アクセスランキング

« 重要!  Blogの引越し | メイン | 久方ぶり・冬の釣!(Part2) »

2016年12月11日 (日)

久方ぶり・冬の釣!(Part1)

12月は仕事が忙しくなりそうなので釣りはできないね!

っと思っておりましたが、予定していた仕事がことごとく延期になった。

そんな中、休日を休めるようになったため天気予報を見ると、日曜日は何とかなりそうな状況がうかがえる。

Jmap1


大丈夫かも?

等圧線が横向きなので、何とかなりそうですが少々風が出ている状況が伺えますが、月曜日に向かって凪の方向なので・・。

少し、天候の変化が早まればいいのですが。

早速、茨木で一人寂しく苦難の仕事をしているO村さんにご連絡。

うっぷん溜まってる?

・・・もう・・・・・・・レッドゾーンです。

小生の会社のグループの高倉 健ことO村さん、小生は、西田 敏行かな?

早速、日曜日行きませんか、是非・是非とのことなので久しぶりに海に出ることを決意いたしました。

しかし、季節はもう冬 今週末は急に冷え込んで真冬の様相、波風と戦いながら釣れない時期の釣となりそうですが、のんびり’釣れんな~’と言いながら釣り糸を垂れるのを楽しみにする。

今年 最後の釣りになるかもしれません、毎年正月用の魚を確保すると言いながらなかなか行けないのが現状ですが、今回は少し早めの釣行となりました。

どうせ、釣れないのなら釣れないことが当たり前の底物師になろう!(イシダイ釣師ではございません)

で、小生はハタ釣師の方向へ向かうことにいたします。

釣り物は、後に書くとして先ずはタックルを考える・・・・・・。

今のグラス無垢ロッド 弁慶245M これは、これでいいのですが錘をぶら下げる適正荷重が~200号、200号をぶら下げるとどうしても荷重が胴に載ってしまいアタリが取りにくい。

もう少し、硬ければ・・・。

そんな訳で、手始めに弁慶245HHを購入する。

Img_06621200号~350号 キハダマグロでも釣り上げれる竿を購入。

これで、大体のフィールドに出向けるオールラウンドの状況が揃いました。

Made in Japanで、非常に品質や使い勝手がいい竿で、その上、リーズナブル。年に一度の安売期間に入っていたため、迷わず購入いたしました。通常は、¥35,000-なのですがこの期間だけは¥25,000-

今回は、この竿を主力竿として釣行に挑もうかと思っております。

ハタ釣師(以降ハタ師と呼ぶ)を目指して沖に出ます。

どうせ釣れないなら、釣りにくい魚を狙いましょう・・・の、単純な論理で決めてしまいました。

極めるまでできるかどうか、わかりませんがとりあえずやってみることに・・・。

イシダイのような高価な餌は使わず、今回はこれ。

Img_06641

いつものスーパーで購入した、サバ1匹¥100×2

イワシ 10匹 ¥100計 ¥300也

あとは、保険でエビを持って行くことに致します。

本来なら、生き餌を使用するのがいいようですが、あえてそこを避けて挑みます。

男前なハタ師に向かうにはこれぐらいのハードルは必要でしょ。

どんなものが掛かって来るか楽しみです。

ハタ師と言いながらも、フィールドはいろいろな魚が居る場所。

カサゴに青物 etc・・・・。

単に、いつもの釣の延長ですね。(笑)

さて、ハタ師を名乗るのであれば何が釣れるかをご紹介しておかないといけない。

ハタ科の魚は非常に種類が豊富なので比較的、相手をしてくれるメジャー級のものをご紹介。

2011040213s【オオモンハタ】

南紀の浅場ではこれが、一番多い。

写真はNetから借用しております。


40cmオーバーだと★★★★

110901houseki

【ホウセキハタ】

オオモンハタと見分けがつきにくく生息域も同じで、たまにオオモンハタに交じって釣れるが数は少ない。

Imgp0099キジハタ(アコウ)】

水深30mまでの浅い場所で釣れる。

浅場の魚ではダントツの美味★★★★★

オレンジ色の斑点が特徴。

場所によっては防波堤からでもまれに釣れる、先日、会社の女性から変わった魚釣れて針外せなかったので放流したと聞いて驚いた魚です。

この魚を捨てる人がいるんだ~?  ってことはあまりメジャーじゃないのかもしれません。

Aohata【アオハタ】

青くないのにアオハタ。地域ではキハタ

と呼ばれる。

比較的、浅い海で生息しオオモンハタ同様小型のハタ。

Img_4

【マハタ】

ハタ師の本命魚

大きくなるほどおいしくなる魚。

老成魚は、縞模様が消えて1mを超える。

水深が比較的深い場所に生息。

Img_0228_2クエ】
究極の魚。

天然ものはいつかは釣れる程度、狙ってもなかなか釣れず、5kgを超えると超美味★★★★★


浜値でキロ1万円の高級魚

Turi000000003アラ】

これはまだ、和歌山ではお目にかかったことが無い。

1mを超えるものが非常に美味らしい。

クエと肩を並べる高級魚の鍋に使われる。

8dc65650

【バラハタ】
南方系のハタ。

大型になるハタで非常においしいらしいのですが地域によってはシガテラ毒を保有するものがいるので注意が必要。

大型の魚を食する場合は注意が必要ですね。

ハタ科の魚は大型になるものが多く、釣りの対象魚としては文句なしですね。

さて、これから準備にかかります。

これから、荷物の軽量化に挑もうかと思案中。

機会があれば、荷物の軽量化についてもご報告いたします。

写真引用

fishing-labo.net

kirksenchou.blog8.fc2.com

shinyuukaizukan.naturum.ne.jp

blogs.yahoo.co.jp

kouzushi.com

jpegwww5.plala.or.jpより

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/664767/34016319

久方ぶり・冬の釣!(Part1)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。