アクセスランキング

日記・その他 Feed

2016年5月26日 (木)

ヒールに踏まれてカ・イ・カ・ンではない!!

毎日、蒸し暑くなりました。

サラリーマンにとってつらい時期の始まりです。

毎日、朝のラッシュにもまれ汗だくになりながら会社へ向かう、会社に到着すると

省エネ28度設定。 扇風機が回っている。

単純に考えるのではなく、PMVなどの快適度指数を用いての温度設定、コントロールを考えてほしいものです。

特に電車の中は、満員電車で世のサラリーマン親父たちは大変です。

片手にカバン、片手に吊皮、腕には傘を持ち。その上、手は上に挙げていないといけないのですから。

なぜ?・・・。

無実でも、この人痴漢です! と言われてしまえば、人生が終わってしまう。

これは、サラリーマンにとって恐怖そのものですね。

そんな日々を過ごす中、今日は満員電車の中で前におめかしした女性が立った。

これは、やばい! 両手万歳!! 

つり革にしがみついて、手は絶対下せない!!

少しでも距離を開けて逃げなければなりません。 緊急事態です。!!

結構、世の中のサラリーマンは、苦労しているのです。

前に立った女性は、何も気にすることもなくスマホをいじりながら電車は進みます。

ホームが近づきき電車が、ガタンと揺れた!

女性がふらつく、これはやばいと満員電車の中で触れないようにと体を逃がすが、

足がついてこない。

その瞬間、グサッ!

痛ったー!  マジ!  このお姉さん、ピンヒールはいていたの?

Jmzg4uhtfbqspzj_knn7f_185

革靴を貫通したような激痛が走る!!

でも、何も言えない、よけることもできない。

サラリーマンのつらい一日の洗礼がここから始まるのです。

おじさんたちは、臭い・汚いとののしられながらもひそかに、遠慮して細々と生きているのです。

しかし、今日は朝から痛い洗礼を受けて、仕事に追われた一日でありました。

週末の釣で、発散することにいたします。

2016年5月22日 (日)

魚より先に興味津々。

まだ、空が白んでくる前、日の出前の時間帯に田辺に向かうたびに走る道、海岸沿いに、ひたすら続く2車線の国道。

ひと昔前、小生が免許を取得したばかりの頃は、白浜といえば車で行くには関西から広島・山口へ行くぐらいの覚悟が必要なくらい遠い場所であった。

国道26号線から42号線に入り、延々と続く渋滞を我慢しながら我慢強く向かうところでありました。

夢のハワイではなく、人気の新婚旅行先の白浜。

活気がありました。

しかし、今や高速道路が延伸されて大阪から2時間。

国道の交通量もあまり苦にならない程度に減ったように思えます。(夏場の休日は除く)

特に早朝、田辺に向かう時間帯は空いていてちょうどいい。

そんな国道42号線を走っていると、南部町に入ると釣りえさの卸のような建物がカーブの途中に見えてくる。

前々からどうも気になっていた。

こんなところに釣り餌屋さん?どうも工場のような雰囲気。

どんな釣り餌を扱っているのだろう?と思っておりましたが、

和歌山県日高郡みなべ町埴田    

総合釣エサメーカ 株式会社 浜市さんの本社・工場であったことが判明。

結構、いつも釣り餌ではお世話になっているパッケージの商品の数々・・・・。

なんだか、非常に身近に思えてきた。              写真は浜市さんHPより

Okiami_12

Sendo_01

いつも使わせていただいております。

ひょんなことから、釣りえさのいいのがないかを探していると、何やら鯛ラバ用にネクタイの代わりに生餌で代わりになるものが登場。

名前は、”スキッドウェーブ” イカ切り身加工品となっている。

イカを加工して短冊状に伸ばして着色したものの様です。

イカ短ネクタイ?

どうせ、小生は魚に嫌われがちなので嫌われついでに次回使用してみようかと考える。

これって結構、面白いかも?

マダイから中深海の釣りに結構、利用できるような可能性が広がってくる。

Miesa_25

これは結構、使えるのではないだろうか? 

その名のとおり、ウェーブがついているので短冊が海流によって踊ってくれることが想像できる。

メーカーでは”細切りのイカ切身を赤・黄・緑の3色に染色。イカ特有の臭気が魚を誘います。

鯛ラバのネクタイ代わりや五目釣りなど幅広い用途でご利用いただけます”

しかし、鯛ラバでは何やら禁じ手だそうです。

鯛ラバに生餌を付けるのは禁じ手?  結構、いたしますが・・・。

餌で釣るのであれば、普通に針に付けてフカセで釣るほうが釣れるかもしれませんね。

釣り人の心理でございます。

次回は、5月29日(日)に天気が良ければ向かうことにいたします。

2016年5月18日 (水)

ひょんげ市場

先日、龍神温泉に行き立ち寄らずに通り過ぎた、丹生ヤマセミの郷のみどり(仮称)さんから、Blogでご返事が・・・。

Photoネットより転用

底物師でありアユ師でもある、男っとこ前の釣りをされる女性なのですが、ここ数年龍神 ヤマセミの郷に出没する(働いておられる)山姥となっているそうな。

そして、そのご返事の内容が・・。

”山奥ではお魚を生で食べるのはめったにないので「贅沢なこと」と喜ばれ
今度は温泉で「ひょんげ魚市場」をしたいと考えてます。
※ひょんげ(龍神語で変なという意味)

まー、なかなか山奥の温泉に来てくれないから、何かおもろいことあったら来てくれるかなーとね。
魚の値段はお客さんが決めてくれてもええかなーと。
働く側の楽しみも増えるし・・。

お魚をちょっと安く分けてくださいな。
お願いします♪”

ひょんげ市場、いいですね~。 大阪弁で言うと、けったいな市場ですね。

出来る限り応援したいと考えますが、当倶楽部で釣れる魚は、少量で大きさも小さいものばかり。

単独では市場レベルには程遠い。

どういう風にして多くの魚を確保するかが問題です。

また、キャンプ場と温泉なのでお若い方が客層と考えます。

そのため、新鮮なものをある程度下ごしらえをして提供するとか考えないといけません。 Mどっちさん忙しく(楽しく)なりますよ。

流通の問題も大きな壁になりますね。

倶楽部の気のいいメンバーには、お話ししてみますが、龍神まで持って行くのがネックとなりますね。

また、マリーナのボートオーナーさんの協力も必要となりますね。

時々、印南在住のS田さんやマリーナのM上さんや、M本さんや、集まるお仲間などのいろいろな方が有志で協力し合って楽しみながら盛り上げて行くのは非常に面白い事でしょうね。

先ずは、Mどっちさん、皆さんにアプローチを・・・・・・。 

  と言いながらBlog見てないでしょうね。

そして、市場はお客さんが多い土曜の夕刻または、日曜日の朝がいいのではないのでしょうか?

ってことは、土曜日の朝に釣りに出なければなりませんね。

また、平日に上がった魚は、干物ですね。

マリーナにひょんげ市場に参加しよう!のポスターを掲げるのも一つです。

そして、ある程度 継続的に軌道に乗れば ちちんぷいぷいのようなマスコミへのアプローチが必要となります。

丹生ヤマセミの郷というバックボーンがあるので比較的ハードルは低いように感じます。

もし、放送されると一気に、忙しくなりますよ。

夢のある楽しみ方です。

自由の女神(ひょんげの女神)は発想が違います。

素直に、皆さんに喜ばれることを受け止めれるのですから。

小生も、見習わないといけません。

勝手に、講釈を書いてしまいました。 

2016年5月16日 (月)

我が家の奥方様から下知が・・・。

土曜日に、へとへとになりながら帰宅。

釣り道具のかたずけも早々に寝てしまった。

そして・・・・。

前日からの釣の心地よいけだるい疲れが残る翌朝、居間に入ると何やら荷物が置いてある。

そして、テーブルの上を見ると何やら我が家の奥方様から書状が・・・・・・。

"龍神温泉に行きたいので、朝準備してください。"

あら?

昨日も田辺に行っていたのに、今日も田辺に行くの?

田辺市は大きい、マリーナのS本さん曰く、近畿の市の中では一番大きな市だそうです。

下知が出ているので、今日予定していたことを慌てて処理しなければなりません。

最初に、昨日の魚を干物にするため、捌いて塩水に浸ける。

塩分濃度は、漬け込み時間が短いので少々きつめにして漬け込みました。

Img_02951

そして、カマスにアカムツはサイズを測って、今晩の食事の下ごしらえを行います。

龍神から帰ったらすぐに食べれるように下ごしらえ。

Img_02931

Img_02941

出発までの1時間の間に、魚の下ごしらえ、道具の手入れとバタバタと済ませて

さあ、出発。

青天の休日。

00040006

龍神温泉へGO!

有田経由で行けば、大阪から2時間半、意外と近い。

急遽、観光場所を探しながらの龍神温泉行となりましたが、適当に見繕って

出発進行。

晴れた気持ちのいい高速道路を走る。 快調・快調。

ふと、横を見ると我が家の奥方様は、助手席で爆睡。

1時間ぐらい寝かせておこう。

1時間後、美山の郷に立ち寄りしばし散策。

椿山ダムは、以前に仕事でよく伺いましたが、観光で来ていないのでほとんど周りを見ておりませんでしたので、今日はゆっくり見ることに。

意外と観光ように整備されていますね。 案内のフクロウのモニュメントや花時計は壊れておりましたが・・・。

Yahho02

せっかくなので、日本一の山彦(やまびこ)ポイントに釣り橋を渡って見てまいりました、多くの家族連れや、観光客がヤッホーポイントからバカヤロー!~、ヤッホー!とストレスを解消。

皆さん意外とズ~ッとやてます。

綺麗に山々に反射して聞こえてまいります。

そして、1.5kmの藤棚ロードを探すものの見当たらない。

どうやら、森林公園にん入場して行かなければたどりつけないのではないかと想像する。

多くの観光客を招き入れるのであれば、細かいことは抜きにして、身近に立ち寄れるようにすれば今の時期は地域活性にもなるのにと感じながら美山を抜けることに。

そして、龍神温泉を目指しますが、途中 ヤマセミの郷の看板が・・・・・。

通り過ぎると、和歌山のあの、みどりさんが 何で通り過ぎるねん! と言われそうなのですが、今回は 奥方様の下知。

龍神温泉 元湯を目指します。

元湯がいっぱいだったら、寄りましょうということにいたしました。

123846434240316131501_dsc00456

早速、混み具合をチェック。

あれ?   客が少ない?

少し時間が早かったせいか、空いておりました。

男湯は客が数人。  のんびり、ゆったり気分で温泉を堪能。

Dscn1041

温泉を出ると、昼も過ぎておりましたので昼食と考えましたが、龍神温泉は食事をするところが非常に少ないところ。

宿に泊まるのならいいのですが、立ち寄り湯はお風呂だけ。

数件の食堂があるだけで、これといった名物料理もない。

そんなこともあり、有田まで戻って食事をすることに・・・。

結局、有田でもいいところがなかったので大阪で食べました。

おっと、ヤマセミの郷 立ち寄るつもりでおりましたが、龍神から戻る424号線は

看板が無く、知らぬ間に分岐の交差点を通り過ぎてしまっておりました。

またの機会に立ち寄ることにいたします。

午後5時 Misson 終了。

あ~疲れた。

2016年5月12日 (木)

夏もち~かづく~八十~八夜。

子供の頃から釣りを始めて、もう何年になるのだろうか?

小生が子供の頃といえば、もう40年以上前のことですがメンバーのY田さん・K村さんと自転車で野池に行きフナに雷魚。

この頃は、大阪市内にも野池が多く存在しておりました。

大和川で野鯉に河口でボラ 針にナイロンを取付けて投げて引っ掛ける釣りでしたね。

高度成長期の真っただ中、環境・公害対策に企業があまり取り組んでいない、この頃の魚はどれも食べれません。

近くの川は紫色でした。

表現が不適切かもしれませんが、現在の中国のような状況かと・・・。

そして、自転車で大阪南港へ休日の度に通っていたように感じます。

南港も埋め立てが、まだ進んでおらず海が比較的近いところにあったように思います。

我が家から自転車で20分も走ると海に突き出た岸壁に到着できたように記憶しています。

サバにイワシにアジ・太刀魚 現在でも釣れているのですが、数も大きさも現在とは比べ物にならないくらい釣れた記憶が残り懐かしい思い出ですね。

本格的にサーフフィッシング(投げ釣)を会社の仲間と始めたころ、先輩の投げ師にこんなことを教わった。

夏の魚は、八十八夜を超えないと釣れない。

それまでは、我慢の釣りだと教えていただきました。

昔から、季節のタイミングを24節気で表して作物やいろいろな事柄に活用されていますね。

昔の人は偉かった。

で、八十八夜は、24節気で1年の始まりの立春から八十八夜目、昔は大陰暦なので月が基準だったようです。

24sekki

Wikkipediaより

今年は、八十八夜は5月1日、毎年 立夏あたりになります。

しかし、八十八夜を少し超えた、今回の釣りは・・・・・・・・撃沈でした。

季節・節気に関係なく、今回の釣行は天候と船頭が悪かったように思えますが、

周りの皆さまは、そこそこあげられておりますので、単に船頭が悪かったのが敗因の様ですね。

言い訳がましくなりますが、船をポイントにつけるのは非常に難しいのです。

風と潮の流れと船が行き着くポイントを予測してアンカーリングするのですが、

なかなかうまくいかない。

流して釣るも、魚が相手をしてくれないが、前回の釣りでした。

しかし、これからしばらくの短い間が非常に面白い時期に入ります。

上りガツオが入ってくるこの時期から、魚たちが産卵を終えるころまでが特にいい時期ですね。リベンジを兼ねて天気のいい日にお願いしようかと考えていますが、なかなかいい日が見えませんね。

S田さんが落ち着いたころにお願いしようかとも思いますが、49日を超えるまでは無理でしょうね。

これから徐々に仕事が忙しくなってきます。

また、政府から勤務時間の制限を厳しく通達されて、ますます仕事に対してハードルが上がり、難しくなってきました。

普段の仕事もいかに効率的にするかを考え、釣りもいかに限られた時間を楽しむかを考えないといけない時代になりました。

自然の中に身を任せてどっぷり浸かって楽しむことが大切ですね。

K村さんも、全国のとある業界の副理事になり休日がほとんどない生活。

偉くなった?っと聞くと、偉くなった!!

偉くなるとプライベートがなくなります、小生がよくK村さんに話をするのですが、趣味と仕事が一緒の場合は別として、自分の今後にあたえられた時間で家族との時間・趣味や好きなことができる時間がどれだけ与えられているかを考えて今の行動を考える時期に来ているのではないかと話します。

そんなことを考えて行動して丁度いいのではないかと。

この世代になるとほっておいても周りからの要求で、すべき内容が決まってきますので、どこかで隙間を作る努力は必要です。

気が付いたら、体の自由が利かなくなり、ある日、あるのはたっぷりの時間だけ・場合によれば病院のベットの上で寝ているだけの状況は避けたいものです。

おっと、硬い話になりました。

要は、自分の可能な範囲で楽しむときは思いっきり楽しむことが大切なのです。

小生のような安物のサラリーマンが遊ぶ範囲は非常に狭い(小さい)ですがね。

楽しみに大小はございません。

自分の器の範囲内で工夫して楽しむことが大切でございます。

2016年5月10日 (火)

休日の最終日

我が家の屋上の畑、・・・単なるプランタでの家庭菜園ですが、毎朝 目が覚めると水を与えるのが日課となっております。

日の出とともに、カラスが暴れまわり(ここ数年異常に増えたような気がいたします。)、すずめがチュンチュン鳴きながら肌寒さが適度に気持ちのいい朝を迎えます。

これから、この明るくなって、太陽の日が差し込むまでの時間が気持ちのいい朝となりますね。

001300023月末の状況

さて、家庭菜園ですが、3月にいろいろ種をまいたり、苗を植えたり整備しましたが

順調に育っております。

収穫が楽しみです。

Dsc_0345_3

先日、イチゴが数個 ちょうどよい大きさで実りましたのでつまみ食い。

程よい酸味で、朝のまだ寝起きの胃袋にやさしく収まりました。

Dsc_0346_3

天気がいい、最終日。

こんな日に釣りに行けばよかったと後悔しきりなのですが、仕方がありません。

今日行くとなると、渋滞、明日に疲労を持ち越してしまいます。

そんなことから、朝から菜園いじりにを終えて網戸の網の交換。

築30年ともなると、いろいろ家も傷んでまいります。

網戸の網が経年劣化で破けてしまい、時間のある時に交換しようと思いながら

そのままでしたので、ようやく交換する気になりました。

交換用の網とローラー・押さえのゴムは先日、コーナンにて購入しておりましたのであとは交換するだけの状況でした。

意外と安く、網戸2枚分の材料で¥500-程度。 手間を惜しまなければ安上がりです。

早速、交換作業にとりかかる。

説明書を読む、フム・フム・・簡単・簡単・超簡単。

道具を準備して窓枠を外す。

わっ!真っ黒。 きたない。

で、窓の水洗いから始めることになりました。

実を言うとこちらのほうが時間がかかって大変でした。

大阪の空気がいかに汚れているかがよくわかります。

窓全体を綺麗に洗剤で洗い流し、網戸の窓枠を外します。

そして、破れて破損している網を外すのですが長年の劣化のため、押さえているゴムが石膏の固まった状態のように硬化している。

マイナスドライバーなどできれいに取り除いて枠だけの状態にする。

Dsc_0347_1

古い網を取り外し、ここまで来れば終わったも同然。

楽勝・楽勝。

そして、網を強いて位置を合わせる。

ズレないように、洗濯ばさみで挟み込んで、後はローラで止めゴムを抑えて行きはめ込むだけ。

あっけなく、終了。

そういえば、我が家のばあさん 少し前に網戸の張替えのデモンストレーションをコーナンで行っていたので、我が家の網戸を持って行き、張替をデモンストレーションの材料でやってもらって帰って来た。

これはこれで強者です。

こんなに簡単なら、いつでもできそうです。

ただし、網戸の掃除をしている状態に限りますがね。

2016年5月 1日 (日)

ゴールデンウィーク(序章)

いつの時代から、このような休日ができたのだろうか?

