにはいい日となった3連休は、名古屋からGESTさんが来られて連続釣行。

そして、先日 S田さんと友人のGESTさんが釣行に出られ、結果のご連絡を頂戴いたしましたので、ご報告。

”幼なじみのM氏と昔話をしながらの船上で楽しい時間を釣りをしながら過ごしましたが魚の気配がなくなりました。

P1010078あの、試験操業のサンゴ船10隻くらいの中での釣りですからもう、海底は荒らされ放題!

魚の棲み処が見事に破壊されて、底物の魚は不毛の地となってしまいました。

もう、いつもの深さ1*0m~1*0mのポイントは全くダメになりました。

これから、新しいポイントを探さないといけません。

マリーナでの状況も話を聞いてみると、浅場も芳しくないようです。

P1010079何故か、今年は特に魚の状況が悪いように思えます。

半面、波浪ブイのカツオは良かったようですが・・・・・。

自然と漁師相手は難しいですね。

P1010080次回からは深海釣りに挑戦したいと思います。”

非常に厳しい結果ですね。

珊瑚漁でこんなに釣れる魚の状況が変わったしまうとは想像を超えます。

漁師から ”珊瑚船引いた後、釣れるか~!”がよみがえります。

笑えない状況です。

しかし、70歳を超えてもお元気です。

パワフルじいさんです。

やっぱり、海にもまれる方が体力が衰えなくていいのかもしれませんね。

季節はいいので、これに懲りずに沖へ向かいましょう!

2016年10月11日 (火)

電動リール用のバッテリー更新準備

いつも、釣りに出かけるのに気にかかる荷物。

年々、増えてくるのが道具や荷物なのですが、その中でもとりわけ重くて運んでいるときに苦痛になるのがバッテリーなのだと思う。

大型の電動リールを使用する場合も考えて、容量と電流の大きなものを選定した。

小生の場合、2日間のフル釣行でBeast Master9000が使用できるものと考えて、現在50AHのディープサイクルバッテリーを購入使用しています。

41pqnvbzl
SUPER NATTO 12SN50

■外形寸法(mm)長さ:197、奥行:165、高さ:170
■電圧(V):12 

■容量(Ah):50 
■重量:15kg
■原産国:台湾又はベトナム ■6ヶ月保証

購入時は、電動車いす用のバッテリーとして販売されておりましたが、今では非常にリーズナブルでメジャーになったディープサイクル鉛バッテリー。

密閉式なので手間いらず、重さを除けば・・・。

使用した感想は、3年間使用しておりますが全く問題なし。

海上での潮を被るなどの非常に過酷な環境下においても、また 著しい電圧降下などの性能劣化も全くない。

まだまだ、使用に耐えれる状況にあるバッテリーですが、やっぱり15kgという重量がネックになってきました。

そんな中、軽量化を図るにはバッテリーとしてはリチウムイオンバッテリーを採用する他ないと以前から検討を始めます。

釣具用のバッテリーは、DAIWAやShimanoやPROXが出すものは10AH程度が最大で比較的高価。

そして、どうしても容量不足がゆがめない。

1日、バッテリーの容量を気にしないで気ままに釣りをするとなるとバッテリーの経年劣化も考慮すると20AH程度はほしいところである。

そんな中、現時点で販売されるバッテリーを物色してみると、候補に上がった3点を考察いたします。

1.    O’cell リン酸鉄リチウムイオンバッテリー 12V20Ah lifepo4

Img_1_20120627115140

定格蓄電容量 DC12V20Ah
タイプ Lifepo4
重量 2.75kg
サイズ 181×75×166mm

 ¥37,000-(参考)

2. SHORAI Batteryバッテリー LFX36L3-BS12

06121219_4df4302825ed1

定格電圧 DC12V

10時間率容量(PbEq(Ah)):36.0
最大外形寸法(mm):長さ166×幅86×高さ155
重量(Kg):約2.19

¥39,000-(参考)

3.DELTORAN デルトラン バッテリーテンダー リチウムバッテリー LiFePO4                             

81vew8axkl_sl1500_

モデル名 480CLI
商品重量 3.8Kg
梱包サイズ 16.5 x 8.6 x 13 cm
電池: 1 Lithium ion 電池
メーカー型番 BTL35A480C
商品の寸法 奥行き × 幅 × 高さ 16.5 x 8.6 x 13 cm
ボルト数 12 V

                   26-35AHとあるので30AHとして考察。

                   ¥37,000-(参考)

非常に難しいところではありますが結局は使ってみないと分からないのが現状なのかも?

