アクセスランキング

« バッテリーの動作テスト | メイン | 大阪マラソン2016の日の予定 »

2016年10月27日 (木)

充電器の話(チョイト堅い話)

リチウムイオンバッテリーを購入して、モールド処理して・・・・・。

動作テストも無事終わった。

しかし、充電作業にどうも踏み切れない、接続する前にやっぱり仕様的に調べておかないといけません。

一発でバッテリーをダメにする可能性がありますからね。

慎重に、調べてっと!

COTEC BP-1210 充電器 充電電圧14.4V 最大電流10A。

41xqi1hdvrl_ac_ul130_ディープサイクルバッテリー用に購入いたしましたが、どうも電圧範囲が少し問題。

リチウムイオン電池の充電電圧は、13.5V~14.6V 公称充電電圧は14.4V・・・・・・・・~~~~・・・・・微妙?

ちょいと調べてみると、過電圧状態で充電すると、充電電流が過電流となり電極部分に金属リチウムが生成される、金属リチウムは活性金属なため非常に危険。

水と急激な化学反応を起こして爆発 !

小学校の時にマグネシウムを火をつけて燃焼実験しましたよね、そんな感じです。

一か八か接続してみるか、それとも安全を見て専用充電器を購入するか?

メーカーの回答では、何とか許容値の範囲で収まっているのですが、CPUで充電状態を見て、電圧を可変するようです。

13.5V以下になることはないとは思うのですが確証がない。

充電器メーカーに確認すると、小生も持っている充電器は鉛バッテリー専用とのこと、しかし バッテリー側で14.4Vに対応していれば充電できないことは無い様なのですが保証の限りではございません。

当たり前の言葉が返ってまいりました。

結局、専用充電器を購入することに致しました。(トホホ)3279

安物のサラリーマンは、冒険ができません。

少々高くとも、専用充電器をやむなく購入。

おバカですね、本来はバッテリーを購入する前に調べて購入するのが普通なのですが、先にバッテリーを購入。

賢い人はちゃんと調べて購入するのが普通ですよね。

ここが、安物のサラリーマンなるゆえんなのでしょう。

来月は、カードの請求で、家内に愚痴を言われることを覚悟しなくてはなりませんね。

衝動買いの結果です。

しばらくおとなしくしていようか?・・・。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/664767/33983115

充電器の話(チョイト堅い話)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。