調べてみると、昭和23年に祝日法が施行され4月末から5月初めにかけて祝日が多く設定されたため、休日が連続する期間ができ大型連休ができるようになったようでそのころに流行った映画があったため映画界からそういう風に言われるようになったとか、欧米人と違い小生も含む世の日本のおじさんたちは休日の使い方がとっても下手な上に一斉に行動する国民性でどこに行っても混雑する。

欧米の方は祝日と休暇を合わせて、自分のペースでバカンスに出られるのでそんなに集中するようなことが無い様ですが、小生のような安物のサラリーマンは休日の過ごし方が非常に難しい。

時間があっても、どうも遠出をする気になれない。

10連休の期間をどうするか思案何処です。

家内を連れて、行き会ったりっばったりの旅をするか?

日頃できない家の掃除や片づけを徹底的にするか?

はたまた、普段読む機会がない本をまとめて読破するか?

高尚な趣味をしていれば、本を出版するための準備にかかるなどをするのですが

そこまで極めておらず、高尚な趣味を持っていないので出来ないものです。

休日の早朝、Y田さんと釣行の予定の話を行い、そのまま釣具屋さんへ行く。

以前から使用していた、コーナンブランドのクーラー30Lを使用していたのですが

とうとう、魚や氷の重量に酷使され、疲労がたまり前回の釣行で蓋が割れてしまいました。(上に座ったことが致命的となった模様)

魚釣りにはやっぱりFishing クーラーがいいのが当たり前。

そんなことで、フィッシングマックス 泉大津店でシマノ製のクーラー25Lを購入。

便利な工夫が各所に施され、蓋の開閉・水抜き・取っ手などの扱いがいい、その上 保冷力が強いのが特徴ですね。

価格と重量と保冷力(時間)との兼ね合いで決定することが大事なことです。

25036_lineup1

またまた、衝動買いをしてしまいました。

休暇中は、2~3日釣りに出ようかと予定しておりますが、先ずはスケジュールを週間天気を見ながら決定しないといけません。

この日とこの日・・・。 

日程は決定しましたので詳細はこれから考えることとなりました。

そして、時間があるので我が家の屋上の家庭菜園の草むしりなどの手入れをすることにいたします。

仕事がひと段落した3月に種をまき、また苗を購入して育てておりますが、そろそろ雑草たちが気温の上昇とともに、暴れだしてきましたので雑草を取ることに。

Img_02301

この作業は、種から芽を出した菜園の苗もむしってしまうことが多く、葉物野菜の

プランターは慎重にしないっといけません。

今年は、豆類にブロッコリー・ピーマン類・なすびにきゅうり・そしてスイカにイチゴにブルーベリー。

Img_02331

Img_02341_2

Img_02321

どれだけ収穫できるのだろうかとも考えながら、毎朝 水を上げております。

まあ、食事の一品になればそれでよしです。

そうこうしていると、S田さんから電話がかかってまいりました。

朝にご不幸があったそうで、GW(ゴールデンウィーク)中は海に行けないとのこと。

事前に聞いておりましたので、不慣れな船頭の小生がこの期間は船を出すことにいたします。

天候を慎重に考えないといけません。

事故の無いように安全第一で行くことにいたします。

2016年4月16日 (土)

Ocean SunFish

今年のシーズンインも先日幕開け。

天候に恵まれて、べた凪・心地いい海上での一日でありました。

そんな中、珍しい訪問者に海上で遭遇。

釣り糸を垂れていたメンバーが、騒ぎ出す。

でか!

珍しいね!

やっぱり、寝て泳ぎよる!

そうです、珍客はマンボウ。

Wiki02

写真はウィキペディアより。

あいにく小生は、水面下に潜る場面しか遭遇いたしませんでしたが、形から愛嬌のある有名な魚ですよね。Img_0191

愛嬌のある優雅な魚です。

Wiki01

写真はウィキペディアより。

マンボウ:英名 Ocean SunFish  当倶楽部のトレードマークになりそうな魚ですね。

この魚、成魚はとっても大きい魚で 体長3m 重さ3トンにもなる魚なのです。

前回遭遇したものは、まだ子供ですね。

フグ目マンボウ科  フグ目?食べられるの?

食べれるようです。  

非常に鮮度が落ちるのが速い魚と記載されていたので、食べる場合は、新鮮なものを食すようにいたします。  買ってまでは食べる気がないので釣れたら食べます。

食べれる場所は、身と肝と腸  身は水分が多く、腸は寄生虫を取り除いて湯引きなどで食べるようです。

しかし、この魚は絶滅危惧種に登録されている魚です。(捕獲制限はないようです)

ちょこっと、当倶楽部と比べてみる。

・SunFish(マンボウ)    ・当倶楽部(SUN Boat Fishing)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー       

先ず第一に魚なのに泳ぎが下手! 長年釣りをしているのに魚を

                 釣るのが下手!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

非常におとなしく警戒心がない。    来るもの拒まず、のんびりした

                        おじさんの集団。

                                                        温厚集団。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

多くの寄生虫に侵されている。   持病を持ったメンバーばかり。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

神から授かった魚         停泊するマリーナは繁盛。

多くの魚を引き連れてくる魚。                  (本当かな~?)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんなところでしょうか、愛嬌があるのでクラブのイメージロゴに使用しようかとも

考えております。

熊本では地震ですごいことになっているのにのんびりBlogでした。

2016年4月14日 (木)

Mission: Impossible

先日より当倶楽部もようやくシーズンIN!

しかし、潮との相性が悪く釣果はイマイチの状況でしたが、後日 マリーナに来るKさんがチョイト出かけて大マダイにハタ、やっぱり地元の強者は違いますね。

当倶楽部では、Mission:Impossible!

なかなか難しい言葉ですが、トムクルーズ主演で映画化されて非常にメジャーナ言葉になりました。

元々、アメリカのTVドラマ”スパイ大作戦”1967年から1973年まで放映のあれです。

そう、導火線に火がついて始まり、指令が終わるとテープレコーダーが燃えてしまう

あれです。

Img_00001

ご存じないお方もたくさんおられますが、懐かしいドラマです。

おっと! 話がそれました。

Mission:Impossibleの和訳は、不可能な任務。

それでは、当倶楽部のミッションインポッシブルをまとめてみました。

これは、船上で話をして釣りたいね~の魚たちです。

・マダイ 1m 10kg以上

・クエ・アラ  1m 20kg

・キンメダイ  50cm

・ヒラメ    80cm

・キハダマグロ.メジマグロ    25kg以上

・イサキ    50cm以上

・イシダイ   60cm以上

・ブリ.カンパチ 1m以上

・カジキマグロ 1.5m以上

・カツオ    60cm以上  5kg以上

などなど、皆さん好き勝手に話を膨らませておりますが未だかつて釣れたことは

ございません。 引っ掛けたことはあったかな?

しかし、釣れないサイズではないのですがなかなかうまく遭遇しませんね。

目標は大きく、小さな魚を釣るをモットーに当倶楽部はめげずに沖に出ます。

Mission:ImpossibleのImpossibleは不可能の意味ですが、I'm(否定)+Possible(可能)の合成語・・・・・・・・・・・?

ってことは、I'mがなければ可能になる!

?? I'm=小生が行かなければ大物GETは間違いなし!!

小生が参加しなければ、可能な任務になりますね~。

懲りずに参加することにいたします。

2016年4月 6日 (水)

今週末、釣行開幕!

長い冬を乗り切り、とうとうシーズン突入!

P1000691

4ヶ月のブランクを乗り切り今週末は沖に出ることが決定いたしました。

今回のメンバーは、S田さん(手術退院後、一週間なのであまり無理はできません)・O村さん・Y田さん・O本の計4名での出陣予定。

最終的には直前の天候で決まりますが今のところ決行予定です。

久しぶりだな~。

12月にアクシデントがあり、皆さん仕事が忙しくなり、S田さんは入院して手術、この4ヶ月間久しぶりの空白でございました。

最近の遊漁船の釣果を見ると・・・・・。

チヌの乗っ込みが始まっているようで、30~50mあたりでチヌ・マアジ・マダイ・グレ・イサキぼちぼちよくなってきていますね。

50m~100m  マダイ・アカイサキ・カサゴ・サバ

100m~200m レンコダイ・アオハタ・カサゴ・サバ・メダイ

深海      ヨロイダイ・アコウダイ・キンメダイ・ムツ

なかなかチョイスが難しい状況です。

深海は天候に左右されるばかりか当たり外れがはっきりしている。

その上、場所もわかりません。

中深海から60mくらいのエリアを攻めるのが最も無難なのでしょうか?

仕掛けもタックルも同じもので通用する。

海の状況は、今週は激渋状態!

深海は比較的安定して釣れている模様。  悩み何処ですね。

しかし、ブランクが長かったのでいきなり深海っていうのもいかがなものかと考えます。

先ずは、新しい船を清め塩でお清めをしてから出船ですね。

結果はどうであれ、釣りに出ることがいいのです。

クラブのホームページを書き換えなくてはいきませんね。

全然メンテナンスしていないので、変更方法を忘れています。(笑)

ぼちぼちする事にいたします。

2016年4月 3日 (日)

春だな~。

春といえば・・・・・・。

さくら、桜が開花して今週は花見のシーズン。

先日、花見に小生も行ってまいりました。(夫婦二人で団子とイチゴを袋に入れて近くの温泉とセットで行きました)

車を運転しないといけませんので、酒は抜き。

どこへ?

当初は、京都大学さんにお伺いしようと考えてたのですが、近くに桜がいい公園があるとのことで、泉南 永楽ダムへ。

Dsc_0290

小さなダムですが、公園も整備されていて花見や紅葉にはもってこいの場所。

結構穴場的存在の場所ですね。

駐車料金も無料で、設備も整っている。

天気は今一つでしたが、人も少なく桜の下でしばし、のんびり。

Dsc_0291

団子を食べながら、公園のあちこちで うぐいすなどの野鳥たちのさえずずりが心地よく聞こえて、春の雰囲気を盛り上げてくれておりました。Dsc_0296いい一日です。

そして、3月にマリーナにお伺いして船の様子を見て4月に入ったら出すと思いますよとお話ししておりましたので、かねてから行けるときに行かないといけないと思っておりました住吉大社へ。

毎週、朝の散歩には行っているのですが、お宮さんがまだ営業前なのでなかなかうまくいかない状況でありましたが、少し朝の散歩の時間を遅らせて行ってまいりました。

なぜ?

大阪のパワースポット 住吉大社

Dsc_0309

以前にもお話いたしましたが、住吉大社さんは海の神様。(なんでもありのところはありますが・・・。)

しかし、ここは明治時代までは すぐ目の前は海。

漁師や海運を営む方々がお参りする神社です。

Dsc_0310

日本最古の灯台があるこの地の神社。

そこで、新しい船の安全祈願。

そして、清め塩に祈祷をしていただいたお札を準備いたします。

Dsc_0304

少し時間はかかるのですが、釣りをされる皆様の安全が第一優先ですからね。

Dsc_0312

次回の釣行時に持って行くことにいたします。

O村さんと4月9日土曜日あたりに行きましょうかとも話をしておりました。

天気次第ではありますが、そろそろ出陣でございます。

楽しい時間を過ごせるようにお参りを行いましたので、ご安心。

2016年3月30日 (水)

いつするの? 今かも?

最近は天気のいい週末にめぐり合わせています。

しかし、冬型の花冷え。 寒の戻りで釣りには行けず。

何するの?  とりあえず行動あるのみ。

いちごなんたらフェスタやっているから、六甲山にでも行こう!

で、家内をたたき起こして、六甲山へGO!

といっても、とっても近い。 1時間もあれば到着してしまいます。

なので、何をどうするもなく、行動に移して展望台に到着。

Dsc_0274

春霞で、もやがかかっております。

花粉に、PM2.5でしょうかね?(意味が違いますね)

休日の、六甲山の展望台はいつもスーパーカーが勢ぞろい。

皆さま、お金持ちばかりなのですね。

しかし、ポルシェが多いこと 半数以上がポルシェ。

みんな、飛ぶようなスピードで走っていますが、高価な車で小生はそんなことは絶対できません。(先ず購入することすらできませんよね・・・・)

安物のサラリーマンには夢のような車ですね。(笑)

そして、いちごなんたらフェスタを探すが見当たらない。

結局、山頂付近のガーデンテラスのお店で集ってやっているようでした。

六甲山ガーデンテラスでイチゴシュー。

Dsc_0277

六甲山牧場で、Dsc_0278_2

お決まりの牛乳にアイスクリーム。

そして、牧場で羊にヤギ、馬に牛。

こっそり、家内がニンジンを切っ持ってきていたので餌をあげる。(本当は餌を買わないといけないのです)

餌をあげていると羊の大群に囲まれ、これはまずい!

羊が集まると、人も集まってきた!

ひと慣れしているので、餌を催促してきます。

で!

そのあとジンギスカン、人は残酷ですね。

牧場内は、関東からの観光客や中国・台湾?からの観光客がほとんどでございました。

何だか、時間を気にせずのんびりさせていただきました。

そして翌朝、我が家の空調の室外機の台が崩落!

見に行くと、庭がジャングル。

1年ぐらいほったらかしにしておりましたので、庭の草木は伸び放題・荒れ放題。

忙しさを言い訳に、手入れを全くしておりませんでした。

これはいけません。

いつするの? ”今でしょ!”で早速 準備に取り掛かる。

Dsc_0280

ソテツの仲間が、地下茎を通じて勢力拡大中!

先ずは、刈込から。

ご近所さんにはみ出た金木犀の木・楓・きんかんの木の枝を取り、不要な草木を取り払う。

Villa SUNに比べればその広さ1/30かわいいものと考えておりましたが

やってみると、重労働で大変です!

S田さん、Villa SUNは一筋縄ではできませんね。(毎年、繰り返しですね)

振り払った枝が、庭中一面に・・・・・。

Dsc_0281

枝を切り・振り払い、地下茎を抜き取り・・・ 悪戦苦闘すること6時間。

その間、土嚢袋を買いに行くこと2回。

そして、鍬を買いに行くこと2回。

購入して、力を入れるといきなり刃先がポッキン!・・・折れた!

すぐさま、コーナンさんにその旨を伝えて新しいものに交換していただき、無事

撤去完了。

Dsc_0282_2

裏庭のお稲荷さんもきれいになりました。

バチが当たる前に掃除ができたのではないでしょうか?

Dsc_0285

しかし、こんなに取り払った草木が出るの?

