アクセスランキング

« おっと!アブナイ!セーフ! | メイン | 重要!  Blogの引越し »

2016年12月 6日 (火)

飼いつけ場

季節の変わり目で、水温が安定しない時期。

魚の反応もイマイチ、釣れないね。

そんな中、遊漁船はいずこへ?

釣果情報を見てみると、ハマチにカンパチetc・・・。

プレジャーボートが近寄ってはいけない場所、そこは 飼いつけ場というところ。

遊漁船たちが、せっせと餌をまいて魚を居付かせている場所、何処にあるのかもわからないですが、広い海上でポツンとあるようです。

何の標識もない、しかし立ち入ると大変怒られる場所でもあります。

しかしこの時期の釣は難しい。(年中難しい状況ですが・・・(笑))

小生も、釣れない時期はハタ釣りにでも専念しようかと現在、思案中。

釣れなくてもいい、いつかはかかって来るハタ。

巷でも、印南の漁師が延縄で12月3日 クエ 32kg

    見老津沖で、今年140cm 40kgオーバーのクエ。

クエとまでは行かずとも、マハタにキジハタ・オオモンハタ ハタなら何でもよい!

根気よく狙うのもいいかもしれませんね。

生き餌で釣るのが通常なのですが、漁師は延縄の餌に、カツオにマグロなどの青物の切り身を付けて釣るようだ。

それなら、竿釣りでもつけていればいつかはかかってくる可能性はある。

狙ってもいいように思う。

どうせ、万年不釣の小生なのですから、どんな釣り方をしても結果の釣果は変わらない。

そのひと時を、どう楽しむかで釣りの価値が大きく変わって来るものです。

仕事が忙しくなると、なかなか行けない。

行けないから、出れば楽しめる。

これも満喫する一つの流れかもしれませんね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/664767/34012693

飼いつけ場を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。