レビューを見る限りどれもNGの評価はあまりない。

外形もどれもほとんど同じ。

バッテリーセルの規格が同じ?それともセルの製造メーカーが同じ?

どちらにしても中の電池セルは中国製造であることは間違いないと考えます。

US製・日本製はこんな価格では流通いたしません。

ある意味、危険性がその分、高いのもゆがめませんね。

波を被る環境での使用ですので、モールド性能が大きなファクターとなりそうです。

近いうちに購入して、吉と出るか凶と出るか?

なかなか、安物のサラリーマンでは決心できない状況です。

ん~~~悩ましい。

2016年10月10日 (月)

3連休は悪天候?

今回の3連休は、天候が非常に微妙というか日曜日は荒れ模様。

土曜日は何とか、予定していた日曜日は?

12345

これはダメですね。

大雨の上に風、波が立つことが予想されます。

しかし、時間を追うごとに急変するのが、

春・秋の天候を期待してのギャンブルは今回ばかりはできませんね。

午前中は、南紀は豪雨予想・・・・・。

小生たちは日曜日の釣行を中止いたしましたが、金曜日・土曜日と出船のS田さん・ナ愛知県からのGestさん。

釣果はいかがですか?・・・・・。

あきません。(ダメです)

宝石珊瑚漁の船が船団で海底をひっかきまわして魚が居ません。

もう珊瑚漁の入った場所を避けて楽しまないといけませんね。

珊瑚漁っていかがなものでしょうか?

海底の生態系を変えてしまう、魚の居付く漁礁を根こそぎ取ってしまう。

Img_0520一部の漁師のために、一帯の漁師や遊漁船、プレジャーボート釣り師の場所を奪い去る漁。

特にカサゴなどの根魚は全くいなくなる。

珊瑚漁って一獲千金のギャンブル漁。

その代償は非常に大きい、珊瑚の成長は非常に遅く1年間に0.15mm、親指程度の太さになるまで50年以上。 写真はイメージ

ほとんど、鍾乳洞で成長する石筍並みの成長速度。

一度、漁をしてしまうと100年以上その地の珊瑚は不毛の地となる。

こんな漁をなぜ試験操業という名目でも和歌山県は許してしまったのでしょう。

珊瑚が生息する、日本の北端付近に位置する和歌山県 もう少し大切に扱ってもよいように思いますけど。

しかし、釣り人にとっては非常に厳しい状況です。

いろいろ時間をかけて、探ってやっと見つけた魚のポイントが一瞬で無くなってしまう。

広い海の中、何処でも魚が居そうに思うのですが沖の海は魚が居付く場所以外は魚があまり居ない。

魚が集まり生息する場所は決まっています。

九州の名人漁師は、”釣れる範囲は土俵の広さ”だという。

広いポイント、漁礁を見つけ出すのは非常に時間と労力を要します。

浅い、50m程度の場所だと魚探から地形を読み取ることも可能なのですが、水深が100mを超え200m・300m・・となると魚探から見える海底の地形はほぼフラット。

地形を読み取り探すのは難しくもあり、面白いところです。

海底で地形から出来る湧昇流ができる場所が見つかれば面白いポイントとなることは間違いない。

V字谷を海底で見つけるのがポイントですね。


2016年10月 8日 (土)

oosakaマラソンと試験

10月は、個人的にはいい月ではない。

苦い思いが繰り返される月でもある。

国内最高ランクの資格試験、技術士試験が行われる月であります。

試験科目

マークシート形式(五肢択一式)で行われ、

基礎

科学技術全般にわたる基礎知識を問う問題

適正

技術士法第四章(技術士等の義務)の規定の遵守に関する適性を問う問題

専門

技術部門に係る基礎知識及び専門知識を問う問題

資格の最高峰を目指して過去に数年間試験を受けましたが3科目中2科目(基礎・適正)は問題なく合格するのですがどうしても専門科目が合格しない。

簡単なようでひねりが多くて難関問題。

適当に勉強をするのですが、電気・電子の専門はあまりにも範囲が膨大。

当然、問題集もない。

過去問題をひたすら解いて勉強するわけなのですが・・・どんな問題?