60L入りの土嚢袋が25個・・・・・・・・。

これは、市の清掃で持って行ってくれませんね、どうしたものでしょうDsc_0284

仕方がございません、清掃局へ持ち込みで有償処理をお願いするしかないようです。

処理費は10kg ¥90- なので安いものなのですが・・・・・・。

運搬用のレンタカー代がバカになりませんね。

そして、庭のきんかんの選定した枝から取ったきんかんの実が本日のお駄賃です。Dsc_0283結構、収穫できましたのでジャムにサラダにいろいろ使います。

ご近所さんへは、もう配布済み。

しかし、明日が怖い、全身筋肉痛が出てきそうです。

普段使っていない筋肉を、目いっぱい使ったのでこれは覚悟せねばと思っております。

釣り倶楽部のBLOGで釣りの話がない?

申しわけございません、釣りに出ていないので書くネタがございません。

2月・3月は1年を通じて一番釣りが難しい季節であります。

海は荒れ続き、魚の活性は低く釣り物が難しいのです。

4月に入ってからぼちぼち、ご報告できることと思いますので今しばらくお待ち下さい。

2016年3月23日 (水)

彼岸そして桜開花の休日

彼岸の3連休、寒の戻りで西高東低。

しかし、桜の開花の報道が毎日世間をにぎわせておりますね。

そんな中、時間も取れたので家内を連れて南へ下りました。

Img_0142

晴天で絶好の行楽日和。

何しに?

先ずは、関西人はポン酢にこだわる! ということでかねてから購入してみたかったポン酢を買いに湯浅へGO!

どんなポン酢?

これです、丸新のすだちちポン酢醤油 

P10009102Top_title410

 

 500ml ¥970-

電話とFAX予約購入なのでなかなか購入できませんでしたので結局、直接出向いての購入となりました。

まだ、食しておりませんが楽しみでございます。

そして、せっかくなので白崎海岸へ観光に立ち寄りました。

さすが、冬型気圧配置  車を降りるなりお天気は晴天なのに暴風!暴風!

海は白波が立ち、風がビュービュー!  立っているのがやっとなので風速20m程度は吹いていたのではないでしょうか?  

しかし 思っていた以上に海岸は整備されて設備が整っていることには驚かされました。Dsc_0266_1

きれいに整備されていて、もう少しすればいい観光の立ち寄り場所になりますね。

Img_0146Img_0147

しかし海岸沿いは、魚釣り禁止の看板が・・・。

Img_0148

Img_0150

いきなり水深が深くなっていて いい、場所の様なのですが・・・・。

そして、朝食はご当地 紀州梅バーガー。

Dsc_0264

047ef6cee285093045cc9d4ae6e1a19e360

知らずに立ち寄ったパン工房 カワ。

意外とメジャーなお店でございました。 早速、一押しの紀州梅バーガーを食べることに。

肉ではなく チキンカツにうめぼし、トマト  意外にうまし!

Img_0145

ミカン畑から、気持ちのいい景色に見とれてパシャリ!

1個ぐらいみかんとっても大丈夫? と 家内がおっしゃりますが、それはれっきとした泥棒です。

ちゃんと、道端で無人販売の¥100-みかんを購入しました。

食べた感想は、家内が言うには”やっぱり せとか がいい! でした。

そらそうです。

そして、移動する中ちょうど昼時に御坊を通過しそうなので昼食は御坊の”川常”へ!

川常?  ウナギ専門店です。 地元では、有名らしいのですがこの機会に入ってみることに。

Dsc_0268

 いきなり、うな重を頼むのも無謀と思いお昼の定食にして先ずはどんなものかの偵察にいたしました。

おいしければ、また来ればいいのですから。

Dsc_0267

感想ですか?・・・・・・。

うなぎはうまし!  パリパリ食感で身はとろける俗にいうおいしいウナギです。

久々においしいウナギを食しました。

自信からなのでしょうか、このお店には山椒はありませんでした。(たまたまテーブルになかったのかもしれませんが・・・)

三重県伊勢のウナギ屋さん以来ではないでしょうか、おいしいウナギに出会ったのは

しかし、しかし今回は冒険しなかったので、うな丼の上にはウナギが2切れ、そして

うざくにウナギが少々、少しもの足りない。

次回は、特重か、うな重のごはん増量にするか定食に単品ウナギを頼むことにいたします。

御坊に行ったら立ち寄るのもいいですよ。

腹ごしらえも終わり、Villa SUNへ立ち寄りS田さんと久しぶりに話をして

庭に咲く梅の花・桃の花を眺めて

Dsc_0269

Dsc_0270

春だなー。

Dsc_0271

足元を見るとわらびが、そこかしこと生えておりました。

改めて、春だなー。  取って帰ろうかとも思いましたが、手があくで真っ黒になるので今回はやめました。 料理もあく抜きから大変ですからね。

しばらく話をして、釣りは4月からですね、といいながらVilla SUNを後にして

イナダマリンさんに艤装中の船を見に行く。

Img_0156

マリーナに到着するといきなり未知との遭遇!

自動販売機の陰からUMAが・・・・。 うちの家内がこんなところに宇宙人(E・T)がお出迎え。

なかなか、マリーナのイメージUPにいいかもしれませんね。

いろいろなところにディズニーランドのミッキーみたいに隠れキャラを置くのも面白いかもしれません。

Img_0155

Img_0151

Img_0154

船を見ていると、店の中からこんにちは!  M上社長が顔を出してきました。

あれ!休みじゃないの? 

結局、休みでも仕事してはりました。

経営者はつらいですね。 こんな荒れた海に出られた船もあったそうです。

細かなところはまだ少し、手を入れる予定だそうですがいつでも出せますよ!

とのことでした。

しかし、天気のいい日は今のところ月に1日か2日ぐらいしかないようで 毎日、荒れているそうです。

4月からだと思いますよと話をしていましたが、先ずはキールを今回取り付けたので

運転感覚がだいぶ変わるので一度乗ってみてほしいとのことでした。

流して釣るにはいいそうです。

船検も登録も完了。

しかし、出る前に釣りに必要な小物類やタモなどそろえる必要がありますね。

近いうちにS田さんも見に来ると思いますなどと話をながら船の様子を見て

4月の天気のいい日に出ることをお話しして、温泉へGO!

あとは温泉に浸かってのんびりして帰るのみ。

のどかな、いい天気の一日でありました。

いよいよ、釣りシーズン到来ですね。

皆さま、お楽しみに! (S田さん次第ですがね?(笑))

2016年3月13日 (日)

開幕間近! 主力竿が気にかかる。

あと、ひと月もすると沖釣りも本格的なシーズンに突入する。

南紀のシーズン開始は黒潮の影響もあり、少々早い。

乗っ込みまでの魚たちが、早くもラブコールを送ってくれています。

そんな中、主力竿をどれにするかを考える。

安物のサラリーマンにとっては、高級なものは持つことができませんが、リーズナブルながらも楽しめる竿を準備する。

Dsc_02611

水深30m~50m  50号~80号の2.4m程度の船竿。

1320990105218_2

しかし、最近は少し深場へ移動しているので、出番が全くない。

波のうねりをうまく利用するムーチングがはほしいということで、・・・

水深~150m   80号~120号  3.3mDsc_02501

これが使い勝手がいいのですが、少々長いので仕掛けの取り回しに苦労する。

魚の釣り味は最高にいいのです、長い竿は天秤の原理で釣れた魚が大きく感じるので、魚を釣る感触を楽しむにはこのサイズがとってもいい!

最近ではマダイ限定で使用する場合が多くなりました。

Dsc_02591そして、魚の反応を確実にとらえるには、100号~150号程度 2.1mぐらいの竿が非常に便利。

グラス竿で、粘りのあるものがいいようです。

大型のものにも対応でき、心強い味方となります。

小生の場合、釣れてくる大きい魚はサメぐらいですかね。

少し深場 水深100m~200m ともなるとカサゴにハタ

錘も、魚も大型になってくる。Dsc_02571それらに対応、グラス無垢竿150号~250号  2.1m

ここらからは、バットタイプの釣り竿が主流になりますね。

メーターオーバーの魚も何のそのなのですが、そんな魚、簡単には掛かりません。

そのうち来るでしょ!

そして、それらの特性をすべて吸収した、使い勝手の非常にいい釣り竿を今年の正月に衝動買い。

上島オリジナルの弁慶245M  80号~200号 2.4m

グラス無垢竿でオールラウンドに対応できる。 とはいうもののまだデビューしておりません。

クラブのS田さんが、長年使用していて いつもこれ一本!

深海以外はこれ一本で事が済んでしまう代物。

Dsc_02551

今シーズンはこの竿を主力の竿で行こうかと思いますが、弁慶といえば一緒に牛若丸も主力の一本に加えることに。

勝手に、名前付けちゃいました。  100号~120号 1.0mのグラス無垢竿。

Dsc_02531

この、弁慶と牛若丸はセットで持ち歩くことにいたします。

デビューはもうすぐそこ、インプレッションの結果はまた後日。

狙う魚を主眼に置いて道具を用意するのではなく、道具に主眼を置いて魚を狙う?

こんな釣り師はおりません。

当クラブの特徴でしょうか?

皆さんに、今日は何狙い?   と聞かれて。

食ってくる魚狙い! と答えるクラブですから・・・・。

お気楽なクラブです。

船上で、皆さん 自由気ままに試行錯誤。

魚がかかると、楽しさ倍増!

こんな、楽しみ方があってもいいのではないでしょうか。


2016年3月 8日 (火)

Tウイルスの正体はB型だった!そしてバッテリーの話

先日、熱もなくのどの腫れもなく咳が止まらないので風邪だろうと思っておりましたが念のために病院でインフルエンザの診断を行いました。

10分ほど隔離されて検査待ち。

看護師さんがやってきて、Bingo!。

B型ですよ!  マジですか?

あっちゃー! 仕事をすべてキャンセルしないといけません。

その上、期限が来ている仕事が間に合わない。  

これは大変なことになりました。

とはいうものの、仕方がございませんね。

ということで、お休みをいただき 養生中でございます。

さて、話は変わりますが先日 にゃんこ船長さんからバッテリーのことをコメントいただきましたが、ご返事をコメントに返しましたが、見ておられないと思いますので

Blogに掲載いたします。

電動リールで船釣りをされる方には、バッテリーは必須アイテムの上に悩ましいものです。

どうしても荷物が増えてくる上に、バッテリーが重く何とかしたいアイテムの一つとなります。

船のバッテリーに接続してもいいのですが、船のバッテリーは電圧の変動が激しく

小生が使用しているシマノの電動リールはことごとく動作しませんでした。

比較的、電圧変動に対してはダイワのほうが耐力があるようです。

そんなことから船のバッテリーを使用せず、バッテリーを準備するのですが釣り用のリチウムイオンバッテリーは非常に高価で容量が少し不安。

Prox10400a

10AH程度で、¥35,000程度が相場なのでしょうか?

深海や中深海での釣りは電動リールも大きく、安心して一日遊ぶとなれば20AHは必要になります。

小生の場合、電動リールはシマノ ビーストマスター9000を使用しているので

パワーのある分、電気を食ってしまいます。

Product1_s

結局、少々重いのですがコストパフォーマンスを考慮すると鉛のバッテリーを使用するに至りました。

現在、ディープサイクルバッテリー 12V 50AH 重量15kgを使用していますがこれなら、未充電で連続使用3日は大丈夫!  しかし重い!

結局のところ、1日仕様であれば、20AHでよいのかもしれません。

現在、気になっているバッテリーはリン酸鉄リチウムイオンバッテリー

Img_1_20120627115140

12V 20AH 重さ2.75kg ¥38,800  

http://www.chikuden-sys.com/category/iron-battery.asp?id=1262&c2id=202

現在のバッテリーも使用3年経過しおり、ぼちぼち余裕ができれば切り替える時期に入っていますので考えてもいいのかもと思っています。

余談は長くなりましたが、にゃんこ船長さんからのご質問のモバイルバッテリー

Shoutou_cargoods000081_3

13.6AH 非常に多機能で安価なバッテリーでありますが、釣りに使用できないかと衝動買いを行いましたが、釣行前に電動リールや他のものに接続して使用確認いたしました。

結果的には、電動リールには使用が困難との結論に至りました。

先ず、致命的なのが接続する相手が電圧を発生するものでないと(バイアス電圧がないと)スイッチングが働かず、電圧供給しない保護回路が組み込まれている。

そして、本体自身の防水性能がない。

また、ジャンプスターター端子を利用して接続する想定で行いましたが、コネクタ部分の結合が非常に緩く、すぐに抜けてしまい使用するには問題が多い。

などで、断念いたしましたがそれなりに容量を持ったバッテリーなのでスマホ充電、ジャンプスタート用・船上での電源供給用のバッテリーとして非常に重宝しております。

付属のコネクターやケーブルは質が悪くすぐにダメになりますのでUSB等は別途準備するのが無難です。

簡単ではありますが、再度掲載いたしました。

しかし、以前より少し販売価格が上がっているようなに思えますね。

2016年3月 5日 (土)

T型ウイルスが発症?

金曜日に某実験所にお伺いして打ち合わせ。

ご担当のTさんは、咳をされていてしんどそうであった。

インフルエンザですか?   違うのですが咳が止まらなくて・・・。

お大事にと、用事を済ませて帰路に就くと何やらのどがいがらっぽい。

もしやと思い、うがいを行いましたが、仕事がひと段落して、緊張感が抜けている上に、PM2.5+スギ花粉+黄砂+ウイルス それも各々が最強状態で4連バージョンアップして小生の体に襲い掛かってきた。

どうやらこれは、TさんにちなんでT型ウイルスと命名。(勝手に命名しました)

バイオハザードのTウイルスのような強烈な感染力!

死体が生き返りは致しませんが、結構しんどい状況であります。

せっかくの土曜日 早々に用事を済ませて日曜日にはサーフフィッシングでもと画策していましたが、この状況では無理ということで断念!

そして、とうとうあまりのにも海に出向かなかったので、休日の状況が変わってしまいました。

土曜日は、朝から狩猟ではなく・・・・・・・。

Dsc_0173

ベランダのプランターの掃除に、土づくり。

もうここまでくると、完全に農耕民です。

Tウイルスに侵された体に鞭打ち、ふらふらしながら土を掃除し、混ぜる。

土の中には、カナブンやカブトムシの幼虫がどこからともなく孵化してすくすく育っておりました。

Kanabun_9437

プランターの近くで成仏しておりましたので、この種の黄金に輝くカナブンだと思います。

カナブンではなく金でも来ないかな~。

居心地がいいように、ふかふかの土にしてそっと戻しておきました。

夏場の羽化の時期が楽しみです。

そして、出来上がった我が家の4階にあるベランダの畑は・・・・・?Dsc_0248ちゃんと、野菜の種を仕込みました。

かぼちゃにきゅうり・黒豆・枝豆・そしてにらにサラダ菜と青じそに万願寺唐辛子。Dsc_0249今回は、一度に多く実ると食べるのが大変になりますので、少量株 多品種で行きました。

しかし、体がだるい!!。

明日の、お魚釣りは取りやめ狩猟民ではなく農耕民になることにいたします。

毎日、水やり、雑草取りに肥料の補充と結構毎日が大変なのですが、無農薬・新鮮野菜を作るので仕方がありませんね。

虫が付いたら、木酢酸を薄めてシュッ!の予定です。

釣りクラブの釣果情報のブログで釣りの情報は?

・・・・・・・・・・・。

そんなものありません、現在小生は、Tウイルスに侵されてゾンビ状態。

病院が休みなのでタミフルをもらえないし、まだ熱こそ出ておりませんが咳に

体のだるさは最強状態!

これは、肥料やら土を何十キロも4階のベランダまで担いで運んだのが原因かもしれませんね。

ウイルスではなく、筋肉痛であったりして?

明日は、土いじりに、パソコンでおとなしく仕事をすることにいたします。

ウイルスは気合で治すことにいたします。

気合だ・気合いだ・気合いだー!

2016年3月 2日 (水)

5月まで何狙う?

仕事がひと段落してようやく休みが取れるようになりました。

24時間 明けても暮れても仕事のことを考えていた毎日からやっと解放され

休日を楽しめるようになりました。

早速の連休、・・・・・・・? ・・・・・・・・?

することがない!釣りバカにとって釣りに行かねばすることがほとんどございません。

お休みはやっぱり、釣りに行かねばなりませんね。

そういうわけで、レンタルDVD屋さんに行って映画を6本ほどレンタル。

1日3本見る予定でレンタルを行いました。

ただ今、ジェラシック・ワールドを上映しながらBlogを書いております。

寒の戻りがまだまだ厳しく、荒れ模様の日々、もう少しの我慢ですね。

久しぶりに、会社の事務所に戻り、半年ぶりにO村さんとお話をしましたが

3月末まで土日はすべて仕事、休みがないとのこと、ご愁傷さまです。

釣りの話をいたしましたが、当分 行けないようなので代わりに小生が行くことにいたします。

しかし、海はまだまだ冬、天気のいい日を狙うのは至難の業です。

そして、行くにしても何を狙おうか?ということになります。

イナダマリン釣り部の皆さまやN川さんの釣果を見ても厳しい状況が見えてまいります。

この時期の釣りは、非常に難しいですね。

Cimg2880

重装備で深海チャレンジ!

