アクセスランキング

« 天気はいいのに? | メイン | な・な・なんと、釣った魚を捨てた? »

2016年10月19日 (水)

エネルギーパックの更新

電動リールのバッテリーをさんざん悩んだ挙句に、勢いに任せてポチットクリックしてしまいました。

とうとう、購入。(次の日曜日に到着予定)

06121219_4df4302825ed1購入しちゃいました。

Shorai Battery LFX36L3-BS12

いろいろ調べてみたのですが、内部の構造的なものがあまりわからないのが本当のところです。

最終的に、DELTORAN デルトラン バッテリーテンダー リチウムバッテリー LiFePO4 480CCA との比較で悩みましたがあとは決心のみと思い本製品を選ばせていただきました。

まっ、爆発さえしなければそれでよしとする覚悟での購入です。

誰かが先陣を切って、購入しないとわかりませんからね。

いい結果が出るかはわかりませんがとりあえずは、現在の使用バッテリーとの性能比較。

 項目     鉛          リチウム

full充電時  DC12.6V       DC13.2V

容量     50AH          36pbeq/Ah    

重量     15kg         2.1kg

外形寸法  19.7 x 16.5 x 17.0   8.6 x 16.6 x 15.5 cm

外装    密閉式          未密閉

充電回数  400回          2000回 

参考価格  ¥10,980         ¥35,900

実際のものが到着次第、防水処理と防水ケースへの収容を行わないといけません。

また性能上でも充放電特性がいいのもリチウムイオンバッテリーの特性なので期待ができそうです。

後は、充電が現在の充電器で対応できるかを検証します。

最大のメリットは重量が1/5以下(容量が小さくなったこともありますが)

15kgが2.1kgに軽量化、全く問題なし。

これ、本当に容量確保できてるの?・・・・・が実感です。

休日の日曜日の夕暮れ、宅配便のヤマト運輸さんが玄関のドアホンを鳴らす。

ヤマト便です!・・・早速 玄関に駆け下りて待望のバッテリーを受け取る。

受け取った第一の感想は?

小っちゃ!

軽っ!・・。

Img_05461これなら、釣具と一緒にカバンに入れても問題ない。

カバンに入っている錘を下せば十分この重量とスペースは確保ができる。

何やらいろいろなパーツが箱の中狭しと入っております。

ハーレーダビットソンなどの大型バイク用のバッテリーなので仕方がない。

MOTOブーイングでも扱えばいいのにな~。

併せて、バイクのパーツ総合カタログ¥600がついておりました。

小生にはバイクのパーツカタログは無用ですが・・・。

そして、3年間使用した鉛バッテリーは?

悪環境の中、使用すること3年間。Img_05451

海上の塩水にかかる環境は非常に過酷、よく頑張ってくれております。。

それにも耐え抜き今もまだ現役のバッテリー。

これはこれで、まだまだいけますが・・。

3年を超えたので、世代交代の時期を迎える。

Img_05471新しいバッテリーの箱の中にはステッカーやパーツが収容されておりました。

しかし使うのはほとんどない。

スポンジは、釣り針かけにいいかも?

両面テープ処理されていてそのままクーラーに張り付けて使用できそうです。

ボロボロになれば張り替えればいい。

意外と重宝すると思われます。

深海などの針数が多い釣りには、針掛けが必需品なので消耗品として組付けるにはもってこい。

Img_05481水上バイクなどの使用時には、シールドを行う旨の説明とグリスによる防水処理を行うことが記載されていましたので、シール処理を使用前には行います。

マリンレジャーにも少し使用対策されている模様。

感想は思った以上にしっかりしていて、いいかも?

Img_05501

大きさの比較。

容量が50AHから36AHに下がったせいもありますがこの差は大きい。

容量が70%、容積が50%以下。

Img_05511

電圧が高く、パワフルな上に特性もいい。

それにも増して、重量が15kg➡2.1kg 約1/7、驚異の軽量化。

想像以上に小さいのが印象です。

本当に、性能があるのか少々不安に思う。

次回の釣行は、深海釣りと決めておりますので、過酷な使用状況下でどの程度性能発揮できるかインプレッションを行いますが、その前に先ずは防水対策のシールドとグリスアップを施します。

釣行途中で、BATT OVERなんてことにならないことを願います。

仕様値36AHなのでまず大丈夫と考えておりますが、こればかりは使ってみないとわかりません。

意外と、電動リールとの相性が悪く動かない可能性もあるので事前に接続試験を行わないといけませんね。

次回の釣行記録には、インプレッションも含めてご報告いたします。                          

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/664767/33967821

エネルギーパックの更新を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。