昨年度の問題の一部

”長さNの信号値系列{x(n)}のDFT(離散フーリエ変換)x(k)は次式のように表される。

       N-1    -j2πnk/N

   X(k)= Σx(n)e     

       n-0

{x(n)}が次式のように与えられた場合、x(K)の計算で求められる正しい値はどれか。”

ってなわけでこんな問題がつらつら続く、フーリエ変換なんて学生時代チンプンカンプン?その上に離散??意味不明。

とはいうもののデジタル信号の周波数解析に使われる手法、フーリエって熱伝導計算に使用していたように思うのですが・・・

しかし、救いは5択わからなくても答えは記入できる。(笑)

5択王子は合格するのでしょうが、25問回答なのでそんなに甘くはない。

しかし、受験を始めて5年目にして専門科目を合格した。(試験問題は持ち帰ることができるので試験解答発表による自己採点で)

その日は、万歳!! 祝杯を上げ大喜び!!  

そして、数日後 結果通知のはがきが送られてきた。 ワクワク。

結果は、?・・・・合格・不合格ではなく失格!!

エッ!どういうこと?・?

3科目の内、難問の専門は問題ない、ってことは適正と基礎の楽勝問題で回答数間違い?

30問の設問中25問回答、1問でも多く回答を記載したら失格。

もしかして、マークシートの修正で消し方が悪かったのかも・・・・・。

天から地の底へ落とされた瞬間でございました。

そのショックは大きくそれ以降、継続される。

ショックとトラウマからその翌年から受験を断念して現在に至っております。

当倶楽部のO村さんは、毎年受験して頑張っておられますが・・・。

毎年、あの苦い過去が10月になると繰り返される。

チャレンジするにも、もう年も年ですからなかなかその気になれない。

そして、10月はあの魔のマラソンの日

Logo1

今年は10月30日(日)

この日は、終日我が家では全く行動が制限される。

周囲の道路を閉鎖されて身動きができなくなる日でございます。

朝、8時までには閉鎖区間の外に出ていないと行動できない。

また、時間内は家に帰ることもできない。

もう毎年のことなので慣れましたが、不便な一日であります。

しかし、季節は秋、行楽に釣りにと行動的に楽しむことに致します。

この日は、外出の予定をいたします。


2016年10月 4日 (火)

天気が悪いので久しぶりの餌づくり

ここのところ、毎週末は秋雨前線に台風の影響。

天候があまり芳しくない。

小生も、毎週土曜日は仕事が入り日曜日だけの休日となっておりますが、

朝、久しぶりにいつものスーパーマーケットへ。

そして、夕飯の材料を物色する。

野菜が高~~い! その上、葉物野菜の種類が少ない。

魚でも、いいサンマでもないかと見ておりましたら久しぶりにサバが安くなっておりました。

Img_05281ほぼ底値に近い形です。(少々 サイズが小ぶりになっていましたが・・)

いつもは長崎県産のサバを置いているこの店ですが、唐津産・・唐津?・・・。

調べて見ましたら佐賀県 唐津 九州には違いがない。

早速、購入¥298-(2匹)

購入して何するの?

決まっているじゃないですか、魚釣りの餌にいたします。

前回釣った、トロサバは?    