この時期は、これがメインになりそうです、キンメにアコウにムツ。

いいね!  しかし、海が荒れるのでなかなか出れないのもこの釣りです。

Cimg3152悩まず、中深海?

カサゴにメダイにハタ・・・・・。    いいですね!

しかしこの海域は、近年 珊瑚漁の試験操業で底荒れが激しく魚がいなくなったのもゆがめません。

ポイント探しに苦労しそうです。

遊漁船に近づくのも危険ですし、嫌がられます。

しかし、ハタは外せませんね。

Img_0096_2

魚屋で買えないおいし魚です。

先日、スーパーの鮮魚担当の方になぜないかお伺いしてみたところ、卸にも数が出ない上に非常に高価なため、仕入れることができない魚の1つであるそうです。

それなりの価格で、無駄なく使わないと元も取れないそうで、商売の方が扱う魚では難しい魚だそうです。

クエ・アラ・ハタの順番。

そして、

Img_0101_2

今、釣れ出しているマダイ5目。

産卵までの勝負です。

泉南の漁師に以前お聞きしましたが、1月から産卵までのマダイは最高においしい。

この時期のマダイなどの魚を取らないでどうする!

だ、そうです。

確かにこの時期の魚はおいしいですね。

そう書いている最中に、ミニボートのO庭さんから電話がございました。

今、マダイがよく上がってますよ!

これからですねとご連絡を頂戴いたしました。

シーズン再開です。

船の準備が完了次第、お天気を見ながらS田さんと出てみます。

その前に、安全祈願と救命胴衣の新調をせねばなりません。

2016年2月29日 (月)

春近し、Part2

早速、S田さんから現在の状況報告がございました。

先ずはご紹介まで。

前回、Villa SUNにお伺いしたときに庭の斜面の木に美味しそうに実る柑橘類がございました。

たくさん実っていて、あのミカンなんと言うミカンでしょうか?

と、二人で話しておりましたが、収穫をされた模様です。

P1000694

”勝手に成っていた八朔を20個ほど収穫してきました。

ほったらかしで木になってくれていたので、食べてみましたがやはり少し酸っぱかった。”

八朔でしたか、懐かしいですね。

重曹を付けて良く食べました。 今の方はあまりされないようですが、小生が子供のころは、ミカンといえば酸っぱい夏ミカンや八朔、温州ミカンと種類が少なく安い酸っぱいミカンに重曹をかけて食べていた記憶がございます。

懐かしいですね。

今は品種改良が進み、おいしいミカンが増えました。

見ているだけで、口の中が条件反射しております。

そして、皆さま 船の状況ですが、登録も間もなく終わりそうです。

艤装の状況は?

P1000689

ガッチリ、屋根がついていますね。

屋根を付けるのは、瀬戸内仕様の関西の船だけだそうですが、意外と日よけ雨よけには重宝するのです。

そして、

P1000691

今回は、スパンカー使用での流し釣りを試みたいと思っていますので船首部下にキールを取り付けて貰いました。(風による横滑りを防ぐためです。)

キールにスパンカー、少々 後部座席の釣り座は狭くなりますがパラシュートの使用がなくなりますね。

微速装置もついて、機動的になります。

釣りのシーンが大きく変わりますね。

P1000692

シートに、GPS魚探 着々と艤装が進んでいます。

もうすぐデビューです。

そして、その前にご連絡がございました。

3月に入ればポカポカと暖かくなってきますので船の安全祈願祭を催したいと思います。

ご都合のつく方には参加してくださいますように、後程案内をさせて頂きます。

イナダマリンさんの方々にも参加頂きたく思っておりますので宜しくお願いします。”

ということですので、またイナダマリンさんにメールでご案内いたします。

会員の皆様には、個別にご連絡をさせていただきます。

2016年2月28日 (日)

春近し。

大変 ご無沙汰しておりました。

梅の花が咲き、スギ花粉にPM2.5にウイルスが飛び交う季節です。

目に青葉、山ホトトギス、初ガツオの春がそこまで来ております。

ようやく春の気配を感じるようになりました。

小生も、昨年8月から取り掛かった仕事が、2月29日をもって無事終了。

任務完了です。

怒涛の如く流れた仕事、今回はきつかったように感じます。

00120002

大阪城を毎日眺めながら、9か月間の仕事に終止符を打ちました。

毎度のことながら、長かったような、短かったような。

大勢の皆さまにご協力をいただき終了を迎えました。

皆様からは、いつ出てくるの?

出所はまだ? と言われながら事務所を構えて8か月 何事もなく

終わりました。

この場をお借りし、ありがとうございます。

ようやく釣りに行く時間が取れるようになります。

いい日を探しながら、考えるのもまた楽しです。

そして、S田さんも 3月1日、新たにOPEN!Img01

Y田さんも、水回りを担当し、小生はお茶のみに参加し、完成ですね。

おめでとうございます。

クラブの集会にも利用させていただけそうです。(集会は今までありませんでしたが・・・)

3月に入るとS田さんも小生も時間ができそうです。

まだまだ、海は冬ですが、機会があれば沖へ向かいましょう。

2016年2月13日 (土)

白浜沖は潮の流れが緩む冬~春が深海釣りの絶好期!

今週末は、春一番!

🎵雪~が解けて、川になって流れてゆきます🎵もうすぐは~るですねぇ🎵

日に日に、春に向かっておりますが、この時期の釣り物は?

昨年は、深海へ行く機会が少なくなっていました。

なぜか?

深海の魚の反応が非常に悪く釣れない日々が続いたのです。

しかし、巷で、和歌山でシーズンに入っているのが深海釣り。

冬は浅場の魚たちは水温の低下で活性が低くなり釣れない。

黒潮の温暖な海水が入っている海でも、水温は低下し17度前後、潮流の関係で大きく水温が乱高下する。

瀬戸内海の冷たい海水が出てくると水温は急激に下がり、入潮になると水温が上がる

水温が頻繁に変化すると魚の活性は非常に悪くなるのもこの時期です。

そんな中、水温が比較的一定の深海では季節の影響を受けにくい釣り場でもありますが、海の荒れるこの時期 西高東低の冬型気圧配置の時期です。

白浜を含めて南紀は北西の風に非常に弱い場所。

しける日も多く、出れる日はほんの一握り。

しかし、この時期が深海の釣りには最高にいい時期といわれております。

潮の流れが緩み、2枚潮・3枚潮に悩まされずに東京タワーよりあべのハルカスより高いところから魚を狙う。

水深300m~600m。  期待の大物が・・・、また、おいしい高級魚が釣れる。

釣ってハマって、食べてハマるのもこの釣りならではではないでしょうか。

その代表がこれ。124和歌山のキンメダイは比較的小さいものが多く、30cmを超えればよし。

40cmを超えれば大物となる。

30cmを超えると、皮の部分の脂が一層おいしくなる。

その中でも、釣れるキンメダイの中でも種類がある。

通常釣れる、本キンメダイ・・これは一般的なキンメダイですが 市場に出回らない希少のキンメダイがある。

トロキンメなるもの。

キンメダイの大型で体高があり、脂ののったもの。

そして、フウセンキンメダイ 大型にはならないそうです(30cmくらいのものが多い)が脂がのって非常においしい魚です。

ほとんど船上では見分けがつがつかないと思います。

食べて比べてみると・・・・、?。少し違う。

和歌山のキンメダイは、キンメダイ・ナンヨウキンメダイ・フウセンキンメダイと3種が入り混じるようです。

アコウダイにキンメダイ、いいですねー。

高気圧に日本列島が包まれる日でないとなかなか出れません。

いい日に当たるのが最低限の条件ですね。

荒れた海に出ると命がけ!

その上、波にもまれて非常にしんどい釣りになりますからね。

今週末は、春一番が吹き もうすぐ春です。

しかし5月までは、南紀は海が荒れる。

大型船であれば問題ないのですが、プレジャーボートでは無理があります。

もうしばらく、我慢の季節です。

今週末は、爆弾低気圧になり大荒れ!お天道さまの動きは、神のみぞ知るです。

2016年2月 6日 (土)

船を見に行く

S田さんから連絡があり、田辺に行きますがいかが?

12月にアクシデントがあり、船が沈んだ。

そのため、次の船を見に行きました。

仕事もちょうど土曜日だけお休みを頂けそうなので早速ご連絡。

久しぶりに家内を連れて温泉も合わせて行きますとご連絡。

しかし、小生の家内も多忙でした。

リンパマッサージなるものを予約していて忙しいとのこと。

仕事にバレーボールにエステにリンパマッサージなかなか毎日忙しそうです。

好きなことをしてくれているほうが安心です、小生も釣りに行くことの後ろめたさが軽くなるのも現実ですから。

もうかなり前になりますが、生涯(動けるうち)であと何日遊びに行けるか?

何日一緒に旅行などができるかをシュミレーションして考えてみた。

引退後の貯蓄に生活レベルも併せて。

意外と少ない結果になりますよ。

安物のサラリーマンなので当たり前ですよね。

そんな中、細々ながら互いに悔いの残らないように楽しみましょう!

と話した記憶がふとよみがえりました。

そんなこともあり・・・・。

仕方がないので、一人車に飛び乗りいざ、田辺へ向かいます。

思った以上に高速道路は交通量が多い。 皆さん観光?

2時間ほどで、印南に到着。

Villa SUNでS田さんと合流して、早速マリーナへ。

南部は例年より早く、梅が開花しており木々にはかわいい白い花を咲かせてました。

Img_0139

南部の梅  あの有名な南高梅。

以外にも梅の木は小さく、花もかわいい白色の一重の花を咲かせておりました。

もう春がそこまで来ていますね。

梅の便りが来れば、寒い中にも日に日に春に近づいて行きます。

Img_0140

そしてマリーナで、船を見る。

あちゃー! 写真で見るより厳しい状態。

当たり前ですよね、海に沈んでしまったのですから。

注意しないといけません!

プレジャーボートは船底や船首に流木や座礁などで穴が開くとあっという間に沈没してしまします。

Img_0131

上がっている船を見ると、フロントガラスは割れて、船首には穴が・・・・。

大変だったことが想定できます。

いろいろな部品も破壊されておりました。 暴風・波浪は恐るべし!

改めて、釣行時には救命胴衣を着用することの大切さを思い知らされました。

さて、次の船の状況をS田さんと見てみました。

陸に上がっている船をまじまじ見ると、以外にも大きく感じました。

こんなに大きかったっけ?

Img_0125

ヤンマー EX-25 シャフト船。

このサイズのシャフト船はなかなかありませんが前回の船と同型のものでありました。

シャフト船は慣れるまで運転が難しいのですが、これがS田さんはいいようです。

Img_0130

シャフト船は故障が少なく、長く使われるオーナーが多い船なのであまり出てきませんね。

前回の船は、フル装備に近い船だったのでどうだろうかと思っておりましたが・・。

整備・艤装前の輸送直後の状態でS田さんと船を見る。

マリーナの社長の気遣いが痛いほど見えてくる。(やっぱり気さくでやさしい人です。S36の男はいい!)

S田さんも小生も保険で対応できればいいのですがと大変心配しておりましたが、何とかなりそうな雰囲気。

Img_0126

外装は大きな補修あともなく、器具を取り付けた後の補修がちらほら。

特に問題はありませんでしたが、以前の整備場が少々荒っぽい雰囲気が見受けられたのが率直な意見です。(船底塗装もすぐにはがれそうですね)

Img_0127

お~~! 微速装置にサブハンドル、釣行しながらの船の操作が非常に楽になりますね。

これは、いい!

そして、トイレは?・・・・・・。 オー!付いている。

女性や急におなかが痛くなると大変ですからね、海の上では。

アワーメータは少し多めですが仕方がありません。

エンジンの状況で次第、アワーメータは問題になりません。

そして、エンジンルーム

Img_0128

エンジンは、全くの同型。 出力も同じ。

しかし、少々 塗装や錆の状況がもう一つように感じましたので少し掃除をしたほうがいいかもとお話をいたしましたが、そこはきれいにしてくれそうと思っております。

小生は今回 オーナーじゃないのであまり言えませんね。

あとは、ダイナモとエンジンの状態だけですね。 

これは、お任せするしかないですね。

GPS魚探に無線機・艤装にと結構大変な手間がかかりそうです。

よろしくお願いいたします。

船の状況を見て、あとはマリーナさんにお任せすることにいたしました。

そして、近場のおかっぱりのいいところを教えていただきました。

Img_0123

Img_0124

車が横付けして、浜が近い!

いいのじゃないですか、ここ。

結構穴場的存在の場所。 どこって?

それは言えませんね。釣り人の心境から。

ご一緒したときにご案内いたします。

そして、海水浴も楽しめて釣りもできる場所。Img_0135

Img_0136

地磯も楽しめ、砂浜でしシモリも点々とある。

ここはいいかも? サーフにとって絶好の場所かもしれません。

ぜひ、一度チャレンジすることにいたします。

海を眺めて、少しリフレッシュ!

毎日怒涛の如く押し寄せる仕事の合間のひと時の時間を頂戴いたしました。

ありがとうございました。

釣りに行くことを楽しみに毎日を過ごすことにいたします。

                            感謝。

2016年1月31日 (日)

近くの海を眺めてホッ。

少し時間ができたので、海を見に行こう!

といっても、大阪湾ですが・・・。

車に飛び乗り、堺 大浜へ。

今は、ひっそりとあるさびれた港と公園になっている風景を見に行く。

国道26号線を挟んで、堺鮮魚市場があることから、かつては海がここまであったことがわかります。

Dsc_0238_1

Dsc_0240_1

今は、さびれているのですが江戸時代から昭和35年ごろまでは栄えていた地。

小生が生まれる直前まで、海水浴場があり、父親に聞いてみたところ浜寺公園まで砂浜が続いていたとのこと。

当時は、浜寺公園は高級リゾート地だったそうで、庶民は堺 大浜に行っていたそうです。

セレブは、浜寺公園。 巷で最近、ニュースになっている日本最古の私鉄駅。

あの浜寺公園。

堺大浜に話は戻して、

当時は大型の料理旅館が立ち並び一大リゾート地であったそうです。Oohama2

Oohama1

写真は堺市図書館所蔵

ひと時、潮風に当たり、お次は釣り人のアミューズメントランド 

釣具屋さんへ

Let's Go!

Dsc_0241_2

近くに、上島釣具、いせ吉、Tポートがあるのに足を延ばして泉大津のフィッシングマックスさんへ。

品揃えが多く、見ていても飽きない。

行くといらぬものを衝動買いしてしまうのですが・・・・。

鯛ラバに、アジングのルアーに船竿に新型の電動リール・・・・etc。

興味を引くものばかりなり。

結局、小一時間物色して気が付いたら わが手には?

あれ~・・!  船竿が一本。

コンパクトながら60号~150号/1mのソリッド竿を購入しておりました。

やっぱり、やらかしてしまっておりました。

Dsc_0242

あ~、また無駄遣いをしてしまいました。

釣りに行かないといけませんね。

しかしこれから寒さと、波風との戦いの時期です。

相当天候がいい日でないといけませんので機会が少ないでしょう。

おかっぱりのお誘いもありますので、時間が取れれば釣りに出向くようにいたします。

また、釣果報告は行ってからにいたします。


 

2016年1月30日 (土)

あまりの仕事の忙しさに、なんだかな~!

ご無沙汰しております。

あまりの忙しさに、なかなかブログを更新できずに釣りの話はどこへやら?

和歌山の、毎日を楽しんでおられるMっちさんは、何やら寒グレに勝負・勝負のご様子。

イシダイに・鮎に・アマゴに・グレ  多彩ですね。

いつも、クラブの皆さんとあの人はどこまで自由人なのだろう?

どうやって 生活してるのだろうといらぬ心配やうわさがよく話題に出るおひとり。

おっちゃんたちのたわごとですが。

安物のサラリーマンの小生にとってはうらやましいやら、頑張らないとと励まされるやら。

しかし、最近 時間がな~い!・・・・釣りに行きた~い!

