アクセスランキング

« スーパーのパックイワシで何が釣れる? | メイン | 天気が悪いので久しぶりの餌づくり »

2016年10月 2日 (日)

秋の魚

夏が過ぎ、釣り人が活性化する季節。

それは、秋。

何といっても、対象魚が豊富な季節。

一年を通じて一番魚が釣れる時期に入りました。

短い期間ですがワクワクする時期でもあります。

夏の魚、冬の魚、秋の魚、型もそろい釣り人の気分を高揚させますね。

そんな中でも、この魚はいい。

当倶楽部ではあまり遭遇いたしませんが、釣れれば喜ばれる魚、間違いなしです。

それは、

3754145シマアジ。

群れで湾内に入って来るので群れに当たれば爆釣!

しかし、当倶楽部では現在まで群れに遭遇しておりませんので爆釣はない。

引き味も面白く、その上 食べてもとってもおいしい。

アジ科の魚。

湾内に入ってくるものは、体調20~30cm程度のものが多いようですが、この魚

成魚は1m以上になる大型のアジ。

成魚までとは行かなくても、60cm程度のシマアジを釣り上げればご機嫌な一日になるであろう魚である。

天然の大型のシマアジはどういう訳か非常に少なく釣れない。

2kg、3kgもので1万円から2万円。

こういう風に聞くと非常に高価な魚であることがわかる。

アジ科の魚なのでおいしいことも違いない。

刺身にすると非常においしい魚です。

しかし、アジと言えば防波堤から釣る湾内の子アジ釣り。

先日、会社の同僚が父親と日本海 舞鶴に釣りに行ったそうでこの時期はアジが面白いということで釣りまくったそうです。

その数・・・・500匹以上。

Aji1517w400_2

クーラーは満タンを通り越して、売るほどあったそうです。

写真はイメージNetより

そして、持ち帰って奥様に捌いてもらう・・・・・・・。

え~~~~!!!、奥さんにお願いしたの?

奥さんは、捌いてくれたそうなのですが、激高されて釣りには行くな!と

大変叱られたそうです。

あたり前田のクラッカーです。

絶対にしてはならない、禁じ手をしてしまったのですから、仕方がありませんね。

適度な量をほどほどにお願いしないといけません。

その同僚には、自分で捌くのが釣りをするものの基本ですよ、とアドバイスをして大笑いをいたしました。

何処のご家庭でも同じですね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/664767/33952881

秋の魚を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。