1日置いてしまいましたので、みそ煮にいたしました。

みそ煮にしてもトロトロで、あっという間に食卓から消えてしまった次第ございます。

Img_05301さて、サバを餌にするために調理をする。 餌にするだけなら5分もかからないのですが、サバを餌にすると非常に歩留まりが悪いので、ここから少々手間をかけます。

とはいってもそんなに難しい手間はかけないですが。

先ずは、3枚にいたします。(ここで捨てるのは内臓と頭だけ)

Img_05311

そして、血合いを取り除き、身の半分をスライス。(餌にするにはそのままだと厚みがありすぎるため、揺れる短冊程度になるように薄くする。)

そぎ取った身と中骨は別にいたします。

フィレは、そのままタッパーで塩漬け。

釣行前日に、短冊状に記って使用します。

Img_05341

そして残った中骨とすき身は、ここで捨ててしまっては魚がもったいないので、スライスした身と中骨をそのままコンロに掛けて焼いてしまいます。(臭みなどを取って、傷みの進行を止めます)出来上がったものがこれ。

美味しそうな香りが漂いますが、そこからひと手間。

Img_05351あとは、天日に干すこと3日。 

その後 使用するまで冷蔵庫で熟成させます。

天然のサバだしが出来上がりです。

市販のサバ節と違ったうまみや風味があり、味噌汁のだしにはもってこい!

少々だしが、きつく出る傾向にありますので赤味噌汁のだしに良いのではないかと・・・・。

小生は、オコゼやガシラは合わせみそ、サバは赤みそと使い分けをしております。

我流なので個人の好みもありますので適当に試されてはどうかと。

しかし、我ながら55を超えたおっさんがマメだね~と感じる一瞬でございました。

そして次回の釣りに向けての餌の準備が完了。

Img_05331

準備が整いましたので、週末に向けて天候が良ければ出向くことに致します。

ぼちぼち餌のサバを大量にストックをしておかないといけない季節に入りますので、

サバの猛攻大歓迎!で挑もうかと・・・。

一日、釣りを楽しむとサバが3匹程度消費しますので補充が必要です。

2016年10月 2日 (日)

秋の魚

夏が過ぎ、釣り人が活性化する季節。

それは、秋。

何といっても、対象魚が豊富な季節。

一年を通じて一番魚が釣れる時期に入りました。

短い期間ですがワクワクする時期でもあります。

夏の魚、冬の魚、秋の魚、型もそろい釣り人の気分を高揚させますね。

そんな中でも、この魚はいい。

当倶楽部ではあまり遭遇いたしませんが、釣れれば喜ばれる魚、間違いなしです。

それは、

3754145シマアジ。

群れで湾内に入って来るので群れに当たれば爆釣!

しかし、当倶楽部では現在まで群れに遭遇しておりませんので爆釣はない。

引き味も面白く、その上 食べてもとってもおいしい。

アジ科の魚。

湾内に入ってくるものは、体調20~30cm程度のものが多いようですが、この魚

成魚は1m以上になる大型のアジ。

成魚までとは行かなくても、60cm程度のシマアジを釣り上げればご機嫌な一日になるであろう魚である。

天然の大型のシマアジはどういう訳か非常に少なく釣れない。

2kg、3kgもので1万円から2万円。

こういう風に聞くと非常に高価な魚であることがわかる。

アジ科の魚なのでおいしいことも違いない。

刺身にすると非常においしい魚です。

しかし、アジと言えば防波堤から釣る湾内の子アジ釣り。

先日、会社の同僚が父親と日本海 舞鶴に釣りに行ったそうでこの時期はアジが面白いということで釣りまくったそうです。

その数・・・・500匹以上。

Aji1517w400_2

クーラーは満タンを通り越して、売るほどあったそうです。

写真はイメージNetより

そして、持ち帰って奥様に捌いてもらう・・・・・・・。

え~~~~!!!、奥さんにお願いしたの?

奥さんは、捌いてくれたそうなのですが、激高されて釣りには行くな!と

大変叱られたそうです。

あたり前田のクラッカーです。

絶対にしてはならない、禁じ手をしてしまったのですから、仕方がありませんね。

適度な量をほどほどにお願いしないといけません。

その同僚には、自分で捌くのが釣りをするものの基本ですよ、とアドバイスをして大笑いをいたしました。

何処のご家庭でも同じですね。