でも、仕事が最優先です。

家庭があるのですから・・・。  トホホ。

体中に蓄積されてゆくモヤモヤが、溜まりに溜まっていますね。

あの、首から胃の上あたりまで徐々に溜まってくるような得体のしれないモヤモヤ。

海に出たとたん、ス~っと抜けて行くあの感じ、釣り人しかわかりませんね。

本当に、体の中の不純物が音もなく体から抜ける感じを味わえるのです。

神秘的です。

そんな中、ふと我が家の前を見てみると・・・・・・・。

Dsc_0241_1

見慣れた標識ではありますが、周囲ではあまり見かけなかった。

ある日、突然 取り付けられておりました。

海抜2.1m ? これって、どうなの? 低いのは低いのですが、小生の子供のころは近くに海がありましたが、今や大阪湾は埋め立てが進んで海ははるか遠く。

ここまで津波が来るのでしょうか?

久しぶりに、ハザードマップなるものを見ることに。

Nishinari_nankaitoraf

微妙な位置に我が家はございました。

浸水は0~50cm程度、あまり問題にはならない程度の予測がされておりましたが地震のほうが被害が大きい地域とされますね。

大きな地震は、二度と味わいたくないものですが、こればかりは自然現象なので

わかりません。

さて、魚のお話ですが、ぼちぼち中深海から深海釣りの時期に突入です。

水温が下がり、浅場での魚の活性が悪くなるこの時期から5月まで深海へ皆さん

釣り物が変わります。

Cimg2892

クロムツにキンメダイ  昨年は、深海の魚の反応があまり良くありませんでしたが

今年は当たり年になればいいのですが。

P1000990

この時期は、波・風の状況次第ですが、いい日を狙って伺いたいものです。

最近、深海竿もほこりをかぶったまま。

しかし、正月によって勢いで購入したUESHIMAオリジナル竿”弁慶を”使ってみたいので中深海を優先にしないといけませんね。

Y田さんも、高級な竿を買ってしまったので楽しみですね。

釣りに行かないと道具ばかりがグレードアップして進化してゆきます。

2016年1月11日 (月)

初釣りはいつになるやら

仕事も忙しい状況が続く中、急に3連休ができました。

どうしたものか?

釣りに行くにも、アクシデントがあった上にあまり波の状況も冬型の気圧配置のため波風が強そうなので断念。

世間は、えべっさん。

そんな中、墓参りに行ってきました。

Dsc_0223_2

先ずは、家内の父親の入る生駒のお山の上にある墓地へ行き。

そして、小生が入る予定のお墓へ行く。

泉北の光明池、地元の方が眠る町の墓地へ。

まだ誰も入っていないので、荒れ放題、無縁墓地状態でした。

そういえば、2年近く掃除しに行っていませんでしたのでお墓は荒れ放題。

悪戦苦闘の雑草取りからはじめました。

ご先祖様が入っていたら、怒って出てくるでしょうね。

小さな墓地ですが、昔ながらの井戸ポンプ式。

Dsc_0229

そして、お墓を見ると、やっぱり荒れ放題。

誰も入っていませんので、家と同様で空き家は手入れをしないとこうなります。

Dsc_0227

掃除をすること1時間、雑草の根が張りきれいにするには根を取らないといけません。

今年の冬は暖かいので助かりました。

晴れた気持ちのいい日の掃除となりました。

そして、

Dsc_0228

春にもう一度、掃除を行い黒石を敷き詰めるようにいたします。

まだ、誰もいませんのでしばらくするとまた、無縁仏状態になるの間違いなしですね。

魚の話を書きたいのですが、なかなかこの季節タイミングが難しい時期です。

お休みと天候の機嫌が合う日はそうそうございません。

皆様をお誘いして行くにも、外れた場合 嵐のような海で思うように釣りができないのもこの時期から4月までです。

冬型が収まるまでは、我慢の時期なのでしょうね。

1月10日はえべっさん。

夫婦で行ってまいりました。

Dsc_0232毎年のことですが、すごい人です。

境内があまりにも狭すぎますねここは。

入場制限していますが、それが大渋滞になっおりました。

お宮さんの敷地全体を使ったおしくらまんじゅう!Dsc_0231

しかし、えべっさんはこの飾り物でしょ。

一番小さいのが、¥1500-・・・・・?

あのでかいのは?  すべて、対面交渉で購入するので価格表示しているお店はほとんどございませんでした。

会社や、お店は縁起ものなので価格はあまり関係ないのかもしれません。

人が多すぎるため夜店もあまりじっくり見る間もなく、小生は疲れてしまいました。

Dsc_0236

 福あめを売っている福むすめのお店で、福あめを購入して戦線離脱。

大阪の冬、そして えべっさん 鍋ということで大国町にあるフグ料理専門店 しらかわ さんに食べに行く。

ここは、家内のバレーボールのお仲間が経営しているお店。

S_0028

Dsc_0240

雰囲気のいいお店で 久しぶりのフグです。

いつも釣ってこいと下知が出るのですがトラフグはなかなかいません、釣れません。

やっぱりフグはおいしい魚ですね。

Img_0048Dsc_0238

 

 

Dsc_0239

フグを堪能して、休日も終わります。

大阪の冬を楽しむ1日でございました。

2016年1月 1日 (金)

2016年 あけましておめでっとうございます

新春のお喜び申し上げます。

本年もよろしくお願いいたします。

昨年は、12月に入って夏日? 

異常気象が続く中、低気圧が発達し南から暖かい空気が入り台風並みの強風が・・・・。

爆弾低気圧が本州上で発達通過した。

これはこれで大変なのですが、和歌山のマリーナは風速30m/S以上の風と波。

O0480063913509556670

そして、マリーナのBlogを見て、ビックリ!

桟橋ごと、もぎ取られてすべてなくなっているではないですか!

これは大変!

大きなダメージを受けている模様です。

大変心配しておりましたが現在はとりあえず復旧。

自然の力、恐るべし。

それより大変なことが、当クラブにも起こっておりましたが、新年を迎えて気分一新

新たな出会いを感じて出発です。

小生の仕事は 毎年、この時期は仕事が超多忙。 

今年のお休みは、12月31日と1月1日の2日間だけ 休みの多い会社なのですが

年度末が近づいてくるとどうしても忙しい状況が続きます。

そんな中、今年はカウントダウンを家内と二人でスーパー銭湯、くつろぎの郷 湯楽でのんびり過ごしました。00000084110101405

カウントダウンを行い、Happy New Year!

入浴券と合わせてもらった抽選券 家内と二人分なので2枚。

こんなもの当たるはずがないと思いながらも手に持ち抽選番号を聞く。

ア・タ・リ。

何とめづらしいことでしょう、その2枚が当たってしまいました。

景品数も多かったのですが、くじ運の最悪な小生が当たるなんて?

もう今年の運をすべて使い果たしました。(笑)

そしていただいた、福袋 2個。

Dsc_0222

入浴無料券にお食事券にその他もろもろ。

結構、使えるものがそろっていて非常に幸先がいい。

そして、源泉かけ流しの湯にのんびり深夜に浸かる。

癒されますねー。 寒い気温が温まった体に当たり気持ちのいい時が流れます。

元旦は、近くのお宮さんに参拝し、Y田さんと釣具屋へ。

朝から、酒飲んでましたので行くころには出来上がってしまってます。

そして、気が付くとわが手には、グラス無垢竿 弁慶が・・・・。

Y田さんの手には、アルファタックルのグラス無垢竿 MPG ULTRAが・・・・。

二人とも酔った勢いで購入していたみたいです。

また、上島釣具店の親父さんに乗せられたのかも?

Dsc_0225

写真がよくわからないので、

00240397_1

アルファタックル MPG ULTRA

この竿、通常は5万以下では買えません。

釣具屋が言うには、定価はバットを含めると10万以上するとのこと。

Y田さん、酔った勢いで購入。

まいどあり~。!

1_000000000143 

S田さんが使っていて非常に使い勝手がよく、あたりがよくとれ、超粘りのグラスワンピースロッド。

上島オリジナル 弁慶245    3万3千円。

知らぬ間に小生の手にある。

まいどあり~!

次回、釣りに行くのはいつのことやら。

天候が安定する春まではダメなのかもしれませんね。

しばらくは、道具の整理に補充を行うことにいたします。

しかし、あっという間の正月休みでした。

2015年12月12日 (土)

3か月ぶりの再会

前回、釣りにお伺いした際に、帰ってまいりました。

お帰り!

そう、あれです。

海の藻屑となっていた、あれ。

もう、何台海の落としてしまったのだろうか?

前回、マリーナの桟橋からポトリ!

そして、海の中で熟成すること1か月間が過ぎ、マリーナのKさんが拾い上げてくれました。

感動の出来事でしたが、手にして感動再びです。

Img_0107

長い間、海に入っていたので使用はできませんが、記念に置いておくことにいたします。

しかし気になるので、バッテリーを入れてみた。

やっぱり、全く動きませんでした。

チ~ン。 溺死です。

とりあえず、動かないなりにも分解清掃!

Img_0108

しかし、錆がひどい。

海水 恐るべしです。  どこもかしこも腐食しております。

イオン交換で酸化が急激に進む、現象が起きたのでしょうね。

究極の酸化現象は燃えることですが、灰になっていないので まだやさしです。

しかし、あまりの錆付きに結局、途中で断念。

Img_0109

本体はダメでしたが、中のSDカードのデータは健全でした。

あの嵐の日の、写真が残っておりました。

N田さん、大変遅くなりました。

あの日の思い出を掲載します。

Cimg3257

釣行を前にして、Villa SUNにてミーティング。

釣れますかね~?

何か来るのとちゃう! これがミーティングの会話。

Cimg3258

N田さん、ほぼ一年ぶりにやっと参加。 

相変わらず仕事に追い回されている模様です。

この年代は、サラリーマンの勝負何処ですね。

小生の場合は、この年代はスピンアウトしてました。(笑)

Cimg3260

この日は、N田さん 念願の電動リールを新調し初釣りでした。

Cimg3261DAIWA シーボーグ500J いいなーこれ。

あとは、腕次第。

Cimg3263

しかしこの日は大荒れでした。

Cimg3265

Cimg3270

ご覧あれ、波の高さが船よりだいぶ高い。

上から波が来そうです。

うまく波に乗っている間はいいのですが、横っ腹に頭からくると・・THE END。

これはダメです。 危険です。

しかし、まだ竿出してます。

写真も撮れない、魚も釣れない、波高しというより嵐です。

Cimg3273

この日は、早々に撤収いたしました。

N田さん小生の弟が参加する日はどいう言うわけか最悪のコンディションの日が多いようです。

また、いつかいい日に当たりますよ。

アーカイブの写真にてご報告。

2015年11月23日 (月)

時空を超えたひと時

魚と戯れることなく、休日を過ごす毎日。

脳裏に、”電子レンジの1分間は長いのに1年間はなぜこんなに短いの”と家内が話したのを繰り返し思い出す。

しみじみ、誠にそうである。

そんな中、毎年恒例の成南中学校の同窓会があり参加してまいりました。

参加というより、今年の幹事で出席。(何もしておりませんが)

もう、来年で40周年 今年で39回目、なぜこんなに続いているのかが不思議なくらいの同窓会。

そんなにインパクトがあったのではないのですがなぜか、クラスの皆さんとご一緒すると、何もおごることもなくそのままの自分でいられるようななごむ場でございました。

会場は、大阪 地元の”あまつ”さんで開催。

640x640_rect_6885668

こちらの、ご主人夫婦のご子息と小生の息子・娘と同級生。

そして、家内もママさんバレーでよく利用させていただいているようで、ここでは、おとなしく、そして、慎重に・・・さらに慎重に。

何を隠そう、小生の家内も同級生、同窓会はクラスが違うので不参加ですが、

おばちゃんネットワークで皆さんつながっています。 

お~こわっ!

うかつなことは、話せないですね。

7322590

会は、何事もなく始まりましたが、恩師の先生はもう83歳。

お迎えに上がりましたが、年相応にボケられてこられています。

あと何年、参加していただけるのでしょうか。

この年になると何かと大変です。

遠方の方は、千葉 木更津から夜行バスで移動してこられて参加。

皆さん、毎年楽しみにされているようです。

しかし、話す内容は孫ができた、年相応の体調の変化や同窓生がお亡くなりになったなどなど。

皆さん、結構同じ悩みをお持ちの方が多い状況なのに生き生きとされておられます。

不思議なひと時です、会場に入りひとこと話した瞬間に時計の針が一瞬にして逆回転、姿こそ変われど39年前のクラスメイトにタイムスリップ。

Dsc_0060_35902_2

肖像権の関係でご了解いただいていないので少々ぼかしを入れております。

話が弾んで、あっという間の4時間でした。

Dsc_0062_36579

第45回目は、全員 ドレスコード 赤いちゃんちゃんこ を約束いたしました。

そして、来年の予約をあまつさんにて行い、無事終了いたしました。

次に顔を合わせるのが、一年後。 あっという間ですが・・・。

皆さま、お元気で!

また来年会いましょう!

2015年11月15日 (日)

週末は天気が悪いので日本海!

山々が色づき、日に追うごとに肌寒くなってまいりました。

釣りに行くときは、もうこれから完全に防寒仕様の季節です。

つい先日も都会の眠れる森の美女(自称さん)から、毎朝 寝床から出るのがつらい!

日の出がきれいと、ご連絡をいただく日々です。

もうすぐ冬ですね。

今週末も、天候があんまり良くないので釣りは断念。

しかし、冬といえば?・・・・・・日本海。

荒れた海を眺めに?    違います。

スキー?     まだ早い。

11月6日に解禁になった、あれです、あれ。

Matubagani550x367

そうです、かに、松葉ガニ。

カニ大好きな夫婦なので早速、新物を味わいに行くことにいたしました。

小生は、紅ガニのほうが味わいがあって好みなのですが、関西のカニといえば

松葉ガニですよね。

ということで、33回 香住カニ場祭りに参加してカニを堪能することにいたします。

しかし、堪能するには現地調達して食べねばなりません。

毎年大勢の人が押し寄せてくるイベントなのでいかがなものかと思いながら出向くことにいたします。

雨空なのに道路は渋滞。

途中の西紀SAもにぎわっておりました。

Dsc_0036_1

恒例の黒豆パンを食べることに。

O0530039812883932649

丹波黒がいっぱい入っております。

皆さんご存知ですよね、有名なパンですから。

Dsc_0037_1

天候は、雲海の中? というより雨雲の中を走り抜けます。

山々が幻想的でとてもいい。

Dsc_0038_1_2

のんびり、秋の山々を眺めながらのドライブ。

引退後、住むにはこういうところがいいのかもしれません。

不便でしょうね。

Dsc_0041_1

毎年、香住西漁港で行われているカニ場祭り。

大勢の人でにぎわっております。  駐車場がいっぱいでなかなか入れなかった。

それもそのはず、9時始まりなのに到着したのは10時。意外と時間がかかりました。

中国道の渋滞がネックでした。

地元の漁師や漁協が主催する手作り感いっぱい。

そのため、案内はほとんどなく皆さん、右往左往。

無料のカニ雑炊、先着1000名  30分並んで食べました。

お次は、焼きガニ、先着500名 ホットプレート3台で焼いているので500名

終わるのにいつまでかかるやら?

300名程度並ばれていたので、これは無理と断念。

Dsc_0050_1

カニに焼き魚にと一通り買い食いをしておなかがいっぱい。

値段が安くて、おいしかった。  大体が一皿300円 リーズナブルです。Dsc_0048_1相場は?

カニは、事前に土産物屋さんを偵察して確認。

大体、普段の土産物屋さんの値段の半額。

漁師が直接売っているようなのでいいカニが安く買えます。

開催時間が12時30分までなので、12時から勝負!

と場内をうろうろ。

Dsc_0044

公園をうろうろ。

Dsc_0054_1

港をうろうろ。

Dsc_0052_1Dsc_0053_1

船も大きいようで意外と小さく、狭い甲板。

ほとんどが、大きな網を引き揚げるためのドラムやローラーで埋め尽くされています。

漁場が近いのでしょうね。

Dsc_0051_2

のどかな、港町です。

時間が来たのでカニを物色。

Dsc_0046_1

結局、特大の紅ガニ ¥4000/枚を2枚+おまけで¥3000で購入。

漁師さんなので、話次第で価格が変わります。

大体相場の半値ぐらいを目安に販売しているようでした。(感想)

で、目的達成!

あとは、温泉に入って帰るだけ。

購入したカニは、夕飯に夫婦で特大のカニ 1枚づつ。

うまか~!!!

カニみそびっしり!!

カニは輸入品より、日本海の旬のカニが一番です。

久しぶりにおいしいカニを食べましたので、次はフグか釣りで上がる魚の刺身を楽しみにすることにいたします。

2015年11月 5日 (木)

オッ!?

秋深し。

季節が変わるのも早いものです。

毎朝、季節の便りを届けてくれる、美しい奥様。

そして、わが家内は、何気に痛感する一言を話す。

なんで、電子レンジの1分は長いのに、1年は短いの?

年々、1年の流れて行く速度が加速してくる。

老いを感じる、日々が目まぐるしく加速してゆきます。

20代・30代はな~んにも感じなかったのに、今や痛切に感じるようになりました。

クラブのメンバーの諸先輩方から言わせれば、そんなの序の口。

そのうち、体がついてこない。

あちらこちらが、故障してくる。 

隠居になると大変だよ! と助言が聞こえてきそうです。

毎日、仕事に追われながら ひと時のBlogを見る。

イナダマリンさんのBlogを見ると、Ver-UP!

AKIさんからAKIさん+Sakamoto さんになっている、その上 アバターがかわゆくなっているのに気づく。

オッ! 実際のお二方よりいいかも?

アバターは若い。 オバターではない。(笑)

実際も、お若いですよ。

そして、またもや、オッ!?

イナダマリンさんのBlogのブックマークに当クラブのBlogが格上げされて載っているではないですか!

これは光栄です。

思い、思いのことを書き、釣りおやじのことを書き、誤字、脱だらけでその上、てにおはがバラバラ。

面白い記事を書くのでもなく、地道にコツコツと。

ちょっぴり、うれしいやら、恥ずかしいやらのオ!?でした。

2015年10月27日 (火)

感激の出来事なので思わずBlog。

仕事が終わり、何気にマリーナのBlogを少し見る。

男前の記事が目に飛び込んできた。

すごく天気がいい日のマリーナの写真。

おー、これは気持ちがいいだろうなと、のんびり見るが、どうも

何かが、おかしい。

景色のいい風景の写真なのですが、何かアピールしているような?

結局、最後の1枚の写真を見るまではわからなかったのですが、見てビックリ!!

もひとつ、ビックリ!!!!

な・な・なんと!  海の藻屑となっていた、小生の安物ですが愛着のあるカメラがゾンビのように陸に這い上がっているではないですか。

ど、どうやって浮いてきたの?

その光景を、イナダマリンさんのBlogからうれしさのあまりご紹介。

”ん?(AKIさん)”

O0480036013465306052

この時点で、いい天気のマリーナの写真。

しかし、ちゃんと映ってる。

どこ?

”あれ?”

O0480036013465306025

何が? あれ? ・・・なの?

何が写ってるの?

U・F・O ?

わからん??

O0480036013465306043_2

何が気付いたの?・・・・

なかなか、見事です。

脳科学の実験のような、写真の数々。

全然わからん。
”そろそろ気づいたかしら(AKIさん)”

O0480036013465306033

だんだん、画像が変わってくる?

じ~~・・・・。じ~~~。 変わらん!

おじさんの後ろ姿が気にかかる。じ~・。(笑)  Kさんに訂正(笑)

ご本人から、訂正依頼がありましたので。

しかしどっから見ても、おじさんでしょ。

小生と、同じ年齢なのですから。

のどかなマリーナの風景。

・・・わからん?

O0480064113465306038

"じゃじゃ~ん(AKIさん)”

お~!これは、わが愛機のデジタルカメラ。

高級なものではなかったのですが使い勝手がよく海上で活躍したカメラではないですか!

おかえり!!!

しかし半月海の中で過ごしたので、もう完全に死んでいるのでしょうね。

チ~~~~~ン。

タモですくって、助けてくれたそうでありがとうございます。

結構、水深があったのですが・・・。

しかし、AKIさんやりますね、これは一本取られました。

母になって、期待をさせるのがうまくなったような?

これで、故カメラも成仏できることと思います。

中のデータは、復活できそうです。

しかし、本当にうれしいやら、何かとってもいいことがあったような感激を覚えます。

イナダマリンさん、改めて ありがとうございます。

前回は、帽子をメンバーが忘れて行くやら、カメラは落とすやら、マリーナをお騒がせしてしまっています。

手のかかる、ボートメンバーですね。(オーナーはS田さんですが)

次回、お伺い時にあらためてお礼かたがた引き取りをいたします。

天気がいい日にお伺いいたします。

S田さんが、現在 ドック入りをしているので復活には少々時間がかかりそうなので。

しばらく、お預かりください。


2015年10月25日 (日)

大阪マラソン2015の日

気持ちのいい朝が続く、秋の日。

そうです、今日は大阪マラソンの日なのです。

秋晴れの文句なしの天気の中、小生は閉じこもっております。

マリーナも長期休日。

海は、台風の影響で荒れ模様。

移動するにも道路を渡れなくなる日。

各横断歩道協には、20人程度のスタッフがついて自転車を運ぶ。

各信号、道路に面する交差点にはすべて警備員が立って誘導する。

大阪市の一大行事になってしまいました。

参加者走者 3万人、沿道応援団100万人

延々と続く、人の波。

朝、国道26号線は車両通行止め。

Dsc_0023

通る車はございません。

あとは、走者を待つだけです。車が通らない幹線道路は何やら新鮮であります。

待つこと30分、例年どおり 先頭は車いすの走者。

これが速い!

Dsc_0025

Race用の車いすってのは、とっても早い。

しかし、腕だけで42.195km これもまたすごい!

そして、第1走者が抜けて車いすの走者が駆け抜けた後30分ぐらいで、

人の波が押し寄せてくる、ここからは人・人・人・・・・・、

延々と走者が続いてやってくる。

Dsc_0026

しかし、延々と見ている小生も暇な男です。

走ればいいのですが、これっばかりは無理ですね。

Dsc_0027

いったい何キロ続いているのだろうか?

Dsc_0028

ガンバレー!
 

皆さん、変わったいでたちの方もちらほら。

これもまた楽しです。

ここは丁度、30km地点 疲れが出て踏ん張るところですよね。

秋晴れの中、のんびり歩道からガンバレー!

なんと、のどかな一日でありましょうか。

平和だなー。

明日から、また フル回転の日々が続きます。

最近、小生少し仕事が立て込んでおりまして、バタバタした毎日が続いております。

そんな、喧騒を忘れる日でもありました。

2015年10月20日 (火)

釣り師

世界中、いたるところに釣りをする人たちがおられます。

魚釣りと一言で申しましても、千差万別 これと言って決まった決まりもなく魚を釣るという根幹にはルールも決まりもございません。(社会的なルールはあります)

プロの方、アマチュアで趣味の方 様々な方がいらっしゃいます。

また、対象とする魚も、上等な魚を釣る(狙う)人、

          おいしい魚を釣る(狙う)人、

          大きい魚を釣る(狙う)人、

          たくさんの魚を釣る(狙う)人、

          珍しい魚を釣る(狙う)人、

   道具にこだわる人、

   五感で、水辺を感じ取り楽しむ人、

   単純な針と糸と餌(疑似餌を含む)の基本構成から多種多様の

        釣り方や、釣り人が生まれている昨今

私たちの行動の基本である社会や経済活動の縮図がそこにあるように感じます。

言い換えれば、自らの人生そのものが映し出されているものが そこに見え隠れしているのです。

そう言った視点を変えてみて、釣りを楽しむのもいいのではないでしょうか?

さて、ご自身の釣りは、どのタイプ?

釣りサンデー(現在は解散)の創業者 小西 和人 氏(2009年没)は、

太古の昔、漁から始まった釣りから趣味で楽しむ釣りへと変貌した釣りを 個人から

多くの人で楽しむ釣りへと広めた一人でもありました。

小西氏は、釣りを”楽しみを釣る”へとマスコミにご自身を置き、昇華させました。

本来、一人でも楽しめる釣りを、よき仲間を得ればより”楽しい”もの。

魚を釣るだけではなく、みんなでおいしく食べることもまた、”楽しい”ものへと世に広めました。

釣りを楽しむ=人生を楽しく生きるということなのででしょうね。

趣味をバランスよく楽しんでいらっしゃる方は比較的、皆さん社会的にも順風な方が多いように感じ取れれます。

順風だから釣りができるということもあるとは思いますが、楽しめること自体が素晴らしいことであるのをかみしめながら釣りをすることにいたします。

しかし、趣味で行う釣りは、農林水産省からすれば、”非漁民”、漁師・企業からすば、侵入者になることは確かです。

侵入者にならないように、注意をしながら楽しむことが鉄則なのでしょう。

いろいろな人達に、教えていただき、お世話になり、交流が深まり輪が大きくなってゆく。

釣り本来の楽しみ方もございますが、これもまた楽しです。

2015年10月 8日 (木)

Club会報を久しぶりに見る

釣り好きがが集まり2010年11月にClubが発足。

何かできることはないか?

より楽しむことに、参加できないか?

そういったことから、2010年11月1日 Vol-2010S001 クラブ最初の会報を発刊いたしました。

A4用紙1枚の釣果のみのそれはそれは、簡単なものでありました。

なかなか悲惨な、会報ですね。

うまく書けない。

どうしたらいいかわからないからのスタートでした。

しかし、せっかくするのであれば、会員の皆様が釣りをもっと楽しんでいただこう!

釣りの時間を有意義に感じるようなものに少しでも近づけようと始めたのがきっかけでした。

しかし出来上がったもの振り返ってみると、見るも無残な会報でありました。

少しずつ、カメのような学習能力で内容を改善し、何とか見れる状況になりました。

それから2014年まで91回の会報を発行し、現在のBlogへと変貌を遂げました。

しかし、趣味の釣り・釣りといってもなかなかお伝えする内容が以外にないことを知る。

プロのアングラーさんや雑誌の編集をされている方がえらい苦労をされているのを身をもってわからされた瞬間でもございました。

しかし、Clubの方々にお伝えする会報を発行してしまいましたのでやめるわけにはゆかない。

次第に、魚のことに詳しくなって行く。

釣りに関することに詳しくなって行く。 素人なりものが出来上がってくる。

5回・・10回・・20回・・30回・50回・・・90回。

ある日、やっぱりClubにはホームページが必要と思い立ち、HTMLを駆使して作り出す。

しかし、難しかった。 レイアウトやら改行やらがどうもうまく行かない。

そして、結局 ¥1,980-のHp制作ソフトをとうとう購入。

で、適当に作ってしまいました。  

専門の方の様にはうまく作れませんでしたが、何とか形になった。

でも、H.Pって改変が結構大変なことに気付く。

そして、Blogに移行する。 みなさん 同じですよね。

今では、気楽にBlogでホイホイですが、その道のりは結構長かったように感じます。

秋の夜長に、ひと昔を振り返りこれからもっと頑張らねばと思いにふけっております。

2015年9月30日 (水)

大阪マラソン2015

毎年開催されるようになった大阪マラソン。

Img_main


 

Img_runner01

参加走者32,000人 

Osakainfo_engthumb960xauto19241

沿道応援100万人。

Mv_img

岸和田のだんじり祭りのような祭典になっているような。

ここ最近、休日になると多くのランナーが練習でコースを一日中走っているのを見受ける。

これを見ると、あ~、今年もやってきましたか!!

朝、8時ごろ第1走者、車いすのランナーを皮切りに、圧巻の走者の大群が道路いっぱいに押し寄せてくる。

見ごたえ十分で、芸能人も多く参加しているので応援もいいのですが、これがなかなか、32,000人ともなると延々と走者が続く。

エッ! 出場しないのかって?

小生は、42.195kmを走りきる前、7km地点ぐらいで息絶えてしまいます。

参加費用は、国内¥12,340-~  ペア¥33,080~  3人以上¥111,780-~

申し込みはもう終了しています。

しかし、毎回 思うのですが走るのに参加費¥12,340-以上かかってしまう。

それでも、抽選で走れない方が出る。

マラソン人口の多さを感じ取れますね。

この日、沿道近くに位置する我が家は、朝7:00~16:00までまったく身動きが取れなくなる。

Bb2f4b65798eb1a5fb1d9af9dcdbeda9e14

特に自動車では全く移動できなくなる非常に不便な一日となってしまう日なのです。

そんなことから、今年の10月25日(日)は、釣りに行く日に決定。

その前に、天気が良いことを期待しないと行けません。

秋の深まりを感じつつ、遊ぶのも、またいいものです。

2015年9月27日 (日)

PC乗り換えてデータ消してしまった!

長年使っていたPC OSはWinXPもう限界かと思い買い替えを決意。

そして、特売のPCを物色していいのが手に入りました。

4562447032779jpg


CPU Corei3  3.6GHz

HDD 1T

MEM 8G

OS Win10

Office 365

購入価格 ¥47,800-   新品だよ!

娘に、お店に並んでもらい購入できました。限定10台。 

話を聞くと9番目で購入できたことのこと。

早速、セッティングしてセットアップを始める。

お~!サクサクだ~。  でも、ちびちび初めて2週間、やっと基本的なソフトやらセットアップが終了しました。

そこで、壊れた時用にと復元ディスクの作成。

必要ディスク容量19GB、でかいな?  

記録用の外部ディスク、1台はデータ用、2台目は非常用にと準備しており、2台目をバックアップディスクにすることにいたしました。

そして、作成。  

何やらディスクのデータを消去されますのメッセージが出てきましたが、バックアップディスクドライブなのでいいや、と思ってOK!

な・な・なな・・・・・・・。

立ち上げてみると、データ保存用のハードディスクが復元ディスクに変わっている!!

??、なぜ?

20年間以上の写真やら記録データやら云々がすべて消去されてしまった。

お~~~~~~~~~い、と呼べども、データは帰ってこない。

あきらめるしかないのでしょうね。

復元ディスクが消去爆弾になってしまいました。

爆弾の起爆スイッチを自分で押してしまいました。

と・ほ・ほ・です。

原因を調べてみると、なんと非常用のディスクドライブのコ・コ・コンセントが抜けかかっている!

なんと非常用のハードディスクドライブの電源が入っておらず、死んでいました。

そなため、ディスクドライブの番号が移動しており間違ってOKしてしまったのが原因でした。

軽率なOKは行けません。よく見ないといけませんね。

現在、ほかの生き残っているPCから少しでも分散しているデータをせっせと集約中!

おバカな、PC音痴のおやじはダメですね。

釣りに行かない、休日がデーター救済の日々に変わってしまいました。

皆様お気を付けてください。

そんな奴、おらんで~!の世界をやらかしてしまいました。

過去のことは、きれいさっぱり忘れて明日に生きることにいたします。

2015年9月26日 (土)

気ままなお天気

おてんとうさまは、気ままです。

先週の、シルバーウィークも翻弄されました。

釣りをするまでは全くの無頓着だったのに、お天気には敏感になりました。

春に秋、天候が不安定になることもしばしば。

Dsc_0150

毎回、違う姿を見せてくれます。

釣り糸を垂れながら、何気にぼお~っとする、日ごろの喧騒を忘れてしまう時間が過ぎて行く中に身を置くのは必要なのかもしれません。

Cimg2140

何回、日の出を見てきたのだろうか?

釣り人にとっての、神聖な時間。

心躍らせて準備をする時間。

しかし毎回、違う表情を見せてくれる日の出は釣り人の特権です。

Cimg0935

海上では、時には虹がかかります。

通り雨の後、しばらくの間に海と空の架け橋が次第にできてくる光景が見れます。

Cimg0933

朝の日の出の表情をいくつかピックアップしてみました。

Cimg3189

Cimg1993_2

Dsc_0159

Cimg2228

Cimg2309

P1000008

Cimg2429

Cimg2348

P8130013

Cimg0298

Dscf0005

Pb100622

Cimg1379

Cimg1451

Cimg1559

Cimg2196

Cimg2467

Cimg3002

Cimg3029

Cimg3171

毎回、何気に撮影しておりましたが結構、違う表情がありますのでご紹介。

早起きして、日の出を時には眺めて一日の始まりを感じるのもいいものですよ。

こころ、洗われて一日を始めるリセットする時間は今の世の中必要なことかもしれません。

Dsc_0112

小さなことを、楽しむ余裕をいつも心のどこかで持ち続けたいものです

自由気ままな釣りクラブですが、皆さまが楽しんでいただく ご意見をお待ちします。

ご意見はO本メールまで。

S田さんと相談いたします。

2015年9月23日 (水)

釣ったら、自分で調理!

先日の魚を調理する。

泉南に住む、U根さんは魚を朝から捌いて昼まで150匹 腱鞘炎になりそうと

話をしておりましたが、小生も昨日釣ってきた魚さんと朝からバトルが始まりました。

釣った魚は、自分で捌いて調理する。

制限時間は、午後1時に清掃車が巡回してくるのでそれまでにごみ出しできる時間までの真剣勝負!

とは言いつつ、小1時間程度で捌けるのですが・・・。

調理した魚は、奥方や周囲の人たちに食べていただく。

これが、釣り師の鉄則ですよね。

なじみの小料理屋や居酒屋がある方は別ですが。

朝、氷が大量に入ったクーラーを覗く、これは少々手ごわい。

あまり釣果は振るわなかったのですが、クーラーを覗くとさすがに多い。

Dsc_0171_3

S田さんが、昨日は自分の食べる分だけなの、2匹だけ持ち帰った。

残るは、小生のクーラーの中 捌くのはいいのですが調理が大変。

出来上がっても食べきれない、早速 スーパーの袋に適当に見繕って数件のご近所さんに配って我が家で食べる分と差し上げる分を分けて作ることに。

先ずは、イサキ 夏の産卵が終わって 少しやせている上に少々小型なので

内臓を取り除いて、塩焼きにする。

Dsc_0174

これは、チョー簡単。

あとは、塩をしておきます。  今晩 焼くだけです。

おろしポン酢で食べるのが酒のつまみには非常にいいですよ。

そして、Y田さんが釣ったマダイ。

天然マダイの大型なので無駄にしてはなりません。

Dsc_0172_3
 

どうしたものか? 先ずはおろさないといけませんね。

うろこを取り除き、きれいに掃除する。

そして、あたまと内臓を取り、血合いを取り除きました。

Dsc_0176

頭は、あら炊きにいたします。  

そのま、鍋にポン! あとは煮るだけ。  簡単!簡単。

Dsc_0180

さて、次はカマですがこれは、間違いなく塩焼きでしょ!

タイカマの塩焼きは、おいしいですよ。

Dsc_0177


3枚おろしの完了です。

ここから、まな板を変えて 包丁も刺身包丁に変えての調理です。

丁寧に骨を取り除いて、身を引いてゆきます。

この前は、身を引かずに自分の親指を引いてしまい大変でしたが、今回は慎重に

自分の手を引かないようにいたしましたので大丈夫。

一枚は皮を剝いで、刺身と塩こぶ締め。

塩こぶ締めは、先に作って冷蔵庫へ、GO!

Dsc_0179

刺身ぼ短冊は、食べる直前まで短冊状にして冷蔵庫保管です。

一部はご近所さんへ差し上げました。

そして、中骨ですが きれいに掃除して素焼きをいたします。

Dsc_0181
 

そして、昆布を入れてだしを取ります。

あとは、ハマグリとマツタケを入れて塩加減を整えれば絶品の潮汁が出来上がります。

仕上げに、カボスを一握り。

あ~、作っていて食べたくなってきました。

あとは完成させるだけですが、結構作りながら写真を撮るのは邪魔臭いので

申し訳ございませんが完成写真はたぶんございません。

また機会があれば、感想をお知らせします。

夕飯の酒が楽しみです。

2015年9月13日 (日)

星空を求めて

晴天の朝、毎朝 早朝から家庭に仕事に頑張っている美女から、日の出前に大阪の天空に広がる星を眺めて乙女チックに観賞したと連絡をいただいた。

今日は、台風も過ぎ雲ひとつない晴天の日。

早速、夜空に広がる星空を見に行くことを画策。

しかし、湿度の高い時期は 見えることが少ないので難しいかもと思いながら天気予報を見る。

便利になったものです。 天気予報の中に星空予報(指数)なるものが存在するのですから。

指数は60% まずまず見えるでしょう!

家内を引っ張り出して見に行くことにいたしました。

場所?

場所は、奈良県 山辺郡山添村にある神野山、標高618.8m。

大阪から西名阪を通って、国道25号 神野口を出て15分 1時間30分ぐらいで行けるのが手ごろです。

山全体が県立自然公園に指定されていてアウトドアの宝庫のフォレストパーク神野山。

設備も整っていて、遊ぶにはいいところ。(少々道は狭いですが)

33817_3_xl

牧場も整備されて、のんびりした時間を過ごすにはいい。

途中、針TRSに立ち寄り、買い出し。

Dsc_0144

ブルーベリーとお菓子に、アイスクリームを購入。

アイスクリームの写真は、どなたかのBlogの専売特許なのでいたしません。

そして、走ること20分、駐車場では烏天狗様のお出迎え。

Dsc_0145

降り立つと、なんという川なのでしょうか?

山頂から巨岩がごろごろした川がございました。

Dsc_0149

後で調べてみたら、鍋倉渓(なべくらけい)というのですね。

この地は巨石信仰と七夕信仰が入り混じった地であることが駐車場の看板に記載説明されています。

しかし、なかなか見れない不思議な場所です。

整備されているので歩くのは、らくちん。

Dsc_0150

空の状態は?

・・・・・・・・・・・、微妙?

でっ!、 日が落ちると急に雲が出てきました。

Dsc_0151

結局、日が沈んで気温が下がるごとに雲に包まれて何も見えません。

やっぱり!

夏場の空を見に行くには、標高1500m以上の雲の上に行かないといけませんね。

Yoru

                                    イメージはfind-travel.jpより

やっぱり無理ですよね、湿度の高い時期は特に難しい。

考えたら、晴天の夜釣りで海ばかり見てますが、漆黒の海上で空見上げたら壮大な星空の空間が広がっているのを見過ごしていたかも?

海の上、照明消したら真っ暗!(少し危険ですけど!)

新月の、晴れた夜釣りで一度空を見上げてみます。

2015年9月12日 (土)

9月の連休を前にして

秋も少しづつ深まってきています。

朝の気温も20℃程度。

気持ちのいい朝を迎えます。  

つい、この前まで蝉が鳴き乱れ、暑さと蝉が乱舞する季節だったのですが、毎年のことですが地蔵盆を迎える8月24日以降は急に、秋の気配が強まりますね。(地蔵盆は毎月24日ですが、大阪では23・34日、関東の方は、道祖神信仰があまりないようで、聞きません。)

台風17号・18号が東日本に大きな被害を出して報道されている状況ですので

今週末はお休みにいたしました。

S田さんも、調子がイマイチのようでしたので。

しかし、次週は世間様は5連休、天候もよさそうなので早速、計画することにいたします。

深海では?

Ooo1_2

丸十丸さんHP釣果情報より

やっと、キンメダイが入ってきたようです。

入れ食いと記載されておりましたが、どこまでやら。

ポイントが分かりませんので、微妙?

大阪湾では、タチウオがぼちぼちシーズンイン!

20110924_003

繊細な、魚の反応を楽しむ釣りですが、はまれば非常に面白い釣りです。

秋の田辺湾のタチウオは、近年 小さくなっているそうですが当たり年とかがありそうです。

ここ2年、小型の群ればかりだったようですが、3年目の正直でいい群れに今年は当たるかも知れません。

秋の夜長を楽しむ釣りですが、皆さん もう歳ですから半夜で帰港いたしましょう。

そして、毎年この時期に沸くのは?

波浪ブイのキハダマグロにビンタ・戻りカツオ。

Cimg0955

Cimg0961

ここ最近、行っていませんがエビングや天秤フカセで釣る青物は非常に面白い。

ハリス14号は必要の、ごぼう抜き釣りです。

もたもたしていると、・・・・・皆さん お・ま・つ・り!

浅場でも、真鯛・イサキ・ヒメジ・コロダイ・サバなどの五目釣りが楽しめる。

多彩な、食べごろの魚たちが待っています。

Cimg3166

Dsc_0157

魚の活性が高いこの時期、何を狙っても面白い時期ですね。

年間を通して一番楽しめる時期ではないでしょうか?

楽しみですよね。

現在、調整中ですので、倶楽部メンバーの方は、O本・S田さんまでご連絡ください。

2015年9月 3日 (木)

皆様、ご心配をおかけ致しました。 まだ生きてます。

前回、釣行の帰りに高速走行中に車の前輪がバースト!

飛行機でいうと垂直尾翼が吹っ飛んだ! 大袈裟ですね?

インパネから警告音が、ピー!ピー!・・・。  鳴りません。

いきなり車が吹っ飛びました。

Dsc_0140

しかし、2本のうち、片方タイヤのグリップ力がなくなるだけで、結構 制御不能になるものです。

皆様ご注意を!

ミッションインポッシブルばりのスタントを一人で阪和道上でやらかしてしまいました。

世間様に大きなご迷惑をかけなくて、ホッ。

天から お前は、まだ 地上で苦しめということで難を逃れました。

Blogに書くと、皆様から、メールや電話で大丈夫?

ご心配をおかけいたしましたが、まだなんとか生かされております。

温かいお言葉、ありがとうございました。

しかし、最近の車はスペアタイヤを積んでいない。(小生の車のような安価な車だけかも知れませんが?)

Sim

瞬間パンク修理材しか装備していないので、バーストしたときは全くの無力でした。

そして大発見!

車に装備されている発煙筒、と思いきや最近の車は警告灯なのですね。

P1

一瞬、使い方が分からず困惑しましたが、使い捨てではないのでこれは、いい!

といいながら、これを頻繁に使用することは是が非でも避けたい。

しかし事故は、起こさないことが大前提ですね。

怖い思いもせず、出費もなくが一番です。

難を逃れましたので、次週にでもリベンジの釣行に向かいます。

 

2015年8月27日 (木)

沖釣りで大型の魚と言えば・・・

台風の影響で釣りの予定もままならず。

そんなことで、ちょこっとお魚の話。

丁度これからの時期、釣りもののターゲットが面白い。

大型魚たちと戯れる時期です。

先ずは、シイラ。

Cimg2006

釣るには非常に面白い魚です。 メーターオーバーになると引き味最高!

しかし船上に上げると、船上が戦場になります。

皆さん血まみれに・・・・・・。

この魚は、つがいで行動するので、高見山風に”2倍!2倍!”

お次は、タマミ、フエフキダイ科の魚です。和名 ハマフエフキ。

フエフキダイ科の魚は1メータ以上に大型になるものの、非常に美味。

Dscf0034

一度しか、お目にかかっておりませんが、うれしい魚です。

いきなりドッカーン、穂先が海中に入り込みぐいぐい締めこみます。

釣り上げている時の、思わず楽し~!と絶叫できる魚であります。

南方系の魚なのですが、昨今海水温が上昇しているので出会う機会も多くなると思います。

もうすぐシーズンが終わりますが、沖で跳ねたり泳いだり、時には大型のルアーをガブリ!

1

                                     写真はインターネットより

Y田さんが、ルアーにHIT !

ムリ!無理!アカンの連発で切られてしまう魚です。

相当なタックルでないと上がりません。

そして、廻ってくれば狙おう!のキハダマグロにクロマグロ。

たまに跳ねているのを見るのですが、これえがなかなか釣れません。

いつかは釣ってみたい魚ですね。

ヨコワ・ビンタなどの子供はかかるのですが、やっぱりメーターオーバーの25kgオーバーが掛かってほしいですね。

居てるのですが・・・・。

64002

カツオにマグロは、やっぱり沖のパヤオ。

和歌山沖では、波浪ブイまで行かねばなりませんが、操船者は釣りができないのでなかなかいけませんね。

そして、本命の魚たち。

マハタ・クエ・あら・イシナギ・タマカイ どれも大型になるハタ科の魚です。

そして、真鯛にベラ科の大型魚。

並べていけばきりがない。

南紀の海は、魚種が豊富ですね。

その時々で、狙う・掛かる魚の感触を楽しみ・食べて楽しむ。

楽しいひと時をお楽しみください。

2015年8月22日 (土)

秋近し、夏の終わりの釣り

朝夕、過ごしやすくなってまいりました。

昼間でも、木陰に入ると風が気持ちよく感じられます。

Cimg0758

秋雨前線が過ぎれば、一気に涼しくなります。

釣りをされる方は、これから12月までが面白い季節に突入ですね。

しかしながら、海の中はまだ夏真っ盛り。

先日の釣果連絡がござました。

椿沖の、赤イカ。  

今年はイカの活性が悪いようで、数が出ない状況が続いていますが、果敢にも挑まれた模様。

今回は、N村さん・N内さん・S田さんの釣行でした。

皆様、お久しぶり(1年ぶり)です。

N内さんは、日本海でイカ釣りが惨敗でリベンジとなりますがが返り討ちにあわなかったでしょうか?

夏の漆黒の海上で楽しまれた模様です。

しかし、イカ釣りのスッテ仕掛けは長くてもつれると大変と思いきや、N村さん きっちりお祭りで、The END。

残念・無念でした。  もつれると収拾がつかないのがこの仕掛け。

海上で、船はゆれるわ、針がたくさんあってからむわで収拾がつかなくなります。

仕掛けを船上で作ればいいのですが、なかなか邪魔くさい。 で! リタイヤされた模様。

N内さん・S田さんはそのまま、続行。

やっぱり、イカの活性が低かったようです。

釣果は?   草木も眠る丑三つ時まで粘って、15杯。

         厳しいながらもおいしいイカを釣られた模様です。

その朝、9時からそのまま出港。

元気ですね、タフですね。  白浜沖へ昼間の釣りにスイッチON。

P1000646

いい型の、ホウボウ。

P1000647

いつもの、アヤメカサゴ。

P1000648

刺身サイズの・・・・イズカサゴ。

レンコダイにヒメ。

P1000651

多数の魚が、上がったようです。

天候も良く、そのまま、夕方から白浜沖でイカ釣り再チャレンジ。

元気ですね~。

結果は、イカはボウズだったようです。

やっぱり、当倶楽部は軟体動物の釣りはどうも相性が悪いのではないのでしょうか。

ほとんど、24時間TVなみの、24時間釣り 好きでないと出来ません。

しかし皆さん、もうすぐ70・60歳 今時のシニア世代の方はお若い。

2015年8月16日 (日)

前回、フグが釣れたのでフグのお話

フグ釣りと言えば関東では、ショウサイフグですが、最近、瀬戸内海や淡路島でも専門に出る釣り船が出てきていますね。

Imgp9605

釣り方も関東ではカットウ仕掛け(仕掛けはNifty 釣りより)

I024_c_01

引っかけて釣る、釣りのようです。

関西は、専用針を使った釣り方が一般的。

Zufugu_sikake11

でどちらもサバの切り身や、アサリ・アオヤギを餌にして釣るのが一般的なようです。

 

そして、先日の釣行で久しぶりにフグが掛かりました。

フグ? どこでも釣れるやん!

いえいえ、フグにもいろいろありまして、これほど好き嫌いの出る魚も珍しいのではないでしょうか?

先日釣り上げたのは、

Cimg3148

写真では少々分かりづらいですが 嫌われ者のヨリトフグ。

比較的、深場に生息するのであまりなじみのないフグですが、当倶楽部ではおなじみの中深海釣りの外道です。

先日は魚の活性も悪く、上がってきたフグも中途半端におばあさんの・・・・・状態。

しかし、よく見ると愛嬌のある魚ですよ。

Cimg2340

これぞ、FUGU、まん丸のボール状になる水フグです。

針がかりすると、急激に水を吸い込みまん丸に膨らみ、釣り糸をよらせるのでヨリトフグ。

このフグ、肝臓以外は無毒らしいのですが、刺身は美味しくないそうです。

逆に、喜ばれるのが、P104

                                          写真は新明丸さんより

やっぱりフグと言えば、これトラフグ。 王道ですよ!

天然物の50cm 3kg以上が釣れるとうれしいですよね。 きっと。

しかし、残念なことに海には生息していてるのですが、当倶楽部では釣り上げたことがございません。

いつかはかかるとは思いますが、楽しい1尾になるでしょう。

で!

夏場に良く釣れるのがこれ!

船の周りでこぼれるオキアミに誘われて群れでやってくる。

船上からは、カラフルな黄色が目立つ。

Dsc02177

トラフグの代用品にもなる、シマフグ。

結構、見えていて 餌を捕食するのですが、なかなか釣れない魚、

毒を持つため、さばくのはプロの方にお願いするのがいい。

いつもS田さんが捌いてくれますが、以前、持ち帰り大変おいしく頂きました。

おいしい魚です。 トラフグといって調理したものを出してもよほど食べ慣れた方でない限りわからないのではないでしょうか?

そして、

Sirosabafugu

サバフグ、シロサバフグとクロサバフグがありますが、南紀ではどうもシロサバフグにお目にかかることが多い。

南方系の毒サバフグとよく似ているので処理には注意が必要です。

どちらにしても、内臓は絶対に食べてはなりません。 また処理には大量の水で流しながら処理するほうが無難。

このサバフグは、よくフグのから揚げ、みりん干しなどでスーパーに小型のものが出回っていますよね。

無毒と言われても、フグなのでなかなか手が出ない魚の一種です。

慣れた方に確認してもらい、捌いて食べるのがいいですね。

釣った魚を、食べて中毒になるのは、自己責任です。  しかし、フグは怖い。

全般的に、南方系の魚は肝臓などの内臓は食べないほうが無難なようです。

次回は、おいしい魚の話にいたします。

2015年8月15日 (土)

ラテン系の娘が帰った来ました。

 早速、関西空港に迎えに行くことにいたしました。

Photo

ロサンゼルスに、急に留学を決めて渡航してしまった娘が帰ってきました。

関空への格安直行便がないので、成田経由。

Piti

毎日、LINEで話をしていましたので、心配も少なかったように感じます。

便利になったものです。

全く時間の遅れもなく 繋ががってしまうのですから。

一昔前の親御さんは、連絡も取れず心配が大きかったと思いますが、今や

国内にいてるような感覚の近さです。(治安の問題はさておいて)

しかし、また しばらく日本に滞在してから海外へ行ってしまうような気配です。

エッ? どんな娘かというと、エバンゲリオンのマリみたいな娘です。

おっと、オタクしかわからない表現でした。

こんな感じです。

Dsc_0111_220131024153959f9b

無事帰ってきたのでそれでよし!

しかし、向こうでの暮らしを聞いてみると驚きました。

お金がないので、主食はCabbage Pnacake・・・・要するにキャベツパンケーキということは? キャベツと粉だけのお好み焼き・・いやいやキャベツ焼き それも ソースなし。

途中で、リトル東京で、ソースを購入しておいしくなったとか。

贅沢に肉料理は、ベーコンだったそうです。 送金していたのですが追いつかなかったようですね。

しかし、留学先のダンス講師は、何故かチャーリーズエンジェルに出ていたドリュー・バリモアさんだったそうです。

わかりませんよね。

で!

Img_0

左側の女優さんです。 真中は、キャメロン・ディアス・右側はルーシー・リューですよね。

まだわからない?

Photo

 ハリウッド女優さんです、もう41歳。 時間がたつのも早いものです。

そして、ダンスで自国の踊りを披露したそうですが、わが娘 何故か炭坑節で盆踊りをしたそうな??。 ある意味チャレンジャー!

皆様から、それ、ダンス? 

だったそうで、日本の伝統でもラテン系のせめて阿波踊りにすればよかったのにと父親ながら思ってしまいました。

あとは、お盆の墓参りをしてから、ゆっくり土産話を聞くことにたします。

ブラジル・韓国・台湾・シンガポール・カナダetc 世界中の志を持った方々と交流してきたようで、グローバルな交流関係ができているようです。

近々、台湾の方が大阪に遊びに来るようで再開するそうです。

いろいろな、国の方が我が家に来たらどうしよう?

家庭内で”地球が止まる日”ではなく"会話が止まる日”になるのでは?

翻訳ソフトの準備をしておくことにいたします。

2015年8月11日 (火)

神の国 紀州

先日、日頃の体に染みついた煩悩を取り払いに久しぶりに高野山へお参りに行きました。

その時に、お坊さんの説法をお聞きしたのですが、その中で、和歌山県についての話の中で(高野山がどんなところかから始まり)改めて、ほぉー。

和歌山は、世界中でも珍しい、宗教が隣接する神の地であることをお話しされた。

そういえば、何気に関西の地で、高野山・吉野山・熊野山、と深く考えないで観光地化された場所としか見ていなかったのですが、それぞれ違った宗教なんですよね。

考えてみれば、辺境の地の隣接する場所に開祖している、珍しい場所です。

その上、みんな世界遺産に登録。

そうそうないですよ、こんなところ。

 

弘法大師・空海(くうかい)によって開かれた真言宗、高野山。

唐からの帰りに持っていた三鈷(さんこ)を投げて落下していたのが高野山だったそうな。

Img56316614

吉野・大峯山岳霊場で役行者(えんのぎょうじゃ)が開祖した日本独自の仏、金剛蔵王権現を祭る、真言密教、修験道。

373pxzaou_gongen_circumstancial_app

そして、熊野古道につながる熊野本宮大社 熊野三山がある。

熊野権現を祀る神社ですよね。

明治元年の神仏分離令が出るまでは、神も仏も区別されずに人々から祀られていた

そうです。

神様・仏様がに最も近い場所なのかもしれません。

さあ、用意して和歌山へ釣りに行く準備しよっと。

明日は、久しぶりの釣りです。

 

2015年8月 9日 (日)

とっても痛い話

痛い話、と言えば、バイクで転んだ!

           車で事故を起こした!

           酒飲んで、酔っ払って階段から落ちた!・溝に落ちた!

日常身近な所に危険がいっぱい。

しかし、先日 小生に訪れた痛い話は、少々変わっていた。

釣りにも行かず、日曜日の朝 鮮魚が豊富なスーパーの売り場に 朝一番、新鮮な魚とともに、それは、陳列されていた。

時々、目に止まっていたことはあったのですが、新鮮なものに久々に遭遇。

パック詰されているにもかかわらずそれは、まだ、生きていた。

小生の家内が、フグとともに好物で、新鮮だったので早速購入。

何でしょう?  それは、タコ。

22_20121118150645_1

オクトパスです。

写真は、Japaneeseclaassより。

 

 

 

 

比較的大型になり、水温の低ところに生息する水タコ。

いいのが手に入った、吸盤のところが特に美味しく、刺身にしても柔らかい、

しゃぶしゃぶにしても格別。

早速、下ごしらえと思いつき、滑りをとり除き、皮を剥ぐ。

皮は、塩ゆでするととってもおいしいので、捨ててはなりません。

そして、格闘しながら足を切る! 細かなところは刺身包丁で切る!

そして足を切る!  あれ! この足 少し違うぞ!と思いきやもう包丁がぐさりと

入り込んでいる、赤い血が吹き出る!

次に、小生の手に激痛が・・・・・・・・・・。

これタコの足とちゃう! 小生の親指や!  痛ったー!

あわてて、傷口を押えて消毒し、傷口が新しいうちにくっつけないと・・押さえて、固定して、止血して。

痛みを我慢して出血が止まるまで数時間。

止まったので、傷口を消毒して傷薬を塗る。  消毒に切り傷と言えばやっぱ、ヨウチンでしょ。

ヨウチンを探すと、20年ぐらい前のものが出てきた。 腐るものでもないし もともと、殺菌剤なので大丈夫。

塗ってみる、しみない? まっ!いいか?

日に数回塗ってみると、見る見る傷口がふさがってくる、しみないヨウチン、これ、いいかも?

Cimg3143

名前は、複方ヨードグリセリン 連栄製薬株式会社 となっていた。

すぐに、傷口がふさがり と言いつつも10日ほどかかりました。

そして、家内にこのヨウチン よく効いたけど、変わった名前やなー? ヨードグリセリンて書いてある。

といい、家内に手渡すと家内がこれ、うがい薬やで!

大笑いされてしまった、効能がのどのうがい・消毒になっていたので主成分は同じだと想定する。

ビンに書いてある、点みたいな文字は裸眼では見えません。

しかし、20年以上前の熟成ものなので、よく効いたのでしょうかね。

結果的には、全くしみることなく 消毒もできて、傷口が治ったので結果、オーライ。

皆様も、タコをさばくときには、タコの足と自分の指の区別を確認してお裁きあれ。

老眼になってから、特にどんくさくなってきてしまいました。

お恥ずかしながら、傷口は完治いたしましたのでちょこっと、痛いお話でした。

2015年8月 3日 (月)

続、夏のひと時

今回は、急に宿を予約したのですが、どうせなら広い部屋をと予約する。

以前、スウィートルームに宿泊したのですが(宿の手違いでなぜかスウィートルームに案内されて)、夫婦で宿泊するには広すぎて、バーカウンター、??何に使うの?

ソファーセット? 二人には大きすぎ、セカンドバスに寝室???・??。

家族旅行には広すぎで、なんの意味も持たなかった空間であった。

そのため、今回は手ごろな広さの部屋を予約。

Dsc_0051

40m2程度がちょうどいいサイズではないでしょうか。

結局は、疲れと酒の酔いで部屋で遊ぶでもなくバタンキュー!

どこでもいいのです、寝れれば。

Dsc_0053

早朝、温泉に浸かり恒例の一人散歩。

早朝の空気のいい時間帯に、必ず周辺を散歩するのが旅の楽しみ。

張り詰めた朝の空気感と、このすがすがしさがいい。

静けさの中、山の谷間から日が昇る。

海の上とは また、違った趣のある光景です。 気持ち、いいっ!

またまた、温泉に浸かり朝食を済ませて、投げ入れ堂へ。

日本で最初の重要文化財?。

現地に到着すると、皆さん登山の準備、あれ?  そんなに険しいの?

案内を見てみると、普通には行けないことが判明。

結局、遠くから望遠鏡で見ることになりました。

Dsc_0054

軽装で、登山に挑み観光客が亡くなっているそうな。

やっぱり、危ない! それよりか暑いのであそこまで上る気がしないので、

Dsc_0055

望遠鏡で、遠目に観光。

なんか値打ちがないなー。

登山を諦めて、海に向かいますが、あまりの暑さに 一層のこと泳ごうかということになり海水浴場へGo!

Dsc_0059

日本海の海水浴場、お客がいません。

今の時代、海水浴客が減っているらしい。 紫外線を嫌う傾向が強くなり結果、海水浴客の減少になっているそうな。

50を超えたおじさんと、おばさんが海水浴。 なかなかチャレンジャーでしょ!

しかし、水の中は快適、快適。

夏の涼をとるには、これが一番ですね。  釣りでこれをするとサメのえさになるかもね。

Dsc_0061

お昼は、海鮮丼。 期待せずに入ったお店が大当たり。

うまかった。 こんなもんですよね、食べログや口コミを信じてがっくりするよりも

いきなり入って、大当たり!

感動もひとしおです。

そして、最後は花火。

ちょうど、島根県 松江で水郷祭 行ってみることに。

盛大な祭りにびっくり!

Dsc_0062

島根県にこんなに人、いたっけ?

盛大な祭りであった、聞くところによると年内で一番の行事だとのこと。

そんな中、花火を楽しむ。 久しぶりに近くで見る花火は迫力満点。

日本人でよかった。

Dsc_0063

Dsc_0066

 た~まや~!

しばしの、空の祭典を堪能して本日は終了。

あとは、大阪に向かって300kmのドライブ。

久しぶりに、ゆっくりした いい旅でありました。

 

さて次は、釣り三昧。

2015年8月 2日 (日)

夏のひと時

11か月を要した仕事もようやく終わり、心身ともにリフレッシュが必要となった。

家内に休日 休めるで! と報告するとすぐさま、旅行に行来ましょうという命令がでた。

早速、宿を予約して癒し旅に出かけることに。

ゆっくりしたスケジュールなので、佐用町で一服。

太陽の花が私たちを出迎えてくれました。

Dsc_0012Dsc_0011

町を上げて、毎年 開かれているようで、時期ごとに花の開花に合わせて会場が移動し、今回は東徳久に会場が開かれておりました。

今年は天候も悪く、生育が悪いと案内の方がお話をされ、案内もしてありましたが

なんとか見れる程度にはなっているようです。

8月上旬まで開催中。

Dsc_0016

昼間は、暑さのあまりひまわりが全部下向いてますので朝の気温の低い時間帯が

見頃、その上 涼しい+受付の方がいないので無料。 小生は時間が遅かったので

 ¥200/人支払いましたが ひまわりの種と苗を頂けるのでこれは、これでいいのかもしれません。

佐用を後にして、スタバはなくても、スナバ(砂場)はあるのキャッチフレーズだった鳥取県へGo!(現在はスタバがあります)

Dsc_0018

1024pxjinpukaku00s5s4500

先ずは、城跡にたたずむ重要文化財 風閣(じんぷうかく)。

大正天皇が、2泊3日の山陰行啓時の宿泊施設でこの建物が出来るなんて、

一昔前の天皇陛下は・・・・・・・・。

しかしとってもいい建物でした。 自宅にすれば申し分なしの間取りと広さ。

アンティークな電球も雰囲気を醸し出しています。

Dsc_0024

もう、このタイプの電球は日本では生産しているところも、設備もないのではないでしょうか?

贅沢なひと時を過ごした後、砂場に向かいます。

砂場(砂丘)に着くのは、ちょうどPM2時ごろ、暑さのピークになりそうで不安がよぎる。

Dsc_0040

やっぱり、砂漠のような灼熱でした。

放送では熱中症に注意!を喚起しておりましたがほとんどの観光客は中国・台湾・韓国の方々ばかり、日本人はポツリ・ポツリなので言葉が通じていない。

なんか、いよな雰囲気。

ここでめげてはなりません。 灼熱の中、砂漠を歩くこと20分、到着だあ~!

砂と海しかありません。 しかし、海風が妙に涼しく感じられて気分爽快。

Dsc_0043

結論を申しますと、夏場はここに来るのはサンセットかサンライズ(朝日・夕陽)を見る時間帯に来るのが一番いいのではないかと反省。

たんぱく質が凝固する温度ぎりぎりの中、歩きましたが とってもおいしそうな煮豚状態になりかけました。  とにかく暑い! 当たり前!

クールダウンンに、砂の美術館に入る。

現在のテーマは、砂で世界旅行・ドイツ編 

Dsc_0025

Dsc_0034Dsc_0031

 

 

砂だけで、こんなもの作れるのですね。

専門のアーティストが、世界中におられるようです。

Dsc_0035

小生が尊敬する、アインシュタイン先生もいらっしゃいました。

クールダウンもできましたので、旅館で温泉においしい山海の料理を堪能することに。

 

                                       続きは次回。

2015年7月30日 (木)

通院すると病人になる?

中年を過ぎると、世の皆様を始め小生も立派なメタボな体になった。

20代のころは、中年のおじさんを見ていて、小生はならないぞ!と、

思っておりましたが、普通にメタボなおじさんになってしまった。

歳を重ねるごとに、周囲でも同僚が、急にメールでメインポンプが止まったので緊急入院。

いまや、ニトロの加速燃料を携帯している。

横を見れば、重度の痛風の同僚が、目の前にはインスリンの注射にはまった同僚が・・・・。

やっぱり、歳をとると体が壊れてきますね。 50年以上動きつずける物ってメーカーにとっては、ハードルが高い。

人間ってすごい!

小生も10年ほど前から、毎月 かかりつけの病院に検診に行かねばならない状況に。

Cimg3135

徐々に薬の種類が増えてきた。

これはやばい!

メタボに、高血圧・肝臓障害・糖尿・・・・・。  ん~これはフルコースになりそうな気配。

日頃の不摂生がまともに反映されていますね。

夏場の釣りは、結構ハードでカロリー消費も高いので頑張ってゆくことにします。

日頃から、運動すればいいことなのですが。

ライザップにでも入るかな?

と言いつつ、先ずは散歩とカロリー制限から始めることにいたします。

2015年7月26日 (日)

気温37度、暑い夏がやってきた。

夏に入った途端、酷暑日。

先週 釣り上げた魚たちは1日で大変身。

疲れた体を鞭打って、さばいた甲斐がございました。

20枚程度、魚をおろして塩水に漬けてあとは干すだけ。

おいしい魚の干物が出来上がりました。

レンコダイ:さっぱりして味わいが深い。

       大きくならないので無理に刺身にせず最近は干物ばかり。

Cimg3124

アヤメカサゴにウッカリカサゴ:これは脂がのってうまし!

Cimg3126

イズカサゴ:この魚は、何をしてもおいしいのですが、干物はウッカリカサゴのほうが

個人的にはおいしく感じる。

Aji_0102

七輪で、ビール片手に屋上で夜風に当たりながら食べるとまた格別ですよ。

干物はやっぱり、炭火でないといけません。

魚の味わいと風味が違います。

しかし、雑に何気に食べてますが この魚たち、買うとなると高級な干物なのね。

きんきの干物と値段が変わらない。

これは、居酒屋では頼めませんね。

我ながら、干物のを作る腕が上がりました。

魚をおいしく食すのも、釣り人の特権ですね。